タグ ‘ Jazz

東京ザヴィヌルバッハ vs stim@渋谷o-nest

o-nestにて、TZBとstimのライブ!やー、これはたのしかったなー!

●stim

ドラム、パーカス、ベース、キーボード、サックスの5人編成で、ジャズっていうか、もうちょっとジャムバンドっぽいサウンド。曲がとにかくかっこよくてキャッチーだし、来て欲しいときにちゃんと来る、みたいな感じがあって、ひたすら気持ちよく聴いていられた。雰囲気がたのしげなのもよかったなー。音源リリースはまだないみたいだけど、出して欲しいよー。

●東京ザヴィヌルバッハ

stimの演奏が終わり、大量の機材のセッティングに30分くらいかかってから、東京ザヴィヌルバッハ。新譜からの曲が中心で、印象はCDとそんなに変わらないんだけど、ストイックな音像と、ポリリズムっていうか、リズムのずれてる感がやっぱりたまらなく素敵だった。TZBの音楽は、わりと地味っていうかクールな展開のものが多くて、激しくても熱くなり過ぎないみたいなところがあるとおもうんだけど、でもそれをつまらないとおもうことはぜんぜんない。いろんなことをかんがえつつ、てきとうな縦ノリで――変拍子だらけだから、踊るのはちょっとむずかしい――聴いているなかでも、なんていうか、思考がつうっと動かされるような感覚がある。菊地成孔のサックスも存分に聴けたし、満足。

まあとにかく2組ともかっこよくてよかった。7時過ぎから11時前くらいまでの長いライブだったから、終わったころにはくたくたになっていたけど、どっちもまた見たい!


Tchavolo Schmitt Band@杉並公会堂

f:id:hayamonogurai:20080623230100j:image:h170

マヌーシュ・スウィングの名手、チャボロ・シュミットのライブに行ってきた!ザクザクくるリズムギターに安定したベース、バイオリンはしつこくソロを盛り上げまくるし、チャボロのギターもピッキングがすごい力強いのに、出てくるフレーズはとてもていねいで…っていうか、もうとにかくみんなめちゃめちゃ上手い。上手くて息のぴったり合った演奏っていうのは、いつ見てもたのしいよなー、と感じ入った。あと、いかにも弾いててたのしそうな感じで、会場全体が暖かな雰囲気になっていたのもよかった。

演奏全体としては、なんとなく予想していたよりもインプロみたいなところが強かったような気がする。それと、(会場がクラシック用なだけあって)響きまくっていたバイオリンの音色からそうおもうのかもだけど、CDで聴くより音がおしゃれっぽかったような。

チャボロはとにかくゆるいというか自由な雰囲気を醸し出しまくっていて、ギターの弦が切れたらステージ上で張り替えたり(ぜんぜん急がないし)、ゲストで一緒に演奏した渡辺香津美の名前を最後まで覚えていなかったり。バイオリンの人がライブの進行役なんだけど、彼がいなかったらもっとすき勝手にやってそうな感じだった。

会場が会場なだけあって、体を動かしつつ聴くなんてことはあんまりできなくて、そこだけはちょっと残念だった。なんつーか、もっとラフな感じで聴きたいかな、って。野外で、ビールとか飲みつつ、みたいなのだったら、もう最高だとおもうなー。


菊地成孔ダブ・セクステット@新宿歌舞伎町クラブハイツ

The revolution will not be computerized

ダブ・セクステットのアルバムをはじめて聴いたとき、おーこれは!かなりストレートに60年代風!ちょーかっこいいじゃん!!と相当興奮したのだったけど、このライブでそれほど圧倒されたか、っていうと正直微妙だった気がする。いや、たしかに演奏はよかったし、全体の雰囲気もかっこよかったんだけど…。

やっぱり会場が会場だけあって、音響がいまいちなのが残念だったなー。床の絨毯とかソファとかに音が吸い込まれていってしまっているようで。どうにも音圧が足りてないようにおもえて、席の問題もあったかもだけど、迫力不足に感じてしまった。会場の雰囲気がいくら素敵でも、音楽を聴く場所としてはちょっとなー、って。

まあでも、”Dub Sorcerer”の疾走するドラムなんかは最高だったし、坪口昌恭のソロも相変わらずツボだったし(アコースティック・ピアノじゃなかったけど)、十分たのしめた。アンコールは、デューク・エリントンの『極東組曲』から”Isfahan”。本編と違ってスウィートなのもよかった。

以下はセットリスト。

Susan Sontag

Dub Liz

AAAL

Koh-i-Nur

Invocation

Dub Sorcerer

Isfahan

そうそう、会場でもらったチラシで、ノー・スモーキング・オーケストラ来日!って情報をはじめて知ったのだった。まじでー!って驚いた勢いのまま帰宅して速攻でチケットを購入。あー、でも、ちょっと高かったかな…。


菊地成孔コンサート2007 菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール@オーチャードホール

もう先週金曜のことだけど、ペペ・トルメント・アスカラールのコンサートに行ってきた!

ペペ・トルメント・アスカラールっていうのは、ピアノ、サックス、バンドネオン、ハープ、弦四、ウッドベース、パーカッション×2という11人編成の、「現代音楽とラテンラウンジを繋ぐストレンジ・オーケストラ」。そして、そのコンサートの特徴は、なんといっても、ばっちりドレスアップして来ている人の多いこと!菊地氏が、「コンサートには、ぜひドレスアップしてお越しください」なんて、毎回毎回言ってるだけのことはある。ドレスはもちろん、着物の女性もちらほらいたり、客の方からして、全体的にかなりの気合が感じられるっていうのは、いつ見てもたのしい。スノッブな感じそのものは、自分はあんまりすきではないんだけど、こういうのはありだ。今日はドレスアップしてコンサートに行くんだ!ってうきうきしてた人がこんなにたくさんいたのなー、って実感するだけでも、ちょっとわくわくしてしまう。

あと、今回は、幕間にロビーにて演奏にふさわしいシャンパンとワインを提供、なんてこともしていて、いちいちイベントとしておもしろすぎ、っておもった。じっさいのロビーは正直混みすぎていて、セール会場みたいな状態に陥っていたけど、気合の入った格好をした人々がぎゅう詰めになって並んでいるのも、なんだか妙な具合で、非日常感を溢れさせているようだった。

演奏自体も、熱に浮かされてくらくらっとくるみたいな、実にすばらしいもので、俺は大満足だった。菊地氏は風邪をひいていたらしく、鼻をぐずぐずいわせたりもしていたのだけど、6月の九段会館より断然いい音を出していたような気がした。まあ、ホールの音響って要素は結構大きいのかもしれない。バイオリンなんかも、ずいぶんバリバリ弾いてるように聴こえたし。舞台の照明はとてもきれいなんだけど、途中で目を瞑って聴いたりもした。そうすると、ちょっとうとうとしかけたりもするのだけど、そんな感じも心地よくて。セットリストは、だいたい『野生の思考』を中心にして、『南米のエリザベス・テイラー』からも数曲、というところ。”プラザ・レアル”と”ルペ・ベレスの葬儀”は、特にすごく響いた。アンコールの最後は、”You Don’t Know What Love Is”。

会場で先行発売していた、菊地成孔ダブ・セクステット『The Revolution Will Not Be Computerized』を買って、一蘭でラーメンを食べて帰った。ペペの音楽とはぜんぜん合ってないけど、俺は一蘭のラーメンがとてもすき。渋谷に行くと、ついつい寄ってしまう。


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive