タグ ‘ Marlena Shaw

Marlena Shaw@ビルボードライブ東京

Who Is This Bitch Anyway

6月25日、ビルボードライブ東京にて。こいつはほんとに最高だったー!1975年の超名盤、『Who Is This Bitch, Anyway?』の録音メンバーが集っての、まさにドリームバンドによるライブ。ボーカルのマリーナ・ショウをはじめ、ギターのデヴィッド・T・ウォーカーにベースのチャック・レイニー、ドラムのハーヴィー・メイソンにピアノのラリー・ナッシュ、みんな60台後半から70オーバーって歳なのだけど、とにかくみんなチャーミングで、そして文句なしにかっこよかった!アルバムの1曲目である”Street Walking Woman”なんかはイントロの男女のやりとり(語り)まできっちり再現してくれちゃうし、名曲”Fell Like Makin’ Love”は当然とろけるように甘いしで、俺のテンションは終始上がりまくりだった。

基本的に、『Who Is This Bitch, Anyway?』を全曲演っていく、ってライブだったのだけど、合間には”Mercy, Mercy, Mercy”を入れてきたり、いきなりハッピーバースデーのコーナーがあったりで、なかなかサービス精神も旺盛な感じ。気のいいおばちゃん、って佇まいのマリーナは、あのアルバムの神秘的なジャケット写真とは似ても似つかない雰囲気になっていたのだけど、なんとも余裕を感じさせる歌声であって、これはこれでクール。そして、抑制されたグルーヴを生み出す熟練のメンバーたちは、ボーカルにそっと寄り添う、最高に素敵な歌伴を聴かせてくれていた。バンドのなかでとくに目立っていたのは、デイヴィッド・T・ウォーカー。半分以上の曲で長いソロを取ったり、調子に乗ってくると立ち上がって――そうそう、マリーナ以外のメンバーは、基本的にみんな座っての演奏だった。ま、みんな、おじいちゃんだしね――ひょこひょこ歩き回っちゃったりして。あと、チャック・レイニーはプレべじゃなくって、白いジャズベを使っていたのが印象的だった。

夢のような本編が終わって、アンコールではやっぱり”Loving You Was Like A Party”!まわりの観客のテンションももはや最高潮に達していて、イントロの一音目から歓声が響き渡っていたけど、これまた最っ高にかっこよかった!まあそういう訳で、もうもう、ひたすらにたのしい時間を過ごさせてもらったのだった。席も音響もすごく心地よくて、これはひさしぶりに大満足なライブだった。


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive