タグ ‘ 実用書

『読書の腕前』/岡崎武志

読書の腕前 (光文社新書)

書評家による、読書についてのエッセイ。なんか読書のモチベーションが下がってきてるなー、ってときには、こういう、本についての本、読むことについての本を読むのがいい。巻末には、著者の選んだおすすめ本も載っていたりして、読書欲が刺激される一冊。

なぜ人は本を読むのか。また、読まなければならないのか。

これは難しい問題である。ほんとうはちっとも難しくなんかないのだが、他人に説明するのは難しい。(p.20)

だよなー、ほんと、その通りだとおもう。この本でその答えが明確に示されているわけではないけれど(あたりまえだ!)、著者の読書に対する情熱は、生きることそのものにほとんど直結しているかのようで、その筆致はなかなかに熱い。

読書に費やしたこれまでの膨大な時間を、もっと別の有意義なものに置き換えられなかったのか。そんなふうに悔やんだことは一度もない。一度もない、といま気づいたことに驚いている。ほんとうに、一度もないのだ。そうして生きてきたのだ。だから、明日からも同じように生きていく。(p.259)

俺にとっても、本を読むのは昔からすごく大切なことであり続けているけど、でも、読書に費やした時間を後悔したことって、やっぱりあったよなー、とおもった。読書というのは、必ずしも“生産的”とは言い切れない行為であって、でも世の中では往々にして“生産的”であることが求められているわけで、だから、あーもうー、本なんか読んでどうしようというのか…、ってきぶんになったことって、読書がすきな人でも一度くらいはあるんじゃないかとおもう。たぶん。そういう読者にとって、こういう全肯定はとても清々しいし、なんだか眩しくもある。

なぜ読むのか。なぜ読むことが大切なのか。そういうことを知ろうとするときに、読むって行為にどんな意味があるのか、どんな価値があるのか、なんてことばっかり言いたがる人がいるけど、それだけをかんがえていても仕方がないようにおもう。以前に、なんで日記を書きたいっておもうのか、って話を書いたけど、それと同じことで、単純な意味とか価値とかいうのが、人を何かに駆り立てるきもちのなかでいちばん重要なものだなんて、とても言えないような気がする。

だから、「~のための読書」みたいな物言いって、俺はあんまりすきになれない。何でもかんでも、“~のため”っていうような、はっきりとした目的なり意味なりがなくちゃいけないのか?利益のないところには動機はないってわけか?なんか、そういうのって安易だし、貧しいかんがえかたな気がするんだよなー。わかんないけど。


『なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?』/吉田典生

なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?

この本で書かれているのは会社組織の話だったけど、2年ほど前に読んだときに、あーこれっていろいろ応用がききそうだな、とおもっていろいろメモしたりなんかしていて、それをさっき見つけた。今日は、ちょっとそのメモからまとめてみようとおもう。

この本でいう、「できる人」とは、自分のちからで、求められている役割に答えられる人のことだ。

仕事への意欲が高く、目的意識が明確な人。こういう人には、できる→達成感→自己信頼、という成長のスパイラルが起きやすい。

逆に「できない」人には、そのようなスパイラルは起こりにくいし、目標達成へのイメージの描きかただって、当然できる人とは異なるものになってくる、とのこと。なるほど、まあそうなんだろうな。

「できる人」は、自分が「できる人」になっていく過程において、きっと平均レベル以上に努力し、その分重責を与えられ、さらに努力をかさねてきた。けれど、組織にはどうしたって「そこそこの人」や「できない人」がいて、彼らはいわば足をひっぱられることになる。

しかし、あたりまえだけど、「できる人」とは相対的に「できる」のであって、組織全員が「できる人」になることはできない。そして「できる人」は必然的に組織のリーダー的存在になっていくことになるけれど、その位置では価値観のちがう人の可能性、というものが見えにくくなってくる。たとえば、課題を苦しみながらもこなしていっている「できる人」は、仕事を醒めた目で見ている「できない人」には我慢がならなかったりするだろう。でもその怒りを相手にぶつけてみたところで、「できない人」のきもちは、そうかんたんには変わらない。闇雲に相手の価値観を否定したところで、「できる人」と「できない人」のあいだの溝が深くなっていってしまうだけだ。課題の遂行を意識するあまり、相手のかんがえや状況を度外視して、あたらしい、さらなる行動を促してしまう。「ねえ、どうすれば、やる気になってくれるの??」しかし、やるべきことを教えることと、やる気を起こさせることとはまったく別の問題だ。

という感じに「できる人」と「できない人」の違いがまとめてある。そして、いよいよじゃあどうしたら「できる人」を育てられるようになるのか?という、いちばん肝心な段階に至って、この本は一気に具体性をなくしてしまい、求心力もなくなってしまうのだけれど、

「伝えるだけ」ではなく、「伝わること」に目を向けること。

ということが書いてあって、あーそれはそうだよなあ。と俺はなんだか納得してしまったのだった。よかれとおもってやっていることがなかなか伝わらない、というのは誰だってもどかしい。だけど、伝わらない、という状況でヒステリックにならず、落ち着いて相手の立場や状況を想像してみること。そういうことが「できる人」には求められてくるのではないか。おまえなー、それができないから苦労してるんだろー、わかんねーんだよまじで、という声が聞こえてきそうな気もするけど、やはり、求められているもの、イラっときたときにこそ働かせるべきものは、想像力と寛容さなんじゃないかなーとおもってしまう。

まあでも、正直、俺はひとつの組織のなかでみんながみんな同じ方向を向いていたらつまんないじゃん、っておもってしまうところもある。必死になってやらなきゃ、大変なんだからさ!って人はもちろんぜったいに必要だけど、それだけじゃないでしょ、っていうか。なんかもっと、すこし距離を持っていられる人の存在を、どのくらいの寛容さをもって許容できるかってところで、その組織が最終的に豊かなものであるかどうか、っていうのが測れるような気がする。

たぶん、俺みたいなかんがえかたは、課題の遂行、っていういちばんの目標の前でなに甘いこと言ってんだおまえ、ってことになるんだとおもう。協調性とか、社会性みたいなの、あんまりないしさ。ただ、そういうかんがえかたもあるんだ、ってことを「できる人」がわかっていたほうが、きっといろんなことがうまくいくんじゃないかな、ともおもう。むずかしいところだけど。


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive