タグ ‘ フランス映画

『シェルブールの雨傘』

『シェルブールの雨傘』

DVDで。台詞が全部「歌」で表現される、ミュージカル系映画だ(でも、踊ったりするわけではなくて、単純に、台詞が「歌」になっているだけ)。タイトルはかっこいいし、中身もキュートだしで、いい作品だった!

傘屋の娘(カトリーヌ・ドヌーヴ)と自動車修理工の青年(ニーノ・カステルヌオーヴォ)が恋に落ちる。ふたりでいればもう何をしていたって最高にハッピー、世界がきらきら輝いて見える…という幸福感を互いに抱きながら、将来を誓い合う。しかし、やがてアルジェリア戦争が始まり、青年は徴兵され、彼らは離れ離れに。戦後、ふたりはそれぞれの道を歩み、お互い別々の愛の形を見出していくのだが…!

上記のようなストーリーは、まあ他愛のない悲恋ものだといえばそうなのだけれど、とくに映画においては、”プロットが単純であること”=”作品として退屈”ということにはならない。本作の場合、プロットがシンプルな分、映像と音楽(歌)とに注意が惹きつけられるようなところがあって、そのバランスがいい感じなのだ。

まず、映像について。水色、黄色、ピンク、オレンジなどなど、パステルカラーが散りばめられた画面は見ているだけでわくわくするようなたのしさがあるし、登場人物たち(というか、カトリーヌ・ドヌーヴ)の60年代な感じのファッションもいちいちかわいい。そして、よくよく見ていると、物語の流れと対応しながら、どの場面にも隙なく適切な色合いが散りばめられていることがわかってくる。たとえば、序盤の「恋に恋する」ような気分は、画面のカラフルさとマッチすることでものすごい多幸感を生み出しているけれど、エンディングの「感情を内に抑える」ようなシークエンスは、白と黒を中心としたシックなトーンでまとめられている。単に色使いが鮮やかということだけではなくて、全編が徹底した美意識に貫かれ、精緻にコントロールされているのを感じることができるのだ。(シーンによっては、ワンピースと壁紙の柄が揃えられていたりもする!)

そしてもちろん、音楽も素晴らしい。正直、俺は、ミシェル・ルグランの曲って、何か臆面もなくセンチメンタルだよね、甘すぎるし…なんておもっていたのだけれど、本作のクラシカルで品の良いストーリーにはこの甘々な感じがよく似合うのだ。台詞によって語られることのない気持ちが、音楽の盛り上がりによって表現されたりするのも、ベタだけどすごくいいなー、っておもわされてしまう。各登場人物たちによる「歌」も、フランス語の優美でまろやかな感じが遺憾なく発揮されており、洗練とか上品とかって言葉がしっくりくる。

そういうわけで、シンプルでオーソドックスな悲恋ものの物語を、これ以上ないくらいに趣味よくおしゃれに描き出した作品、というのが俺の感想だ。あと、カトリーヌ・ドヌーヴは最近の「大女優」的な貫禄あふれる姿しか知らなかったので、この頃(当時20歳)はこんなにキュートで初々しい感じだったんだね…とおもった。


『愛と宿命の泉 Part Ⅱ 泉のマノン』

『愛と宿命の泉 Part Ⅱ 泉のマノン』

DVDで。パート2で描かれるのは、前編から10年後の物語である。泉を手に入れ、ついに「カーネーション王」となったウゴランは、ある日、泉で水浴びをする羊飼いの娘の姿を覗き見る。娘はジャンの娘、マノンだった。その美しさにひと目で恋の虜になってしまったウゴランは、全財産を譲ってでも彼女と結婚したいと願うのだが、マノンはまるで彼の方を見ようとはしてくれない。そんな折、マノンはふとした偶然から、パペとウゴランが泉の存在を知りながら父を騙していたこと、また、村の住人たちも彼らの行いの意味するところを理解しておきながら、父のために指一本動かそうとはしなかったことを知る。怒りに震える彼女は、町の水源をせき止め、町の水をことごとく枯らしてしまうのだった…!

パート1は虚偽から始まる悲劇の物語だったが、パート2は真実の露見によって動き出す復讐の物語である。ここでついに、世代を越えた宿命、因果応報に決着がつけられるというわけだ。ひとりの娘の怒りが町の水をすべて枯らす、ってなんだかラテンアメリカ文学みたいだけれど、そういった神話的な要素がいくつも取り入れられていることで、作品全体の雰囲気は荘重なものになっている。

パート1はジャンの、パート2はマノンの視点を主軸とした物語だと言うことができるけれど、全編通しての主人公、パペとウゴランもまた、彼らと同様に愛と宿命とに絡み取られ、身動きの取れなくなった人物である。ウゴランの決して叶うことのない恋と、パペの人生の歯車を狂わせたひとつの誤解の悲しさは、この物語を単純な「善vs悪」の構図から遠ざけ、多層的な情感をもたらしている。とくにストーリー終盤からエンディングにかけてのパペの姿はひたすらに痛々しく、「運命に翻弄された」という言葉がぴったりくるような物悲しさを感じさせる。


『愛と宿命の泉 Part I フロレット家のジャン』

『愛と宿命の泉 Part I フロレット家のジャン』

DVDで。おもしろかった!パート2の『泉のマノン』と合わせてひとつの物語として完結する形になっている作品の第一部。愛と宿命によって複雑に絡まりあった人物たちが織りなす神話的で悲劇的なプロットがあり、豪華俳優陣の名演があり、そのバックには印象派の絵画のような美しい風景があり、それらを彩るゴージャスな音楽がある。タイトル(の邦訳)には重々しく古色蒼然としたところがあるけれど、実際、それに似つかわしい内実を持った映画だった。

物語の舞台は1920年代のフランス、プロヴァンス地方。兵役を終えて故郷に帰ってきたウゴランは、唯一の親族である叔父、パペの助力を得てカーネーション栽培をはじめようとする。花を育てるには水源が必要だ、ということで泉のある隣家の土地を譲ってもらおうと交渉するが、あえなく失敗、土地はフロレット家の息子、せむしのジャンに相続される。ジャンは豊かな自然のなかで農業をしようと、収税吏の仕事を辞め、妻と幼い娘を連れて村に引っ越してくる。そうだ、農業に失敗すれば、ジャンのやつも土地を手放す気になるに違いない、とかんがえるパペとウゴランは、ジャンの土地にある泉をこっそりと埋めてしまう。はじめのうちこそ順調に進んでいるかにおもわれたジャンの農業だったが、夏、例年にないほど長い日照りが続き、窮地に追い込まれていく。ウゴランたちの思惑など知るよしもないジャンは、この土地に泉があれば、と神に祈るのだったが…!

まあとにかくオーソドックスでクラシカル、変にひねったところや妙な色気はまったくない、正しくザ・ロマンといった感じの作風である。でも、物語が好きな人っていうのは、なんだかんだ言ってもこういう物語のことが好きなのだ。本作のような映画を見ていると、きっちりと構築された世界観と、そこに観客を導く適切なストーリーテリングの手法がありさえすれば、やはり物語というのは人を否応なしに惹きつける、強力な力を発揮することができるんだな、ということが実感できる。『愛と宿命の泉』のプロットには目の覚めるような斬新さはないし、各キャラクターたちの造形には類型的ところもある。いろいろとストーリーに都合のいい「偶然」が起こったりもする。けれど、作品を構成する各パーツのディテールがとにかく細かくていねいに描かれており、それらの積み重ねが大きなうねりを作り出していくのがしっかりと感じられる。ごく自然に大団円へと繋がっていくような、王道だけど、なんか文句ある?っていう、堂々たる風格があるのだ。

この作品の冒頭で登場するのはウゴランだけれど、パート1の主人公たるジャンが登場するのは、映画が始まって30分近くたってから。こんなゆったりとしたペースにも、大河ロマンの悠然とした感じが出ていて、見ていると、おお、ついに物語が動き出したよー、って盛り上がってしまう。腰をすえてどっぷりと物語世界に浸かるには、まさにぴったりの作品だった。


『ビフォア・ザ・レイン』

『ビフォア・ザ・レイン』

DVDで。救いや希望はまるでなく、陰鬱なムードが全体を覆っているものの、美しい映像や凝った構成からは非常な繊細さが感じられる、そんな映画だった。テーマとして扱われているのは、旧ユーゴ紛争の一環で独立したマケドニアの国内における、マケドニア人とアルバニア人との対立。物語は三部に分かれており、各部はいずれも惨劇をもって幕を閉じることになる。

第一部「言葉」は、マケドニアの海辺の教会が舞台。マケドニア正教会の若い修道僧のもとに、アルバニア人の娘が逃げこんでくる。娘は、どうやらマケドニア人殺害の容疑で追われているらしい。娘を教会に匿っておくことはできないので、ふたりは教会を出て、国外へと逃亡しようとするが、その途中、娘の親族につかまってしまい、娘は殺されてしまう。この部だけを見ると、プロットの単純さや風景の異様な美しさもあって、ファンタジーというか、おとぎばなしのような印象を受ける。

第二部「顔」で、舞台はロンドンに移る。マケドニア出身の報道写真家(彼は修道僧の叔父であるようだ)と、イギリス人女性との不倫の恋が描かれる。写真家はサラエボで捕虜の虐殺の瞬間をカメラに納め、ピュリッツァー賞を受賞したのだけれど、罪の意識に苛まれてもいる。彼は女性に、共にマケドニアに来てくれないかと告げるが、女性はすぐには答えを出すことができない。その夜、女性はレストランで夫に別れ話を切り出そうと試みるが、夫はまるで話を聞いてくれない。と、ウェイターにしつこく絡んでいた酔客が、いきなり店内で銃を乱射。夫は巻き添えになり、命を落としてしまう。テロも怖いが、妻の話をまるで聞こうとしない夫の態度もかなり不気味、というのがこの第二部である。

第三部「写真」は、写真家がマケドニアに帰ってくるところからはじまる。すっかり荒廃してしまった故郷の姿や、かつて共に生活してたアルバニア人とも、もはやふつうに会うことが叶わない、という事態にとまどう写真家だが、仲間たちは彼を暖かく迎え入れてくれる。だが、そんなある日、従兄弟がアルバニア人の娘によって殺されたとの報が入る。私怨による復讐から娘を救おうと写真家は立ち上がるが、仲間に撃たれ、やはり命を失うことになる。娘は逃げ去り、第一部の修道僧が姿を見せる。きわめて重苦しく、悲劇的なプロットだが、ここでも映像はひどく美しく、それが余計に悲しみを誘う。

…というわけで、いっけん時系列に並べられているように見える3つのエピソードだけれど、作品の終盤になって、”じつはそうではない”ことが観客に知らされる、という構成になっている。3つの物語は円環のようにループしているとかんがえることもできるし、それぞれがパラレルに進行したと捉えることもできるようになっているのだ。

そんな各部で描かれるのは、コミュニケーションの不全と、そのフラストレーションが高まりに高まった末の暴発である。発射される銃弾や、雷をともなった豪雨として表現されるその暴発は、あからさまな戦争勃発のメタファーとして機能しており、本作が当時のマケドニア情勢や民族問題、お互いの無関心と無理解とに端を発する暴力の突発性に対して、きわめてシビアな視線を持っていることを示している。そこには、期待や展望といったものは一切感じられない。

なんとも無慈悲な作品だけれど、それが本作の持ち味であり、役割だということなのだろう。あーおもしろかった!って言えるような映画ではまったくないけれど、内容と形式とがしっかりと結びついており、全体的なクオリティの高さにびりびりくる、そんな一作だった。


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive