タグ ‘ Alternative & Punk

KAREN@下北沢Club Que

f:id:hayamonogurai:20100930233429j:image:h170

9月23日、秋分の日。朝から雨が降っていたけれど、この雨とともに一気に秋がやってきたみたいだ。かなり涼しく、いや、もはやちょい寒いくらいになってきている。

夕方、松やで腹ごしらえをしてから、下北沢へ。南口を出て歩きながら、そういえば、去年もちょうど今頃、KARENを見にQueに行ったんだったよなー、なんておもい出したりする。でももう来年はない。つい先日発表になったばかりだけど、KARENは今年いっぱいで解散してしまうのだ。俺にとってはいまの日本でいちばん好きなバンドのひとつなだけに、正直とっても残念だけれど、とにかくきょうは目一杯たのしませてもらわなくちゃ、ってファッキンの横の階段を降りた。

●THE NOVEMBERS

まずは対バンのTHE NOVEMBERSから。入場曲がRideの”Dreams Burn Down”(たしか)で、おまけにメンバーの着ているTシャツは各々スミス、ジョイ・ディビジョン、マイブラ、ルー・リード、っていうわかりやすさ。ちょっと笑った。

そんな辺りからも予想できる通り、とても親近感の湧く(なんていうか、すごく同級生感のある)サウンドだった。ああ、きっとこういうのが好きで、こういう音楽をやりたいんだろうな、っていうのがすんなりわかる感じ、というか。シューゲイザー風ギターでダークかつポップな楽曲をやるところなんかは、ちょっとART-SCHOOLっぽくもある。ボーカルの一所懸命に歌う感じと、むちゃくちゃ抜けのいいベースの音が印象的だった。

●KAREN

で、いよいよKAREN。曲はすべて1st,2ndからのもので、どれもいいのはわかっていたけれど、改めてKARENは最高にかっこいい!!とおもった。

もう、なんていうか、バンドとしてかなり成熟してる感がある。解散発表を受けてのインタビューで、木下が「KARENでやれることがもうなくなった」的なことを言っていたのもわからなくもない気がしてしまうくらい、安定感のあるバンドだよなー、っておもわされた。毎回釘づけにさせられてしまうリズム隊はもちろん最高だったけれど、今回はとくにボーカルのアチコの気迫ががんがんに伝わってくのがよかった。本編ラストの”Flapper”と、アンコールの”サーチライトガール”で作り出されためくるめく音の渦なんて、もう本当に恍惚となるほど素晴らしくって。

解散は残念過ぎる――こんなにかっこいいバンドなのに、あまりにももったいない!――けど、とにかく12月のライブには絶対行くしかない!とおもう。


SUMMER SONIC 2010

f:id:hayamonogurai:20100829230120j:image:h170

海浜幕張に着いたのは12:00頃のことで、友人とふたり、カプリチョーザで気持ち悪くなるくらいピザとパスタを詰め込んでからのんびりとメッセに向かった。外はまさにフェス日和、って感じに日差しが降り注ぎまくる完璧な晴天だったけれど、屋外のステージに行く予定のいっさいない自分たちには、あまり関係ないことなのだった。

まずはてきとうにあちこちのステージを見て回る。Two Door Cinema Club、Biffy Clyro、Delphicなど見てみるも、なんだかどれもいまひとつぐっとこない。最近のUKの若手バンドにまったく興味を失ってしまっている自分をあらためて実感する。そうして気がつけばもうそろそろ夕方。ま、この辺からが本番だもんね、って気分を盛り上げて、ソニックステージに向かった。

●Passion Pit

duoで単独を見たときに、まあ悪くはないけど、CD以上のものがあるかって言ったら別にないよな…とおもってしまったのだったけど、今回もまったく同じ印象。曲は悪くないものの、全体的に一本調子で、ちょっと退屈してしまう。でも、周りはすごい盛り上がっていたし、予習ゼロの友人も、かなりたのしかった!って言っていたから、単に俺が飽きてしまっているだけなのかも…。あー、でも、”Sleepyhead”はやっぱりいい曲だったな。

●Richard Ashcroft & the United Nations of Sound

一緒に回っている友達と、今年のサマソニは懐メロ大会だよねーなんて話していたのだけど、我らがカリスマ、リチャード御大はそんな後ろ向きな気持ちを吹き飛ばすようなパフォーマンスを見せつけてくれた。

坊主頭(!)で登場した御大とバンドは、”Are You Ready?”,”Born Again”など新作からの曲を次々にプレイ。予習として聴いていたときは、いやー、またベタなメロディの曲を持ってきたなー、くらいにおもっていたのだけど、いや、なんだかそのどれもがなかなかかっこよく聴こえてくる。安定したリズム隊もいいし、ブルージーなワウギターもいい。で、リチャードの独特なねっとりとしたボーカルもやっぱり素晴らしい。何なんだろうこれは、現役感、現役の勢いがある、ってことなのかな。ヴァ―ヴの”Lucky Man”も途中で演ったけど、他の曲とのあいだに違和感はなかったし。

途中でリアム・ギャラガーに電話してみたり(いったいなぜ…しかも奥さんが出ちゃったし)しつつも、バンドは新作から5,6曲をプレイ。どれも曲としてはまあふつう、って印象なのだけど、演奏はかっこよかった。

そうしてラストは、”Bitter Sweet Synphony”。まあこのイントロは魔法のようなものなので、当然、超盛り上がった。…というか、俺の周りでは涙を流している人すらちらほら。この曲、初期ヴァ―ヴのサイケデリックな曲たちとはだいぶ齟齬がある気がするけど、リチャードの新作とは方向性が似ているので、きっと今後もずっと演ってくれるはず。

個人的には、ヴァ―ヴのアルバムはどろっどろにサイケな1stが最高だとおもっているので、こっちの方向にはあまり興味を持っていなかったのだけど、生リチャードにはすっかりやられてしまった。新作、ちゃんと聴いてみなくちゃなー。

●Smashing Pumpkins

たぶん多くの人たちと同様に、オリジナルメンバーがビリー・コーガンひとりのスマパンなんて…と、あまり期待はしていなかった俺だけど、いや、彼らもまた、予想外に素晴らしいライブを見せてくれたのだった。

おっ!と始めにおもったのは、へヴィにアレンジされた”Ava Adore”のとき。ベースもツインギターもすごくいい。なんていうか、若いバンドが持っているような、強引な勢いがあるのだ。で、特に目が行くのがハチマキをしたドラムの少年!さすがジミー・チェンバレンの代わりをやるだけあって、すごくセンスを感じさせるプレイだった。ブラストビートもいけるし、エイトとかシンプルなところもなんかいちいち上手い。オリジナルメンバーはビリーひとりとはいっても、いまのスマパンはちゃんとこの4人のバンドになってるのかもなーとおもわされた。

セットリストは新旧の曲を縦横に織り交ぜたものだったけれど、どの曲もへヴィで暑苦しいのが素晴らしかった。”Bullet With Butterfly Wings”,”Today”,”Tonight,Tonight”,”1979″などなど、みんなが聴きたい曲はだいたい演ってくれたんじゃないか、ってくらいでもう大満足。で、アンコールに出てきたビリーは、「みんな10年のあいだスマッシング・パンプキンズを信じていてくれてありがとう。最後の曲は、ロックの力についての曲、ロックの力を信じることについての曲だよ」なんて発言。往年のファンはおもわず目頭が熱く…ってところで、あのイントロが!この日のハイライトを選ぶなら、俺はこの瞬間、”Cherub Rock”の始まる瞬間を迷わず選択するけど、こいつはもうとにかく最高だったとしか言いようがない。まさかいまになってスマパンにこんなに興奮するとはおもいもしなかったけど(たぶん高校生のとき以来、ちゃんとアルバム通してなんて聴いてない…)、10代の頃に好きだった音楽って、身体のなかに染みついちゃってるんだなーとつくづくおもったのだった。

●Pavement

深夜ステージ。リチャードもスマパンもよかったけど、いよいよここからが本番だ!って気持ちで見た。どの曲も最高で、もう二度と見れないのかとおもうとひどく悲しい気分にもなったけれど、おっさんになってもペイブメントはやっぱりペイブメントで、よれよれしていてあんまりぱっとしなくて、でもすごくかっこよくて、ロックだった。

自分的ハイライトは、”Stereo”,”Shady Lane”辺り。”Summer Babe”を聴けなかったのだけが心残りだったけど、でも、最高のライブだった。高校生の頃、バンドやるならきっとこういうバンドをやるんだ!ってかんがえていたのをおもい出したりしてしまった。

●Atari Teenage Riot

ペイブメントのまま前線に残っていたのが間違いだったのだけど、ここですべての体力を使い果たしてしまった。ATRのライブって、ほんとに暴動みたいなのな!しんどいーあついーとおもいつつも、客席ダイブしてきたアレックにはしっかりタッチしてしまったり。

●Freebass

そして誰もが待っていたに決まっている、フリーベース!…いや、じっさい客の入りはもう少なくて(だって、ライブが始まったのがAM3:00とかなのだ)、かなりアットホームな雰囲気になっていたとおもう。フッキーはハイポジでメロディーを弾き、マニはしっかり低音をおさえる、って感じの役割分担になっていて、ベース2本とはいえ、とくに真新しかったり実験的だったりということはなく、ふつうに抒情的で渋めなUKロックになっていた。ボーカルは元Havenの人だった。

アンコールでは、フッキーがボーカルを取って、Joy Divisionの”Transmission”,”Love Will Tear Us Apart”をプレイ。こんなの、盛り上がるに決まってるじゃんねー、ずるいなー、なんて一瞬おもってしまったけど、次の瞬間には喜びのあまりがんがんにジャンプしている自分がいた。ま、この2曲が断トツで素晴らしかったのは間違いない。

 ※

深夜ステージを見終わって、ソニックステージ後ろの床にごろり転がって眠って、始発で帰った。どれもすごくいいライブだったけど、俺はもう最近の若いバンドに興味なくなっちゃってるんだな…としみじみおもわされたのが今回のサマソニだった気がする。リチャード、スマパン、ペイブメント、フッキーにマニ、ってほとんどみんな90年代が最盛期だったバンドの人たちだし、自分にしたって、彼らの音楽が本当に大好きで熱心に聴いていたのは高校生の頃なわけだし…。ああ、こうして人はおっさんへと近づいていくのかも…。


FUJI ROCK FESTIVAL ’10

f:id:hayamonogurai:20100731212816j:image:h170

7月30日、金曜日。会社から帰って、大急ぎでシャワーを浴びて、かばんに荷物を詰めて――ウィンドブレーカ、ジップロック、タオル、ケータイの予備バッテリ、Tシャツ、バファリン――家を出る。新宿で友人と合流して、ツアーバスに乗り込んだのは23時頃。夜行バスで苗場に行けるなんていままでしらなかったけど、これって最高に便利だ。満員のバスの座席におさまって、浮かれた気分でタイムテーブルについて話し合ったり、バンドしりとり、なんてやってみたり。「ストーンローゼズ」「ズボンズ」「ズ…ズートンズ」「……ズワン!」「ンじゃん」…なんてぐだぐだやっているうちに、気がつけばもう消灯時間。

 *

土曜日。朝6時前くらいには苗場に到着した。このところずいぶん不穏な天気が続いていたから心配していたけれど、まずはそこそこいい感じの空模様だ。山の空気は澄んでいて、そこにいるだけで気持ちいい。早速、入口ゲート前の駐車場にて、一服しながらビールをいただく。あーまったく、この幸福感ったらないね…!などとのたまいつつ、タイムテーブルを再度検討。今年は2日目のみの参加なので、この一日を全力でたのしまなければならない。

9時にゲートが開いて、まずはグリーンへ。ステージからあまり遠過ぎない辺りの丘にシートを敷いて、とりあえずベースを確保した。おもしになるようなものをほとんど何も持っていないことに気づいて、ちっちゃい折りたたみ椅子とか、持ってくればよかったなーとおもう。まずはレッドマーキーで日本のバンドをちらり眺めて、オアシスで鮎の塩焼きとかカレーとか食べたりする。いい感じに暑い。

 **

そうして昼過ぎ。Dirty Projectersを見る、って友人と別れて、ひとりグリーンの最前線へ。今回のお目当のひとつ、John Butler Trioだ。ジョン・バトラーはとにかくめちゃめちゃギターがうまくて、ひとりでもじゅうぶん過ぎるくらいのグル―ヴを作り出してしまうのが凄い。もちろんドラムとベースも抜群だけど、でも、ジョンを的確にサポートすることに徹していて、あんまり前には出過ぎない。そんなところがよかった。まあなにしろ、野外フェスで聴くにはぴったりの味わい深いサウンドだ。新譜からの曲が多めのセットリストだったけど、全体的に素晴らしかった。ラストはやっぱり、”Funky Tonight”。3人でドラムを叩きまくって終演。

あらかじめ確保しておいたシートに戻って、友人と合流。うつらうつらしながらのKula Shaker。俺は冒頭3曲とラスト3曲くらいしかちゃんと聴いていなかったけど、”Hey Dude”とか”Hush”とか、懐メロを聴けてそれなりに満足。友人は、キーボの人がすげーいいよ!って興奮していたっけ。

 ***

で、いよいよヘヴンに移動。あーやっぱり、ここがいちばん落ち着くわーとおもう。肉やらビールやらを胃のなかにがんがん流し込みつつ、Kitty Daisy&Lewis。音もルックスもまんま50’sロカビリースタイル、って感じなのだけど、素直にたのしい、っておもえる音楽だ。CDで聴いたときにはいまいちぐっとこなかった曲たちも、野外でみんなで踊りながら見るとこんなにたのしいんだな!っておもって、ああ、フジに来れてよかった、としみじみした。なんていうかもう、ヘヴンじゅうに溢れるゆるい多幸感が素晴らしかった。

夕方、ちょっとだけ涼しくなってきた頃に、Trombone Shorty & Orleans Avenue。これは予想外にかっこよかった!なにしろ、メンバー全員が、最高のテクニックでもってへヴィなニューオーリンズ・ファンクを炸裂させまくりなのだ。トロンボーンもサックスも、ベースもギターもドラムスも、すべてが強靭で自由自在で、ひたすらにファンク。バンドはどこまでも高らかに音楽を鳴らし続け、観客はひたすらに手を叩き、ジャンプし、踊り続ける。もうこれが永遠に続いてもいい…っておもえるくらい、素晴らしい時間だった。個人的には、彼らが今回のベストアクト。そうそう、辺りが暗くなってきたステージ終盤では、ライトに群がる虫の数が凄いことになっていたな。

ホワイトに行くっていう友人とまた別れて、ヘヴンに残る。トロンボーン・ショーティが終わった辺りから雨ががんがんに降ってきていて、KEENのトレッキングブーツを履いてきてよかった…と心の底からおもう。そうしてラストはDerek Trucks & Susan Tedeschi Band。

スーザン・テデスキの歌声はアレサ・フランクリンばりにブルージーで、デレクのギターはめちゃめちゃクール(ついでに、デレクは顔もめちゃめちゃクール。ほとんど表情ひとつ変えないのだ)でかっこいい。その2人をバンドがゆったりと支えている感じ。演奏はジャム的な要素が強いのだけど、スリリングっていうよりはどこか安定感、安心感のあるライブだったようにおもう。まあ、トロンボーン・ショーティで盛り上がり過ぎてしまったせいで、そんな風に感じたのかもしれないけれど。とにかく、デレク御大のスライドバーから放たれる無限の音色がヘヴンの夜空に広がっていく様子は――夜空はどんよりとした雨空だったにせよ――ひどく心地よく、美しかった。なにしろそこには夜があり、闇があり、そして音楽があったのだ。

 ****

MGMTで立ったまま爆睡した(!)という友人と合流して、入口ゲート近くで名残惜しげにピザなんか食べつつ、ツアーバスへ。バスは深夜1時に苗場を離れ、始発の電車が動き始める頃には新宿に到着した。帰り道、1日でもじゅうぶんたのしめることがわかったのはよかったけど、やっぱり来年からは有給取って3日間参加したいよなー、なんて話をふたりでずっと話していた。


Super Furry Animals@SHIBUYA-AX

Dark Days / Light Years

去年のサマソニ以来のSFA来日!ってわけで、有給をとって万全の態勢で臨んだ超もじゃもじゃ動物たちのライブ。今回も期待を裏切らないたのしさで、とてもよかった。彼らのライブを見るのはもう4回目になるけど、例によって会場内はまったりムード、曲はちょぴりひねったポップ、メンバーのルックスはヒゲorハゲ、ウェールズ訛りのMCは超聞き取りづらい、「拍手」,「最高」,「DANKE」なんて書かれたプラカード、みんなでピロロローってやる”New Song”、シメは定番の2曲でアンコールはなし、と、あーいつものファーリーズだね、って安心感に若干の物足りなさを感じつつも、全体的にはやっぱりハッピーな気分で見ていられた。

少しだけ残念だったのは、序盤の出音があんまりよくなかったこと。ああ、こんなに盛り上がる曲をやってるのに音が微妙なんて…とおもわずにいられない瞬間が、正直何度かあったような気がする。

以下セットリスト。

Slow Life
Rings Around The World
Golden Retriever
Hometown Unicorn
Mt.
Moped Eyes
Demons
If You Don’t Want Me To Destroy You
Inaugural Trams
The Very Best Of Neil Diamond
White Socks/Flip Flops
Ice Hockey Hair
Zoom!
Hello Sunshine
Juxtaposed With U
International Language Of Screaming
God! Show Me Magic
Neo Consumer
Crazy Naked Girls
The Man Don’t Give A Fuck
Keep The Cosmic Trigger Happy

新譜からの曲は意外に少なかったようにおもえたけど、”Crazy Naked Girls”とか”The Very Best Of Neil Diamond”は、アルバムよりずっとかっこよかった。あと、”Ice Hockey Hair”をはじめて聴けたのもうれしかったなー。

ライブ終了後、AXの外で一服しながらおもい出していたのは、2年前、リキッドルームではじめてSFAを見たときのことだった。正直いまはあの頃みたいに彼らの音楽に熱狂してはいないし、あの日グリフがヴォコーダーで「ジャークスタポーズドウィージューー」って曲紹介したときの、全身をアドレナリンが駆け巡るような感覚はもうきっと得られないんじゃないかって気がするけど、それでもやっぱりライブはたのしいし、これからもぜったい見逃したくない!とかおもったりしたのだった。


『Never Cry Another Tear』/Bad Lieutenant

ネヴァー・クライ・アナザー・ティアー

ニュー・オーダーのバーニーの新バンド、バッド・ルーテナントのデビュー作。どうせニュー・オーダーじゃないし…って、俺はスルーしてしまうつもりでいたのだけど、渋谷のタワレコでこのアルバム一曲目のイントロがかかった瞬間、これは!バーニーのメロディだっ!!っておもって試聴もせずにCDを持ってレジに直行してしまったのだった。

ニュー・オーダーが好きなひとならきっと誰しも、期待が半分恐れが半分という感じでこのアルバムを聴くのだろうとおもうんだけど、やっぱりというか残念ながらというか、このアルバムを聴いたことでいま再びニュー・オーダーのミラクルっぷりを見せつけられたような気分になってしまった。すぐれたバンドっていうのが、いかに微妙なバランスの上で成り立っているのか、ってことをおもいしらされた気がした。

メロディーというか曲の構成は、聴けば一発でああバーニーだなって感じさせるものだし、歌詞だって20年以上前と同じようなことしか歌ってない。だからそれだけでもじゅうぶんいいじゃん、って言えばまあそうなのだけど、でも、どの曲もニュー・オーダーで演れそうなだけに余計に、このリードギターがフッキーのベースだったら最高なのに…とかんがえずに聴くことができなくなっていってしまうのだ。

とはいえ、衝動的にこのアルバムを買ってからひと月近くというもの、俺はなかなか熱心にこのアルバムを聴き続けている。あともう1プッシュ足りない、でもこうやって聴いてるうちにこの新バンドならではの何かが見つけられるかもしれないし…なんておもいながら。そういう時間もなんだかんだでたのしかったりするのだ。だいたい、ニュー・オーダーが活動を止めてもなお現役でアルバムを出してくれる、ってだけでも素晴らしいじゃんね、というのはたしかなのだし。


D


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive