タグ ‘ Alternative & Punk

『ピクシーズ/ラウド・クァイエット・ラウド』

ピクシーズ/ラウド・クァイエット・ラウド [DVD]

吉祥寺バウスシアターにて。2004年、およそ10年ぶりになるpixies再結成の決定からツアーの模様までを追ったドキュメンタリー。解散後、各メンバーはどこでどんな風に過ごしてきたのか?いろいろあったはずのメンバー間の確執は解消されたのか?そもそもなぜ再結成することになったのか?…といったところが通常ならば濃密なドラマを生み出していくところだろうけど、ここにはドラマ的なるものはほとんど存在しない。少なくとも、ほとんど存在しないように見える。まあ、ものすごく淡々としたドキュメンタリーだと言っていいだろう。

というのも、この4人はなにしろしゃべらない。とくに、大事なことについては何もしゃべらないのだ。それはあたかも、会話での意思疎通というやつをいちばん根っこの部分で諦めてしまっているかのよう。とにかくみんな、4人が4人とも、相手の懐に入ることを恐れ、遠慮がちにコミュニケーションを取っているように見える。キム・ディールが双子の姉のケリーに「あんたたちって最低のコミュニケータだよね」なんて言われるシーンがあるけれど、これでよく再結成してやっていけてるよな…っておもわず感心してしまうくらいだ。

けれど、ひとたびステージに上がってしまえば、目の前には熱狂的なオーディエンスがぎう詰めになっているわけで、彼らはそれに煽られるかのように、その手足を、喉を、全身を使って音楽を生み出していく。それはまぎれもなく、あのピクシーズの音、ひりひりとしてのどごしの悪い、けれど無類にポップな、あの音に他ならない。バンドの再結成というやつ全般に対して俺はあまり好感情を抱いてはいないのだけど、この映画に映し出されているのは、観客が求めるのと同じくらい強く、ピクシーズというバンドであることを求めている4人の姿であるようにも感じられて、そんなところにちょっとぐっときてしまった。連帯感とか一体感とか以心伝心とか、そんな言葉から遠く離れたところにいるような4人の中年が、ステージの上でだけは10年前と同様に、ひとつのバンドとして自由にロックできる。そういうのって、とても幸福なことなんじゃないだろうか。


Passion Pit@Duo Music Exchange

f:id:hayamonogurai:20100213000031p:image:h170

2月5日、渋谷にて。Passion Pitのエレクトロサウンドから俺がまずおもい浮かべるのは、真空の宇宙でひとり膝を抱えているような、なんとも弱々しいイメージ、もの寂しげな感覚だ。そして、それに付随するようにして、闇のなかで不意に小さな星がちらっと瞬いて消えるような、一瞬だけ身体の芯の部分に何か熱いものが触れ、でもそれはすぐに去ってしまいやはりそのまま真空のなかに取り残される、っていうような、一連のイメージも浮かんでくる。フロアを簡単に揺らすことのできるアッパーでポップな曲でも、どこかはっきりと断絶している感じ、ひとりであることを強く感じさせるような雰囲気がある気がする、とでも言ったらいいのかな。そんなイメージは、YouTubeではじめて”Sleepyhead”を聴いたときからもうはっきりと自分のなかに染みついていたし、今回大勢のオーディエンスと一緒に彼らの音楽を聴いていてもそれが変わることはなかった。

ライブは”I’ve Got Your Number”でゆるやかにスタートし、後半に向けて徐々にバキバキの音が増していく、って構成になっていて、満員の会場が少しグルーヴしていくのが心地よかった。高音ボーカルの再現性はかなり高く、演奏も全体にとても安定していたのだけど、ギター、ベース、ドラムのいる編成のわりに出音はエレクトロサウンドが中心なので、ライブならではの、って要素があまり見られなかったのは少し残念な気もした。全体で1時間ちょっと、って短さは、まあ新人だから仕方ないけれど、もっと疲れるくらいまで踊らせてほしいかなーとはおもった。

個人的なハイライトは本編ラストの”Little Secrets”と、アンコールの”Sleepyhead”。この2曲は本当に素晴らしいとおもう。どうしようもなくセンチメンタルでキラキラとしていて、がんがん盛り上がるくせにどこか情けない感じのする音楽で、ポップの魔法を感じる。

以下、セットリスト。

I’ve Got Your Number

Make Light

Better Things

The Reeling

Moth’s Wings

Swimming In The Flood

To Kingdom Come

Let Your Love Grow Tall

Folds In Your Hands

Smile Upon Me

Little Secrets

———-

Eyes As Candles

Dreams

Sleepyhead

そうそう、カバーでクランベリーズの”Dreams”をやってくれたのだけど、イントロが流れ出した瞬間、俺のちょうど目の前にいた女の子が、うきゃーーーーー!!!ドリームズっ!!だよっ!!まじかっ!!超うれしいいいーー!!!とかなんとか叫んでそれまでの3倍いくらいの勢いでジャンプし始めたものだから、なんだかつられてとってもハッピーな気分になってしまったことも、忘れないようにつけ加えておこうとおもう。

Manners


”Put The Lights On The Tree”/Sufjan Stevens

そんな5枚組ボックスのなかの2枚目のCD『Hark!』より、ビデオがキュートな”Put The Lights On The Tree”を貼っておく。


D

ツリーにライトをまきつけて

リースにリボンをくっつけて

もしおばあちゃんがたったひとりで暮らしているのなら

電話してあげるんだよ

神さまはここにいるんだって伝えてあげて

なにもこわいことなんてないんだって教えてあげるんだよ

もし彼女が電話越しに泣いていたら

もう家に向かってるところだよ、って教えてあげるんだよ


『Songs For Christmas』/Sufjan Stevens

Songs for Christmas

気がついてみれば、そろそろクリスマス。白や黄色や青の光に彩られた夜の街で、恋人たちは寄り添って歩き、子供たちはサンタクロースの来訪を心待ちにしながら眠りにつく…いつの間にか、もうすっかりそんな時期になっていたなんてね!いまの俺の仕事はシステム保守なので、今年のクリスマスが何曜日だろうが何だろうがあまり変わり映えのしない日々――トラブルの電話に戦々恐々とする――を過ごしているわけだけれど、でもちょっとくらいこの季節のうきうき気分を味わったっていいじゃない!ということで、今週くらいは、この日記でもクリスマスっぽい作品を取り上げていってみようかなとおもう。

 *

この季節に毎年よく聴いているのがこれ、スフィアン・スティーブンスの『Songs For Christmas』。クリスマス曲ばかりが入った5枚組ボックスだけど、内容的には1枚ずつで完結しているので気軽に聴ける作品だ。バンジョー、マリンバ、アコギにホーンのシンプルな演奏にスフィアンのあのかすれた歌声が乗る、ってもうそれだけで素晴らしいに決まっているのだけど、トラディショナル・ソングやキャロルがいっぱい取り上げられていたり、宅録のルーズな味わいもあったりで、かっちり構築されて緊張感のあるスフィアンの最近のアルバムと比べるとずっとくつろいだ雰囲気になっているのがまたいい。

ちなみに、俺は夜ベッドに潜り込んで、ふうーきょうも疲れたな…なんておもいながら眠りにつく、ってときにこのアルバムを小さな音でかけることが多いのだけど、そういう疲労感とか眠気とかにもじつにぴったりくる音楽だ。優しく、穏やかで、でもちょっと暗くて。


The Charlatans@LIQUIDROOM

f:id:hayamonogurai:20101130220030j:image:h170

マッドチェスター(ほぼ)唯一の生き残り、The Charlatansの単独に行ってきた!俺よりもうちょい上くらいの年齢層がメインの会場は、さすがにぎう詰めとまではいかなかったけれど、その代わりにとってもアットホームな雰囲気で、多幸感が溢れるようだった。

なにしろ、オープニングから”Then”に”Weird”って、もうこの時点で、きょうのライブ見れてよかった…!って気分にさせられちゃったわけだけど、新旧をうまく取り混ぜたセットリストはとにかくいい曲のめじろ押しで。”One To Another”、”Tellin’ Stories”なんてもう、最高だった。ハモンド・オルガンを中心にしたバックの演奏がとにかくかっこいい。

本編ラスト近くの”North Country Boy”では、それまで観客として会場内にいた(…とおもう。何度かすれ違ったし)カール・バラーがゲストとして登場。ティムにべったべたにくっつきながらカラオケのノリでサビをてきとうに歌い、ふらふらと去って行ったり、なんてサプライズもありつつ、たのしい時間はあっという間に過ぎていったのだった。

脳腫瘍で療養中のジョンがいなかった――サポートはThe Verveのドラムの人だった――のと、個人的にいちばん好きな4枚目と8枚目から1曲も演らなかったのは残念だったけれど、それ以外はまったく文句なし。安定感があり、それでいて、次は何を演ってくれるんだろう…ってどきどきできる、素晴らしいライブだった。ティムはロックスター然として若々しく(髪の毛はなんかもじゃもじゃですごいことになってたけど)、他のメンバーはクールに落ち着いてて、UKロックの王道って感じでかっこよかった。フェスとかでもいいから、これからもちょくちょく来日してくれるといいんだけどなー。

以下、セットリスト。

Then

Weirdo

Can’t Get Out Of Bed

Blackened Blue Eyes

Smash The System

You’re So Pretty – We’re So Pretty

One To Another

Your Pure Soul

Tellin’ Stories

My Beautiful Friend

Oh! Vanity

My Foolish Pride

Intimacy

The Misbegotten

The Only One I Know

North Country Boy

This Is The End

———————————-

Love Is Ending

Sproston Green

それにしても、11月後半は往年のUKロックバンドが来日しまくりで、twitterとかでの盛り上がりっぷりが本当に凄かった。アッシュにシャーラタンズにマニックス、あとジャミロクワイも来てたんだっけ(この辺、ぜんぶ見たい!って人はさぞかし大変だったろうとおもう…)。まったく、いまって2010年なんだぜ!って言いたくなるよね…。

Who We Touch


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive