タグ ‘ マーティン・スコセッシ

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

ずいぶん以前に、早稲田松竹にて。ディカプリオのドヤ顔がたくさん見られて――しかしこの人は本当にいろいろなドヤ顔を持っている!――それだけでもおもしろい、マーティン・スコセッシ作のブラックコメディ。これもまた実話をもとにした作品なのだけれど、『ブリングリング』と比べると、ずっとエンタテインメント性が強く、下品で、爽快感のある作品に仕上がっている。もぐりの株式ブローカーとして成り上がった後に証券会社を設立、株価操作などの違法行為によって若くして巨万の富を築き、ウォール街のウルフと呼ばれた男、ジョーダン・ベルフォートの一代記。

『ブリングリング』の主人公たちと異なっているのは、主人公のジョーダンが、自分の行っていることは端的にペテンであり詐欺であり欺瞞であり、自分はまったく倫理観に欠けた不道徳で最低な男であり、金は天下の回りものであり、金では愛や友情こそ買えないがしかしそれ以外のものであれば大抵うまく動かせてしまうのであり、自分の仕事はどうかんがえたって空虚なものだが、それを言うならその空虚とは資本主義社会のど真んなかにぽっかりと広がっているものに他ならないのであり、自分は金を回して増やすというサイクルやドラッグやセックスにまったくの中毒になっているのであり、それらもやっぱり空虚なものではあるのだけれど、じっさい大抵の人間の人生などというのはそのような空虚を巡って右往左往するものなのであり…といったもろもろを完全に理解しつつも、それでもやっぱりハイになるのはやめられないぜー、ってどこまでもクレイジーに突き進んでいくというところだ。

ジョーダンの姿は資本主義のヒーローにもヒールにも見えるし、じっさいそのどちらでもあるのだろうけれど、彼の姿が輝いて見えるのは、彼がどこまでも己の信念、己の欲求というものだけに忠実で、他の誰にもその邪魔はさせない、という強さを持っているからだろう。その信念と欲求の強さの表れが、ディカプリオのドヤ顔に収斂されるところに、この物語の明快で筋の通った感じがよく現れているようにおもう。とにかく笑わせてもらったし、すごく好きな映画だった。


『シャイン・ア・ライト』

f:id:hayamonogurai:20080701182713j:image:h170

吉祥寺バウスシアターにて。ストーンズの2006年のライブをスコセッシが撮影したライブ映画で、とにかく音がいいし、映像がいい!”Jumpin’ Jack Flash”で始まるライブのオープニングから、もうひたすらたのしすぎる!!ただ、こんなにつんのめるような腰にきまくるグルーヴなのに、席から一歩も動けないし声も出せないし、っていうのは正直ちょっと辛いよなーともおもった。

じっさいのライブそのものとは違う、映画ならではの仕掛けとしては、カメラが切り替わって特定の楽器やプレイヤーを映し出してアップにするのに連動してその楽器の音量もアップされる、っていうのがある。これがいい。臨場感、とは違うのかもしれないけど、ふしぎな迫力があっておもしろい。カメラは結構目まぐるしく回るのだけど、それは演奏中にストーンズの4人のあいだでどのようなコミュニケーションが行われているのか、その真実になんとか迫ろうとでもいうよう。キースとロンの2本のギターの絡みっぷりとか、よかったなー。

チャーリー・ワッツのドラムをもうちょっと映してくれてたら最高だったのに…とおもわないことはないけど、全体にめちゃめちゃテンションの高いライブ映像で、これこそまさに映画館で体験するべき映画、という感じ。ミックの動きのキレっぷりは本当にどうかしてるし(一瞬たりとも踊りをやめない)、キースはもう崩れまくったすごすぎるルックスだけど、よくわからない存在感があってやたらとかっこいい。なんつうか、ギター引いてる姿が美しく、神々しくすらおもえてくるくらい。とにかく、やっぱりストーンズってすげーかっこいいなー!!って、素直におもった。


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive