タグ ‘ My Morning Jacket

My Morning Jacket@渋谷AX

f:id:hayamonogurai:20120805132149j:image:h170

またまた、3月に見たライブの話。

 *

3/29、渋谷のAXで、およそ3年ぶりのマイ・モーニング・ジャケット。前回のライブでは、それはもう怒涛のような感動を味わってしまっていたため、自分のなかではいやがおうにもハードルが上がってしまっていたのだけれど、さすがに期待通りのパフォーマンスを見せてくれた。当日は平日ということもあって、冒頭30分は見れなかったものの、フロアにはまだじゅうぶんな隙間があったから、まずまずのポジションを確保して見ることができた。

ボーカルのジムは相変わらずの美声&素晴らしいもじゃもじゃ具合だし、ギターのカールはクールかつ芸達者(今回も、サックスとペダル・スティールを披露)だし、ベースのトミーは右手の動きが相変わらず激しすぎて謎だし、キーボのダニーは今回はよく音が通っていたし、ドラムのパトリックもやっぱり圧倒的にもじゃもじゃで、素晴らしい安定感のばしゃばしゃドラムを叩いていたし、とってもよかった。ひさびさに、わー、自分の好きなバンドが目の前で演奏してるよ!っていう純粋なヨロコビを感じられるライブだったようにおもう。

ただ、ここ最近、日常的にロック的な音楽をほとんど聴いていないこともあってか、前回見たときみたいに震えるほど感動したとか全身が幸福感で包まれたかというと、そういうわけにはいかなかった。まあ、仕方のないことだ。自分の感覚も感情も、もちろんバンドの音楽も、一日ごとに変わっていくのだから。ゆく河の流れは絶えずして、というやつだ。

でも、3年も前のことなのに、あのときの輝かしく前のめりで期待に満ちた高揚感は、いまでもはっきりとおもい出すことができるし、そうしていると、おもわずちょっとにやにやしてしまうくらいなのだ。まったく、ノスタルジアというやつのなんと手強いことよ…などとおもう。

以下、セットリスト。

Victory Dance

Circuital

It Beats 4 U

I’m Amazed

Lowdown

Outta My System

Mahgeetah

Slow Slow Tune

Golden

Dondante

Smokin’ From Shotin’

First Light

Run Thru

(End Only)

Touch Me I’m Going To Scream Pt. 2

Movin’ Away

Phone Went West

(アンコール)

Wordless Chorus

Dancefloors

Holdin’ On To Black Metal

One Big Holiday

Circuital


My Morning Jacket@Duo Music Exchange

f:id:hayamonogurai:20090213000323j:image:h170

2月4日、渋谷にて。いやー、本当によかった!まじで最高だった!!彼らのライブを見たのは初めてだったのだけど、いままで見てきたいろんなライブのなかでも間違いなくトップクラスのたのしさだったとおもう。

マイ・モーニング・ジャケットは、ケンタッキー州ルイヴィル出身のバンド。ヒゲに長髪に、ってとってもむさ苦しいルックスの5人組だ。出す音は見た目通りにアメリカン・ロックな骨太さがあるのだけど、それと同時に、妙に繊細でナードっぽいところもあったりするのがおもしろい。堅実な演奏のなかで、おかしなアレンジがところどころ顔を出してたり、深くリヴァーヴのかかったサザン・ロックな曲かとおもえば、なんだかメロディが異様にポップだったり、ほとんどドリーミーって言ってもいいようなところもあったりで、どうにもふしぎな感じ。アルバムを聴いていたときには、フレーミング・リップスっぽいバンドかなー、なんてかんがえていたけど、ライブを見ていると、やっぱ違うよな、似てるとこはあるけど…、ともおもわされた。やたらと引き出しが多くて、雑食で異形なんだけど、作り出す音のクオリティはとにかくすごくハイレベルなバンド。変で穏やかで激しくておもしろい。なんていうか、そんな印象だった。

ボーカルのジム・ジェイムズはもじゃもじゃな頭に似合わない、ものすごく美しい声をしている。それでめちゃめちゃ繊細なファルセットを響かせまくるんだけど、とにかくこれがきれいで。2本のギターの絡み合いはやっぱりスリリングだし、変なベースもやたらに目立ってかっこいい。あと、曲の後半に長いインプロが入ることが多くて、それがもうとにかくグルーヴ感があってサイケデリックで、ひたすらにきもちいいこと!そんなにキャッチーな曲があるわけじゃないとか、いまいちどういうジャンルに属するバンドなのかわかりにくいとか、ルックスがむさ過ぎる、って辺りが日本で受けにくい理由かとおもうけど、このライブのたのしさを味わったらMMJファンにならずにいるのはむずかしいはず!とおもった。

とにかくいいライブだったから、個人的なハイライトもいっぱいあり過ぎて困るくらい。まずやられたのは、”Off The Record”のポップすぎるメロディに、曲後半のかっこよすぎるインプロ!それに、”I’m Amazed”のふわふわとしたサイケデリアに、”Magheetah”のイントロからの盛り上がりもうれし過ぎだったし、”Gideon”のひたすらな高揚感、”Dondante”、 “Touch Me I’m Going To Scream Pt.2″とかの、ゆるめのふしぎサウンドから爆音インプロへの流れ、どれもこれも素敵だった。そしてもちろんラストの”One Big Holiday”は当然頭から尻尾までひたすら最高で本当に胸がいっぱいになったんだけど、なんだかんだでいちばん感動させられたのは、”War Begun”から”Thank You Too!”への流れだった気がする。ちょっと泣きたくなったくらい。とくに”Thank You Too!”のジムの絞り出すような高音の美しさといったら!鳥肌が立ちまくって、もうもう、これさえあれば他には何もいらないよ…なんて気分になったりすらしたのだった。

あーもう、いまこうやって書いていても、うれしくてにやにやしてしまう。本国ではマディソン・スクエア・ガーデンでカウントダウン・ライブやってるくらいの超大物バンドなのに、duoの2列目で見れちゃうなんて幸せすぎる!って何度もおもっていたのをおもい出した。また来日してくれたら絶対見に行く!!

あ、あと、むさいとかもじゃもじゃとか何度も書いたけど、メンバーは結構みんなやさしそうな顔をしていたのが印象的だった。JJの目なんてさ、ほんとやさしくって…。

Evil Urges

Touch Me I’m Going To Scream Pt.1

Off The Record

The Way That He Sings

I’m Amazed

It Beats 4 U

Sec Walkin

Golden

War Begun

Thank You Too!

Mahgeetah

Lay Low

Gideon

Librarian

Dondante

Smokin From Shootin

Touch Me I’m Going To Scream Pt.2

Cobra

Run Thru

———-

Bermuda Highway

Look At You

Wordless Chorus

Highly Suspicious

Anytime

One Big Holiday

イーヴィル・アージス


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive