タグ ‘ ロアルド・ダール

『オズワルド叔父さん』/ロアルド・ダール

『オズワルド叔父さん』/ロアルド・ダール

ダールの長編。オズワルド叔父さんなる男――「鑑定家、陽気なお人好し、蜘蛛と蠍とステッキの蒐集家、オペラ愛好家、中国磁器の権威、女たらし、それにたえて偉大なる姦夫でなかったためしはない」男――がいかにして巨万の富を築くに至ったか、についての物語だ。若きオズワルドは、スーダン産のブリスター・ビートルなる甲虫から超強力な媚薬を作り出せることを知り、それを使ってひと儲けすることに成功する。それだけでは飽き足らない彼は、媚薬を使ってヨーロッパ中の国王、ルノアールやモネ、プッチーニ、プルースト、フロイト、バーナード・ショーなどといった超一流の男たちから精液を回収、これを冷凍保存し、売り捌くことで億万長者になってやろうともくろむのだが…!

上記の通り、プロットは無駄に壮大でどこまでもばかばかしい、お下劣で人を食ったほら話という感じなのだけれど、ダールのリズミカルで快適な文体は読んでいてひたすらにたのしい。精液奪取のアイデアやその実践の顛末が延々とコミカルに語られているだけなのだけど、完全に頭をからっぽにして読んでしまえる。

だからもちろん、この物語には教訓もなければ人生において役に立つ何らかの知識などといったものもない。あるのは、セックスと嘘と金、美酒・美食とそれにまつわる情熱のみ。ひたすら下品な題材だけを扱っているのに全編通して軽妙洒脱でニヤッと笑える、まさにエンタテインメントってこういうことね、と言いたくなる作品だった。

生涯のこんな若い時期でさえ、わたしが興味を抱くのは新しい女性だけだ、とすでに心に決めていた。二度目はいけない。探偵小説を再読するようなものだ。次に何が起こるのかちゃんとわかっている。つい最近、マドモアゼル・ニコルを再訪問して、この習慣を破ったという事実はちょっと事情がちがう。それは単に、ブリスター・ビートルの粉を試すためになされたことなのだ。ところで、女は一度だけという原則は、わたしが人生で厳しく遵守しているもので、変化を好むすべての行動的男性に勧めていることである。(p.75)


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive