タグ ‘ ロバート・ロドリゲス

『プラネット・テラー in グラインドハウス』

ロバート・ロドリゲス監督『プラネット・テラー in グラインドハウス』を見た。ゾンビ映画です。すごくおもしろかった!B級ホラー、アクション、エログロ映画へのオマージュとしての、映画についての映画、だといえそう。見ているときに、「あー、こいつはこうなるんだろうなー」とおもうことがほとんど外れない、ベタな展開がとにかく目白押し。でもそれがふつうにたのしめてしまうのは、そういうB級感、キッチュ感やベタな展開に対する愛が(ふつう以上に)あるからなんだろうなー、とおもった。

物語はひたすらにばかばかしく、ゾンビは必要以上にきもち悪く、アクションは最高に爽快で、見ていてとにかくたのしい。グロいし、人もどんどん死んじゃうけど、なんかわらって、しかもどこか安心して(というのは、ストーリーが予想をけっして裏切らないから)見ていられる。

ヒロインが義足のマシンガンをぶっ放すシーンなんか、わらっちゃうけど、でも文句なしにかっこいい。あきれるほど爽快。ミッシング・リールによって、ストーリー中盤がばさっと切られているのも、「あー、俺さ、そういうだるいところって、あんまり興味ないんだよねー」と言っているようで、すごくいいとおもった。

「やっぱ、なんだかんだいってもさ、みんなこういうのすきでしょ?ゾンビがうようよ出てきて、ひとがいっぱい死んで、セクシーな姉ちゃんが銃とか撃ちまくってさ、あーもーほんとくだらねー、とか言いつつゲラゲラわらって見るの。ぜったいたのしいじゃん、そういうの。」という映画なんじゃないかな。高尚さなんて、かけらもない。まあ、俺はこういうの、かなりすきです。


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive