タグ ‘ ラース・フォン・トリアー

『マンダレイ』

マンダレイ デラックス版 [DVD]

DVDで。『ドッグヴィル』につづく、ラース・フォン・トリアー監督の“アメリカ3部作”の第2作目。前作ほどの衝撃はなかったけど、これまた非常にかんがえさせられる映画で、おもしろかった。前作が人間の普遍的ともいえるような弱さや愚かしさを中心に描いていたのに比べると、今作はぐっとターゲットを絞っているように見える。トリアーがはっきりと批判しているのは、現在のアメリカを動かす保守政党、そしてリベラリストたちだ。

物語は前作からつづいている。父親たちとともにドッグヴィルを出たグレース(ブライス・ダラス・ハワード)は、南部のマンダレイという農園へとたどりつく。そこでは、奴隷制度廃止から70年たったいまでも、白人による黒人奴隷制が敷かれていた。グレースは自らの信念にしたがって奴隷を解放、民主主義をマンダレイに広めようと試みる。

『ドッグヴィル』においては、グレースの傲慢さは彼女の精神的な強さとしてあらわれていたようにおもうけれど、今作では、その傲慢さの脆弱な側面がはっきりと映し出されている。物語がはじまってすぐ、マンダレイの奴隷制度を撤廃するためにグレースがとるのは、ギャングによる武力制圧という方法である。ドッグヴィルでの経験をふまえて、彼女は、まず「悪」を駆逐することが重要だとかんがえるようになったわけだ。このあたり、現在のアメリカのイラクに対する表向きの態度に符号するものだといえるだろう。そんな彼女の態度というのは、はっきり言ってしまえばむちゃくちゃであり、全面的に共感できるようなものではない。いったい彼女は何をしたいのか?彼女を駆り立てるものは何なのか?ってかんがえてみると、それはまさに、彼女の欲望――自らの信念を貫きたい、それが間違っていないという確信を得たい、という――に他ならないんじゃないか、っておもわれてくる。そして、その信念とは、世の中をよくしたい、というような、うつくしくはあるが、しかし素朴ともいえるようなものだ。

グレースにとってもっとも重要なのは、おそらく、“正しさ”という概念なのではないだろうか。正義、といってもいい。しかし、マンダレイの黒人たちにとって、彼女の“正しさ”がひとしく正しいものだとは必ずしも言えないし、ラース・フォン・トリアーにとってはおそらく、世界に“正しさ”なんてものはない、あったとしても、現実にはそんなものよりももっとたいせつなものがあるはず、ということなのだろうとおもう。トリアーは、グレースの方法は間違っている、という主張をあくまで論理的に描いてみせる。このあたりがやっぱりこの映画のいちばんの見所で、グレースがよかれとおもってとる行動は、ことごとく裏目にでることになる。彼は、グレースを辛辣な視線でもって映し出すことで、具体性、現実性に欠けるリベラリストたちの態度を厳しく批判してみせるのだ。俺は、「アメリカ例外主義」を批判する、チョムスキーの主張をおもいだしたりなんかした。

まあ、正直言って、グレースはあまりにも無邪気というか、ずいぶんと素朴なリベラリストであるように見えてしまったので(それは、トリアーの視線がはじめからあまりに辛辣すぎるからかもしれないけど)、彼女のかんがえかたや態度にはほとんど共感できるところはなかった。でも、あくまでこれは3部作の2作目、って位置づけなのであって、3作目でグレースがどう化けるのか、なかなかたのしみでもある。それまでに、リベラルの主張についてももうちょっと知らなきゃだめだな自分、とおもう。


『ドッグヴィル』

ドッグヴィル スタンダード・エディション [DVD]

DVDで。見たのは2回目なのだけど、あらためて、俺はこの映画がすごくすきだとおもった。人の醜い部分がいっぱい描かれる、なかなか嫌な気分になる作品ではあるのだけど、見終わった後には、それだけでは言い尽くせない、なんとも複雑な感情が残るし、ひどくかんがえさせられることになる。見終わった後に、それについて誰かといろいろ話したくなる映画ってあるけど、まさにそういうタイプの作品だ。

物語は、山あいの小さな村、ドッグヴィルにひとりの女(二コール・キッドマン)が逃げ込んでくるところからはじまる。グレースという名のその女は、どうやらギャングに追われているらしい。村の住人たちは彼女を匿ってやることにするのだけれど、そのためには“2週間のうちに、村人全員から気に入られること”という条件があった。グレースは条件をクリアすべく、村人たちに“してもいいとは思うけれど、特にする必要もないこと”を肉体労働で提供していくことにする。

ストーリーを展開していくナレーションには、はじめから皮肉な感じがこもりまくっているし、また、かんたんに感情移入できるような登場人物も存在しない。ドッグヴィルの住人たちは、どのような意味においても“きわめて素朴な人々”として描かれているけれど、しかし、彼らがとる行動のひとつひとつは、彼らの弱さや醜さといったものを、確実に晒しだしていく。ただそれは、きっとどんな人も持っている、ある種の普遍性をもった弱さであり醜さだ。だから、それを見るものの胸の奥には、物語の進行とともに、すこしずつすこしずつ、不快な澱のようなものがたまっていくことになる。

「この町は腐ってる/何から何まで/谷底に消えちまえばいい」

「人はどこでも同じと思い知った/獣のように貪欲だ/エサを与えれば腹が破裂するまでむさぼる」

って登場人物の台詞があるけど、見ているうちに、だんだんとそんな気分に近づいてくる。もう、とにかく不快。こいつら、そろいもそろってまじ最低じゃん。むかつくなー。むかついてしょうがない。でも、画面に映し出される住人たちのそんな最低っぷり、弱さ醜さっていうのは、まさに自分自身の弱さ醜さでもあって、だから余計に気分が悪い。欲望を正当化しようとする自己欺瞞の感じなんか、とことん嫌になる。でも、そこがおもしろくて見てしまう。そこにはきっと、不快感と快感とのアンビバレンスがあって、そのバランスが絶妙なポイントで保たれている。

でもやっぱり、むかつくものはむかつくわけで、嫌なきもちはどんどん大きくなっていく。そして、もうほんと、こいつら最低すぎる!って気分が限界まで高まったところで、物語には、半ばやけっぱちのようなカタルシスの瞬間が訪れることになる。それは、「この世には、正義も悪もない。なんであれ、ものごとを決定するのは、とにかく物理的なちから、それしかありえない。ちからを持つものだけが、その正義を実践することがでるのであって、ちからのないものが唱える正義なんてのは、単なる寝言に過ぎない」って言い放ちたくなる、そんな瞬間だ。でも、そんな主張に完全にはのっかっていけないところもやっぱりあって、だからこのカタルシスの瞬間も、なんだかアンビバレントな感情を内包したものになっている。

エンドロールに流れるのは、デヴィッド・ボウイの”Young Americans”。なんとも絶妙なチョイスだ。この映画のキーワードのひとつは、傲慢、ってことばなのだけれど、作品全体からにじみ出ているラース・フォン・トリアーの不遜さ、大胆さっていうのは、やはり傲慢ともいうべきものだろうとおもう。でも、そこがすばらしい。彼の人間を見つめる視線には、ぬるいところが全くない。そこが実にかっこいい。


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive