『一流の頭脳』/アンダース・ハンセン

『一流の頭脳』/アンダース・ハンセン

一流の頭脳を手に入れるためにはどうすればいいか…それには運動だ!ということを、じつにさまざまなバリエーションでもって説いている一冊。ストレス、集中力、記憶力、創造性、学力、健康etc.と章立てこそ分かれているけれど、それらすべてにプラスの影響があることとして、とにかく運動を継続的に行うことが大事です!というのが本書の超シンプルな結論だ。ランニングやスイミングなど、心拍数が大幅に上がる有酸素運動を最低20分(できれば45分以上)、週3回以上、半年くらい続けることができれば、それはもう目覚ましい効果があるだろう、とのこと。

ハンセンは、さまざまな実験の結果をもとに上記の結論を導いている訳だけれど、運動というやつがそれほどまでに人間の脳に有用である理由としてはこんなことが挙げられるだろう、と述べている。

人類の歴史において、ほんの短期間に生活様式がことごとく変わり、それによって身体を動かす必要性は半分に減った。人類の進化が何万年もの年月をかけて緩やかに進むことを考えると、私たちの生活様式は、脳の進化の速度をはるかにしのぐ速さで変わったことがわかる。生活様式の変化に、肉体が追いついていない状態だ。
生物学的には、私たちの脳と身体は今もサバンナにいる。私たちは本来、狩猟採集民なのである。(p.294)

現代人の生活環境と肉体とがコンフリクトを起こしており、その解消のためには運動が必要だ、ということらしい。

もともと、脳のいちばん大事な仕事というのは、その生物の動きを制御し、移動させることにあったという(植物は脳を持たない)。であれば、身体を動かさないでいることが脳に悪影響を与えないはずはないだろう、とハンセンは続けている。

現代人を悩ませている「あらゆる心身の不調」は、身体を動かさなくなったことが原因だと考えていい。人類は、「生物としての歩き方」が間違っているのだ。(p.294)

わたしたちが「祖先の生存の可能性を増やした行為と同じこと」をすると、脳はそれを繰り返させようと快感を与えてくれる。だから、運動をすることでドーパミンやセロトニン、エンドルフィンといった脳内物質が放出されるし、それらの効果によって不安が抑制され、幸福感がもたらされることになる。記憶力や集中力と行った能力に関しても、運動によって強化していくことができる、というわけだ。


『闘争領域の拡大』/ミシェル・ウエルベック

『闘争領域の拡大』/ミシェル・ウエルベック

ウエルベックの小説第一作。この自由資本主義社会において、人間の闘争の領域は、経済領域のみにとどまらず、性的領域においてまで拡大している。経済の自由化を止めることができないのと同様、セックスの自由化もやはり止めることはできず、そこには必然的に格差が生じてくる。すべての男と女は、勝者と敗者、持てる者と持たざる者とに分けられるのだ。だから我々は、モテる人を羨んだり、モテない人を蔑んだりし、その上下関係のなかで、階級闘争を行っていくことになる。いまや誰もが皆その価値観を内面化しているために、性的領域における闘争の外部に自分を置くなどということはまず不可能で、我々はただただ孤独なレースを続けていく他ない…というのが、本作の主人公の考えであり、おそらくはウエルベックの主張だと言えるだろう。

以下は簡潔ながら語るべきことを十分に語っていると思うが、いかがだろうか。
『性的行動はひとつの社会階級システムである』(p.116)

やはり僕らの社会においてセックスは、金銭とはまったく別の、もうひとつの差異化システムなのだ。そして金銭に劣らず、冷酷な差異化システムとして機能する。そもそも金銭のシステムとセックスのシステム、それぞれの効果はきわめて厳密に相対応する。経済自由主義にブレーキがかからないのと同様に、そしていくつかの類似した原因により、セックスの自由化は「絶対的貧困化」という現象を生む。何割かの人間は毎日セックスする。何割かの人間は人生で五、六度セックスする。そして一度もセックスしない人間がいる。(p.126)

いまの世の中では、経済的格差とは「良くないこと」「是正すべきもの」であるということで一定の合意を得られているといっていいだろう。しかし性的領域における格差についてはどうだろうか。恋愛弱者、セックス市場における敗者には、何らの救済措置も用意されていないのではないか?恋愛やセックスができない男女は、己を認め受け入れてもらい、愛情を交換する、といった関係性から阻害されており、それはある意味「ひとりの人間としてきちんと処遇」されていなことに、つまり、その実存を否定されていることになるのではないか?これこそがまさに市場原理主義の本性、あまりに残酷であるがゆえに皆が口にしない本当の姿なのではないか??…そんな風にウエルベックは述べているわけだ。

上記のような性的領域における闘争に完全に巻き込まれている主人公(30歳♂)は、この闘争こそが、一般に「愛」を不可能にしているのだと語る。彼は人間嫌いのニヒリスティックな男で、とくに美しくもなく、人格的魅力にも欠けるという、闘争における相対的な弱者であるわけだけれど、そんな自分のもとにごく稀に現れる女性のことを愛することもできないでいる。彼に言わせれば、彼を選ぶような女性は、彼のことを「一時の代用品」とかんがえていたり、あるいは、彼よりもさらに性的領域における魅力が低く、彼にとっては妥協の対象であるケースがもっぱらなのだ(というのも、自由な性的市場においては、いくらでもより魅力的な性的対象を見つけることができてしまうわけで、我々の理想は高まるばかりだからだ)。

彼曰く、「愛」というのは、老年に至るまで長く連れ添った夫婦の間に結果的に生じているような感覚のことを指すものらしい。この定義に従う場合、「愛」を手に入れるためには、一人の相手と長い時間をかけて関係を構築する必要があるわけだけれど、性的市場の自由さと、性的市場のヒエラルキー化が、そのような長期的なコミットメントを妨げているのだ。彼は、愛は「人間の本質を成すなんらかの欲求と奇しくも一致している」もので、愛されたいという欲望は、人間の内奥の「とんでもない深部にまで根を下ろしている」ものだと言うが、そんな人間存在にとってきわめて重要な要素であるところの愛が、闘争領域の拡大によって不可能なものになってしまっている、というわけだ。

彼のような持たざる者にとって、この世界は強い向かい風の吹きつける、困難な場所であり続けることになる。求める「愛」は決して手に入らず、かと言って闘争の外部に逃げ出すこともできはしない。本作の主人公は、そんな世界と自分自身とを冷笑し、俯瞰した視線で眺めようとはしているけれど、自身が闘争の当事者であることから逃れることはできないわけで(つまり、「愛」を望み、期待することを止めることはできないわけで)、徐々に精神を病んでいくことになる。


『怒りの葡萄』/ジョン・スタインベック

『怒りの葡萄(上)』/ジョン・スタインベック 『怒りの葡萄(下)』/ジョン・スタインベック

1930年代、折からの大恐慌に加え、厳しい日照りと大砂嵐が続いたことで、アメリカ中西部の小作農たちの多くは土地を失った。銀行と大地主たちは彼らの土地をトラクターで耕し、資本主義の名の下、合理化を進めていく。土地を追い出され、流浪の民となった彼らは、果物の収穫に大量の人手を募集しているという宣伝ビラを頼りに、トラックに家財道具一式を積み、ルート66をひたすら西へ、カリフォルニアを目指して進んでいくのだが…!

物語の主人公は、オクラホマの小作農ジョード一家。土地を失い、一縷の望みを頼りにカリフォルニアへと向かっていく彼らの苦難の道程を中心にストーリーが進行していくのだが、これがまあ何とも読んでいて辛い。持てる者が持たざる者から搾取する、どこまでも合理的で無慈悲な構造に彼らは完全に取り込まれており、その状況を変える術をまったく持っていないのだ。

土地を奪われた彼らは、西へと向かうために家財道具を売り払ってトラックを買おうとする。中古車販売業者は彼らの足元を見て、ことさらボロいトラックを高い値段で売りつける。必死の思いでカリフォルニアに辿り着いても、そこでは自分たちと同じような境遇の労働者たちが既に大量に集められており、供給過多となった労働力は法外な値段で買い叩かれる。仕事場の近くの店では食料品に異様に高い値段がつけられている。安く買うためにはガソリンを使って町まで行かなければならない。コミュニティを作ろうとすれば、すぐに扇動が入る。ストを画策すれば、アカとしてしょっぴかれる。そうこうしているうちに、手持ちの金はなくなり、子供や老人は飢えて死んでいく。もはやどんなに安い賃金であろうと働かないわけにはいかなくなる…。

あんまりにもあんまりな状況だが、ジョード一家の運命に希望の光が差すことは最後までない。彼らの生はまさに不屈の民衆代表とでもいうべきものだけれど、だからといってスタインベックは彼らに対して何の優遇措置も取らないのだ。まさにどん詰まり、八方塞がり、彼らの苦難の道程はどこまでも果てしない。読んでいて胸が苦しくなってしまう。

そういうわけで、全編を通して感じられるのは、富の極端な集中とそこから生み出される貧困に対する、強い哀しみと怒りの感情だといえるだろう。それは、こんなことが許されるのか?という叫びであり告発であり、と同時に、こんなことがいつまでも許されるはずがない、やがて暴動が起こり、反乱が組織され、革命が成し遂げられるだろう、その時はもうすぐそこまで迫ってきている、という警告でもある。

本作のプロットが出エジプト記をモチーフとしていることもあってか、物語の肝となるようなシーンは、いずれも神話的で聖性を感じさせる荘厳なものになっている。(トムと母ちゃんの別れのシーンや、エンディングの不思議な静謐さは忘れがたい。)スタインベックは、何も持たない者がそれでも生きていくこと、ただ力尽きるまでその生命を全うし、また次の世代に生命を繋げていくこと、そうして少しずつでも前へと進んでいこうと試みること、そんな人間の営みそのものに、聖なるもの、美しいものを見出そうとしているようだ。

誰も一歩踏みだそうとせず、前に進もうという欲求を持たないなら、爆弾が落とされることも、喉を切られることもないだろう。爆撃手が生きているのに爆弾が落ちなくなるときを怖れるがいい――爆弾のひとつひとつは精神が死んでいないことの証だからだ。大金持ちたちがまだ生きているのにストライキが起きなくなるときを怖れるがいい――弾圧される小さなストライキのひとつひとつは前に進もうとしていることの証だからだ。これだけははっきり言える――人間がある構想のために苦しんだり死んだりするのをやめるときを怖れるがいい。なぜならこの性質こそが人間自身の土台であり、この性質こそが宇宙の中で特別の存在である人間そのものだからだ。(上巻 p.277,278)


『ホームシック 生活(2~3人分)』/ECD、植本一子

『ホームシック 生活(2~3人分)』/ECD、植本一子

レーベルとの契約打ち切り、アル中、閉鎖病棟入院、鬱、家は猫のマーキングで荒れ放題、ってまさしく無頼の日々を送っていた40代後半のECDが、24歳年下のカメラマン、植本一子と出会い、付き合うようになって、同棲、妊娠、結婚、出産といったイベントを迎えていく…という、家族のはじまりとその生活の記録が収められた一冊。ECDによる文章が大半だが、植本による文章も一編、収められている。

新しい家族との生活というやつの、その美しさ、壊れやすさに、読んでいて胸がきゅーんとなってしまう。そうかこういうのが「生活」するってことなのか、なんておもわず得心してしまいそうになるくらい、素朴で剥き出しになった生の輝きが感じられるのだ。それはもう、自分の薄っぺらさにうんざりしてしまうくらいに。俺もいつかこんな喜びや悲しみを味わうことがあるんだろうか…?などとうっかりかんがえたりしてしまいそうになる。

いちこが作ったそうめん、おからの煮物、きゅうりとわかめの酢の物、ゴーヤの炒め物が並んだテーブルを父と僕といちこの三人で囲み、ちょっと遅い昼食をとった。
「おいしいよ。今じゃそうめんとか食べることないからな。おつゆもおいしいよ」
父はもう十年近く、僕と十七歳離れた一番下の弟、育との男二人だけの暮らしが続いている。先日、引越し費用の一部を借りに久しぶりに訪れた実家で、僕はそんな父の暮らしぶりを垣間見た。ご飯は炊飯器で自分で炊いていたけれど、おかずは近所のスーパーで買ってきた出来合いの惣菜だった。
「おからもいしいよ」
橋をつけるものひとつひとつに父は、「おいしい、おいしい」と言いながら食べた。(p.49−50)

くらしが生まれて、生後一ヶ月までの夜も眠れない目が回るような日々は去り、今は家に帰ってくらしの顔を見ると心の底からホッとする、この、ホッとするというのが僕の今までの人生にあまりなかったことで、これを人は日常と呼ぶのかもしれないと、今になって思う。そして、これが本当の日常だとするならば、ひとり暮らし時代の僕の生活はどちらかといえば二十四時間が非日常に近く、完全に非日常であるライブの時間と地続きで、だから、ライブに際して今ほど自分をかりたてる必要もなかったのだと思う。今は日常があまりにもドッシリとしているから、そこから自分を引きはがすために大きなエネルギーが要る。(p.176)

「ホッとする」ということこそを「人は日常と呼ぶのかもしれない」というところがなんとも染みる。俺が「心の底からホッと」したのなんて、いつのことだっただろう?とかかんがえないではいられなくなるのだ。

 *

ECDの文章は、シンプルで淡々としていて、しかしごくまれにその内奥のところにある哀感が顔を覗かせる、といったスタイルだ。安定していて、はっきりと自分を突き放して見るような、冷めた部分もある。対して、植本一子の筆致はもうひたすらに子供っぽいというか女性らしくわがままというか、とにかくどストレートに感情をぶつけてくるタイプのもの。彼女の文章が本作のちょうど真ん中あたりに収められていることで、ふたりが相当に異なる感性・視点を持ち合わせていることがよくわかるような作りになっている。

彼らが自分たちの生活を見つめるその視線には大きな違いがあるけれど、ふたりがその違いのままに、ひとつの家族を作っていこうとしていくところにこそ、生活というやつの難しさと美しさがあるのかも…なんておもわされてしまう素敵な一冊だった。

あと、ところどころに収められている植本の写真がとても良い。彼らの日常を切り取ったようなスナップで、柔らかな光のなかに自然体の表情が写し出されている。


『資本主義の終焉と歴史の危機』/水野和夫

『資本主義の終焉と歴史の危機』/水野和夫

まず水野は、タイトルの通り、資本主義システムの行き詰まりはもう目前にまで迫ってきている、と述べる。その理由として上げられるのが、先進各国で続いている超低金利状態だ。たとえば日本では、2.0%以下の超低金利がもう20年近く続いているわけだけれど、利子率(金利)=資本利潤率とかんがえれば、利子率が極端に低い=資本を投下することで得られる利潤が極端に少ない→資本主義は機能不全になっている、という風に理解するべきだろう、ということだ。

続いて水野は、現代と同じように超低金利状態が続いていた16世紀末〜17世紀初頭のイタリアを例に挙げ、このときに起こった「利子率革命」と同じような大きな変化、社会制度の大変動がこれから訪れるだろう…と予想してみせる。16世紀末に起こったのは、「海洋」、「新大陸」という、既存の秩序の「外部」空間の発見と、それにともなう世界の覇権の移行(スペイン→イギリス)である。この際、政治経済システムや思想など、それまで所与のものとされていたルールの多くに革命的な変更が加えられたわけだ。

ただ、21世紀に生きる私たちの世界には、「利子率革命」のころのような物理的、地理的な「外部」は残されていない。現時点で、物理的な「外部」の代わりに利用されているのは、グローバリゼーションという「中心」と「周辺」とを結びつけ、組み替えていくイデオロギーだ。BRICSが「周辺」ではなく「中心」として機能し始めている今、旧来の「南側諸国」の代わりに新たな「周辺」として扱われ始めているのは、たとえば、アメリカのサブプライム層や、EUのギリシャやキプロス、日本の非正規労働者といった面々である。

また、70年代以降、非物理的な「電子・金融空間」の創出によって、大きな利潤獲得のチャンスが目論まれてきたわけだけれど、ITバブル→住宅バブル→リーマンショックという一連の流れからも明らかなように、これも結局はバブルの生成と崩壊とを繰り返すだけのものだと言えるだろう…と水野は述べている。バブルというのは、その過程において上位1%に富が集中し、崩壊時の賃下げやリストラによって貧困層が増大する(その際、巨大金融機関は公的資金によって救済される)ものなわけで、このように足掻くことしかできなくなった資本主義というシステムは、いまや死に体であるとかんがえるべきだろう、ということだ。端的には、「外部」が存在しなくなった世界において、永続的な資本主義は不可能である、というのが水野の主張である。

バブル崩壊は結局、バブル期に伸びた成長分を打ち消す信用収縮をもたらします。その信用収縮を回復させるために、再び「成長」を目指して金融緩和や財政出動といった政策を総動員する。つまり、過剰な金融緩和と財政出動をおこない、そのマネーがまた投機マネーとなってバブルを引き起こす。先進国の国内市場や海外市場はもはや飽和状態に達しているため、資産や金融でバブルを起こすことでしか成長できなくなったということです。(p.52)

二〇〇一年の九・一一(アメリカ同時多発テロ)、二〇〇八年の九・一五(リーマン・ショック)、そして二〇一一年の三・一一(東京電力福島第一原発事故)はまさに近代を強化しようとして、反近代、すなわちデフレ、経済の収縮を引き起こした象徴だと言えます。(p.53)

資本主義が地球を覆い尽くすということは、地球上のどの場所においても、もはや投資に対してリターンが見込めなくなることを意味します。すなわち地球上が現在の日本のように、ゼロ金利、ゼロ成長、ゼロインフレになるということです。(p.173)

もはや地球上に「周辺」はなく、無理やり「周辺」を求めれば、中産階級を没落させ、民主主義の土壌を腐敗させることにしかならない資本主義は、静かに終末期に入ってもらうべきでしょう。(p.208)

ただ、水野の発想のおもしろいところはここからだ。この機能不全、行き詰まりを単なる悪として、受け入れがたいものとして捉えるのではなく、新システム発生のための与件として捉えてみよう、というのだ。デフレや超低金利というのは資本主義が成熟しきったことの証拠なのだから、それをどうにか解消して引き続き成長を目指しましょうというのではなく、現状を受け入れて、成長神話とはまた別の方向へと進んでいくことができるだろうし、またそうする必要があるだろう、というわけだ。

もちろん、新たなシステムが生み出されるまでにはまだまだ長い時間が必要だろう。だからこそ、その間は、「社会保障も含めてゼロ成長でも維持可能な財政制度」を設計し、資本主義をソフトランディングさせるための準備をしていかなくてはならない、と水野は述べている。

資本主義を乗り越えるために日本がすべきことは、景気優先の成長主義から出して、新しいシステムを構築することです。新しいシステムの具体像がみえないとき、財政でなすべきことは均衡させておくことです。実際に新しいシステムの方向性がみえてきたときに、巨額の赤字を抱えていたのでは、次の一歩が踏み出せないからです。それは単に増税・歳出カットで財政均衡を図ればいいということではなく、社会保障も含めてゼロ成長でも持続可能な財政制度を設計しなければいけない、ということです。(p.134)

利子率、利潤率がゼロ、すなわち経済成長があらゆる点でゼロという状態で社会を回していくなどということがはたして可能なのか。というか、そのような社会的合意の形成はどのようにして可能なのか、という問題は残る。水野の主張としては、そもそも16世紀以前はゼロ成長の社会だったのだし、経済成長がなければ社会は回っていかない、という思考自体を変更し、新たなパラダイムを構築していなくてはならない、ということなのだが…。


Calendar

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Archive