タグ ‘ Rock

FUJI ROCK FESTIVAL ’10

f:id:hayamonogurai:20100731212816j:image:h170

7月30日、金曜日。会社から帰って、大急ぎでシャワーを浴びて、かばんに荷物を詰めて――ウィンドブレーカ、ジップロック、タオル、ケータイの予備バッテリ、Tシャツ、バファリン――家を出る。新宿で友人と合流して、ツアーバスに乗り込んだのは23時頃。夜行バスで苗場に行けるなんていままでしらなかったけど、これって最高に便利だ。満員のバスの座席におさまって、浮かれた気分でタイムテーブルについて話し合ったり、バンドしりとり、なんてやってみたり。「ストーンローゼズ」「ズボンズ」「ズ…ズートンズ」「……ズワン!」「ンじゃん」…なんてぐだぐだやっているうちに、気がつけばもう消灯時間。

 *

土曜日。朝6時前くらいには苗場に到着した。このところずいぶん不穏な天気が続いていたから心配していたけれど、まずはそこそこいい感じの空模様だ。山の空気は澄んでいて、そこにいるだけで気持ちいい。早速、入口ゲート前の駐車場にて、一服しながらビールをいただく。あーまったく、この幸福感ったらないね…!などとのたまいつつ、タイムテーブルを再度検討。今年は2日目のみの参加なので、この一日を全力でたのしまなければならない。

9時にゲートが開いて、まずはグリーンへ。ステージからあまり遠過ぎない辺りの丘にシートを敷いて、とりあえずベースを確保した。おもしになるようなものをほとんど何も持っていないことに気づいて、ちっちゃい折りたたみ椅子とか、持ってくればよかったなーとおもう。まずはレッドマーキーで日本のバンドをちらり眺めて、オアシスで鮎の塩焼きとかカレーとか食べたりする。いい感じに暑い。

 **

そうして昼過ぎ。Dirty Projectersを見る、って友人と別れて、ひとりグリーンの最前線へ。今回のお目当のひとつ、John Butler Trioだ。ジョン・バトラーはとにかくめちゃめちゃギターがうまくて、ひとりでもじゅうぶん過ぎるくらいのグル―ヴを作り出してしまうのが凄い。もちろんドラムとベースも抜群だけど、でも、ジョンを的確にサポートすることに徹していて、あんまり前には出過ぎない。そんなところがよかった。まあなにしろ、野外フェスで聴くにはぴったりの味わい深いサウンドだ。新譜からの曲が多めのセットリストだったけど、全体的に素晴らしかった。ラストはやっぱり、”Funky Tonight”。3人でドラムを叩きまくって終演。

あらかじめ確保しておいたシートに戻って、友人と合流。うつらうつらしながらのKula Shaker。俺は冒頭3曲とラスト3曲くらいしかちゃんと聴いていなかったけど、”Hey Dude”とか”Hush”とか、懐メロを聴けてそれなりに満足。友人は、キーボの人がすげーいいよ!って興奮していたっけ。

 ***

で、いよいよヘヴンに移動。あーやっぱり、ここがいちばん落ち着くわーとおもう。肉やらビールやらを胃のなかにがんがん流し込みつつ、Kitty Daisy&Lewis。音もルックスもまんま50’sロカビリースタイル、って感じなのだけど、素直にたのしい、っておもえる音楽だ。CDで聴いたときにはいまいちぐっとこなかった曲たちも、野外でみんなで踊りながら見るとこんなにたのしいんだな!っておもって、ああ、フジに来れてよかった、としみじみした。なんていうかもう、ヘヴンじゅうに溢れるゆるい多幸感が素晴らしかった。

夕方、ちょっとだけ涼しくなってきた頃に、Trombone Shorty & Orleans Avenue。これは予想外にかっこよかった!なにしろ、メンバー全員が、最高のテクニックでもってへヴィなニューオーリンズ・ファンクを炸裂させまくりなのだ。トロンボーンもサックスも、ベースもギターもドラムスも、すべてが強靭で自由自在で、ひたすらにファンク。バンドはどこまでも高らかに音楽を鳴らし続け、観客はひたすらに手を叩き、ジャンプし、踊り続ける。もうこれが永遠に続いてもいい…っておもえるくらい、素晴らしい時間だった。個人的には、彼らが今回のベストアクト。そうそう、辺りが暗くなってきたステージ終盤では、ライトに群がる虫の数が凄いことになっていたな。

ホワイトに行くっていう友人とまた別れて、ヘヴンに残る。トロンボーン・ショーティが終わった辺りから雨ががんがんに降ってきていて、KEENのトレッキングブーツを履いてきてよかった…と心の底からおもう。そうしてラストはDerek Trucks & Susan Tedeschi Band。

スーザン・テデスキの歌声はアレサ・フランクリンばりにブルージーで、デレクのギターはめちゃめちゃクール(ついでに、デレクは顔もめちゃめちゃクール。ほとんど表情ひとつ変えないのだ)でかっこいい。その2人をバンドがゆったりと支えている感じ。演奏はジャム的な要素が強いのだけど、スリリングっていうよりはどこか安定感、安心感のあるライブだったようにおもう。まあ、トロンボーン・ショーティで盛り上がり過ぎてしまったせいで、そんな風に感じたのかもしれないけれど。とにかく、デレク御大のスライドバーから放たれる無限の音色がヘヴンの夜空に広がっていく様子は――夜空はどんよりとした雨空だったにせよ――ひどく心地よく、美しかった。なにしろそこには夜があり、闇があり、そして音楽があったのだ。

 ****

MGMTで立ったまま爆睡した(!)という友人と合流して、入口ゲート近くで名残惜しげにピザなんか食べつつ、ツアーバスへ。バスは深夜1時に苗場を離れ、始発の電車が動き始める頃には新宿に到着した。帰り道、1日でもじゅうぶんたのしめることがわかったのはよかったけど、やっぱり来年からは有給取って3日間参加したいよなー、なんて話をふたりでずっと話していた。


豊田道倫 生誕40年&NEW ALBUM『バイブル』発売記念 大コンサート@O-nest

バイブル

2月7日、渋谷にて。40周年&新作『バイブル』発売記念ってことで、またしても3部構成のライブ。18:30から22:30近くまでおよそ4時間の長丁場だったのだけど、その感想を一言で言うなら、最近のみーくんのライブはなんだか本当にやばいものを見てる感じがする、ってことに尽きる。第一部の弾き語りの地味さも、第二部の昆虫キッズとのロックンロールも、第三部の久下惠生とのひりひりした緊張も、どれもここでしか感じられないようなエナジーと独特の間合いとに溢れていて、ああ、この人の音楽を知ることができてよかったな、といままで何度もおもっているはずのことを、この夜もまたおもったのだった。

昆虫キッズと久下と一緒に演奏された、アンコールの”移動遊園地”では、昨年末のライブのときと同じように泣きたいような気分になった。22歳の頃の豊田が作ったひとつの曲が、20年近く経ったいまでもこんな風に広がりを持ち、悲しくなるような美しさを放っているということをかんがえると、圧倒されるような打ちのめされるような、それでいて、ちょっと手を伸ばせば無限の可能性に触れることだって出来てしまえそうな、ふしぎな気分になるのだ。どういうわけでそんなにぐっときてしまうのかは、自分でもよくわからないのだけど…。

会場で販売されていた『バイブル』と、昆虫キッズのライブ盤CD-R『Around Tokyo vol.1』を買って帰った。『バイブル』は夜眠るときに小さな音で、『Around Tokyo vol.1』は朝通勤するときに大きめの音で、毎日聴いている。


豊田道倫 with 昆虫キッズ@渋谷o-nest

f:id:hayamonogurai:20091230234208j:image:h170

29日。o-nestにて、豊田道倫と昆虫キッズのライブ。年末に豊田のライブを見ると、あー今年ももう終わっちゃうんだなあって実感したり、またちゃんと見れてよかったなー、なんてしみじみおもったりもするのだけど、今回はそんなセンチメンタルな気分を一息で吹き飛ばしてしまうようなラウドでエネルギッシュなライブだったのであって、もう最高にたのしかったとしか言いようがない。全体で3部構成になっていて、1部が昆虫キッズ、2部が豊田道倫ソロ、3部が豊田道倫 with 昆虫キッズという流れ。

昆虫キッズってバンドは、秋に出た豊田道倫 with 昆虫キッズ名義のCDではじめてその存在をしったのだったけど、曲中に詰め込まれたアイデアと演奏のスピード感、問答無用のエナジーに満ち満ちたバンドで、今回のライブですっかりファンになってしまった。どたばたと動き回るキース・ムーン系のドラムにじゃりじゃりしたギターとベースが乗っかって、その上で超エモーショナルかつ超不安定なボーカル(♂)ととびきりキュートなボーカル(♀)がゆらゆらしている。荒っぽくも生き生きとした、見ていて元気になっちゃう演奏って言ったらいいのかな、もうとにかくたのしい。佇まい的にもかっこいいし、曲自体もどういう系って言いがたい、ふしぎな魅力に溢れたものばかりで、やばい、すごいバンドを見ちゃったかも…!とおもった。

そして豊田道倫なのだけど、いまの彼のモードがこんなにアッパーでロックなものだとはしらなかったから、本当にびっくりした。ソロパートではいつも通り、しぶいシンガーソングライター然とした感じでやっていたくせに、3部のバンド編成では見ていて笑っちゃうくらいロックンロール。がんがん叫んで、ギターかき鳴らして。おまけにピック投げまくりだし、帽子もマイクも投げるし、まさかの客席ダイブまで敢行しちゃって、ぜーぜー言っていたけど、こんなみーくんはじめて見たっ!とおもって興奮したし、感動させられた。ロックなおっさんってかっこいい。

1部から3部、アンコールまで全部よかった。こんなに頭の先から尻尾までぜんぶたのしいライブって、そうそうない。バリバリと脳髄に響くギターとベースも、生で見てみるとやっぱり超うまいドラムも、ピッチの怪しいボーカルのシャウトも、チープな感じの照明も、普段のみーくんのライブではかんがえられないくらい揺れるo-nestの床も、おもいおもいのやり方でライブをたのしんでいる観客たちも、ぜんぶひっくるめてこの時間、この空間がすごい好きだな、って見ているあいだに何度もおもっていたし、元気に演奏されたアンコールの”移動遊園地”では泣きそうにもなってしまった。今年最後のライブがこれでよかった。最高だった。

ABCD


SUMMER SONIC 09

f:id:hayamonogurai:20090902012615j:image:h170

書くのがすっかり遅くなってしまって、もう夏も終わりな雰囲気のこの頃だけど、サマソニのこともメモ程度には残しておかなきゃ、っておもったのでいまさらながらも書いておくことにする。行ったのは3日目だけだったけど、それでもうじゅうぶん過ぎるくらいに焼けたし疲れたし、それに幸福感も味わえたのが今年のサマソニだった。

基本的に会社の友達と2人で回っていたのだけど、目当ては夕方以降のソニックステージ、ってことでお互い決まっていたので、それまではゆるく流す感じであちこちをふらふらと見ていた。ちょうど真昼間にマリンステージにMutemathを見に行ったのだけど、その往復の移動だけで身体にTシャツの跡がくっきりと残るくらいには日焼けしたみたいだった。なにしろものすごい快晴っぷりだったのだ。で、エレカシとKeaneを見てく、って友達をスタジアムに残して、ひとりで先にソニックステージへ。今回の移動はほとんどこれだけで、もう後は別のステージにはぜんぜん行かなかった。

Grizzly Bearから、前から3、4列目のポジションを確保して見始める。ポストロックっぽい感じの音で、とにかく暴れたがっている若い子たちを目の前にしながらも、完全に落ち着いて自分たちの世界を展開していってる感じがすきだった。変則的な曲構成に幽玄なムードのメロディで、裏声のコーラスとかハモリが華を添えている、って感じ。

次はVaselines。これはもう、盛り上がりがやばかった。たしかにライブは悪くなかった…というか、まあなかなかかっこよかったし、なにしろ再結成なわけで盛り上がるのはわかるっちゃわかるのだけど、まわりの飛んだり跳ねたりっぷりが尋常じゃなさすぎて、俺はちょっと引いて見てしまっていたような気もする。予想外に体力を消耗してしまった。っていうか、みんな世代違うわりに随分おもい入れあるんだなー、なんておもったり。でもまあよく聴き馴染んだ曲たちが目の前で演奏されるのを見ているのはやっぱりたのしくて、それなりに満足だった。

友達と合流して、Teenage Fanclub。このバンドの曲たちは、本当に自分の記憶と密接に繋がっているものが多くて、バンドとして最近は停滞してるとか昔の切れ味がなくなったとか言われていてもやっぱり俺には最高のバンドってことで間違いないや、とおもった。新曲も3曲演っていて、なかなかよかったし。とはいえ、まあなんだかんだで昔の曲が盛り上がっちゃうのは仕方ないところなわけで、”Sparky’s Dream”とか、”About You”、”Everything Flows”辺りがいちばんたのしかった、ってことはどうしたって否定できない。Vaselinesで体力を使い果たしていたからちょっと下がって見ていたのだけど、もう一緒に歌いまくった。ラストは”The Concept”。いままでいったい何回聴いたのかわからないけど、俺の歴代のいろんな音楽プレーヤーが再生してきた曲たちのなかでも、再生回数トップ10には入ってくる曲のはずで、そういう曲のイントロをライブ会場で聴くときの幸福感っていうのはなかなか言葉では表現できないなー、といま書いていておもう。

そしてSonic Youth。気がつけばまたしても最前列に限りなく近いところにいて、ふつうに貧血で倒れるか圧死するかどっちかじゃんねこんなの、って状況で見ていたのだけど、超かっこいい新曲の乱れ撃ちにはすっかりやられてしまった。サーストンもキムもリーもかっこいいのだけど、俺はドラムのスティーヴ・シェリーばかり見ていた気がする。正直いままでSonic Youthのドラムってあんまりすきじゃないんだよなー、なんかもっさりしてるっていうか落ち着き過ぎな感じでさ…なんておもっていたのだけど、俺はいったい何を聴いてたんだ!?っておもうくらいダイナミックで全体をぐいぐい引っ張っていくドラミングで驚かされた。”Death Valley’69″をやってくれたのはサービスっぽかったけど、『The Eternal』からの新曲たちが本当にどれもかっこよかった。盛り上がる分だけ圧死しそうになるわけだけど、まあしょうがないよね、っておもえるくらいによかった。

で、最後を飾るのがThe Flaming Lips。俺はTFCとリップスを見るために今年のサマソニに行ったわけで、まあ盛り上がらないわけにはいかない。というか、あの超ど派手なセットに最高の曲があって、たのしくならないでいる方が難しいくらいなのだ。ライブが終わったあとに友達が、こんなの見せられて嫌いでいるなんて不可能だわー、って言っていたけど、まさにそんな感じ。ウェインが巨大で透明な風船に入って客席を転げ回り、次いで白と黄色とオレンジの風船がいくつもいくつも打ち上げられる。そのなかで流れ出すのは”Race for the Prise”の最強にかっこいいイントロで、あー、もうこの狂気一歩手前の幸福感に包まれて溶けてしまいたい、って何度もおもった。大声で歌い、ジャンプし、次々に落下してくる風船をパンチしては宙に上げる。そうしている時間は本当に夢のようで、こんなにたのしくっていいの?っておもえてくるくらいなのだけど、回りを見渡せばみんなが同じように幸福のハイテンションに高ぶっていて、おまけに信じがたいくらいの笑顔でいて、すげーな、リップスはこんなにも人を幸せな気持ちにできるのか、こんなにも生のエナジーをがんがんに撒き散らすことができるのか、っておもったらなんだかちょっと泣きそうにすらなった。素晴らしく輝かしい高揚感と、どうしようもないインチキ感がないまぜになったステージは、本当にいろんな意味で突き抜けていて、こんなの何回見たって忘れられないよとおもった。”Yeah Yeah Yeah Song”でヤーヤーヤーヤーヤーヤーヤーヤーと歌い、”Fight Test”や”Yoshimi Battles the Pink Robots Pt.1″の静かなバージョンにやさしい気持ちになる。最後の”Do You Realise??”では圧倒的な肯定のエナジーに全身が包み込まれるようだったし、生きててよかった…とわりと本気でおもった。

帰りに駅近くのサイゼリヤで食事をしつつ、友達と一日の感想をすき勝手に語り合う。彼のベストアクトはSonic Youth、俺はやっぱりリップスだった。いやー、正直日頃のストレス吹っ飛んだよね!うん、そだね、まあ明日は筋肉痛で何もできないけどねー、なんてだらだらと話したりしつつも、浮かれてふわふわとした気分にもっともっと浸っていたくて、ぐずぐずと店に居座っていた。


豊田道倫@新宿シアターpoo

f:id:hayamonogurai:20090630230919j:image:h170

土曜日。狭くてレトロな新宿シアターpooにて、豊田道倫のライブ。俺はここの狭さ、暗さが結構すきだ。大きなハコよりも、音楽聴きに来たんだなー、って気分が高まるような気がする。この間のレコ発は行き逃してしまったので、今回聴きに行けてよかった。ギター一本で、全部で27曲演ってくれた。前半は静かでセンチメンタルな曲たち、後半はロックンロールな曲たちが中心だった。

“POP LIFE”とか”メリーゴーラウンド”、”ピース・ミュージック”はやっぱりほんとにいいよな、すきな曲だな、とおもったり、”サマー・ソフト”では去年の夏のころをおもい出して泣きたいような気持ちになったり。豊田道倫の歌はいつもいつも心の無防備なところに直接突き刺さってくるので、ライブに行ったあとに、あーたのしかった!って気持ちになることはあんまりないような気がするのだけど、今回もやっぱりいろいろな思い出が蘇ってきては、切ないような、悲しいような、圧倒されるような、いろんな感情や思考がぐるぐると頭のなかで回るような感じがした。でもこういう歌を歌ってくれる、歌い続けてくれている人がいるってことには、なんていうか、すごく勇気をもらえるような気もたしかにしていて、ずうっと歌っていて欲しいなー、ほんとに。と、ぼんやりおもったのだった。


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive