タグ ‘ フィンランド文学

『ムーミンパパの思い出』/トーベ・ヤンソン

『ムーミンパパの思い出』/トーベ・ヤンソン

「ムーミン童話全集」の三冊目。ムーミンパパが、自らの若かりし頃の思い出を本に書き綴り、子供たちに語って聞かせる…という体裁の物語だ。前作と同様、本作も、細かなエピソードがぶつぶつと連なっている感じで、筋らしい筋というのもないし、登場人物たちの数は多すぎ、まるっきり思いつきで書かれたような、雑多ででたらめな印象のする作品になっている。これは正直、あまりおもしろいとはおもえなかった。

ただ、ムーミン童話においては、その、雑駁で適当で、まるでちゃんとしている気がしない、でもなんだか全体的には自由でハッピー、というような空気感こそが、何にも勝る価値を持っている、ということは言えるのかもしれない。このなんとも適当な雰囲気こそが、この作品のおもしろさだ…というか。

すみきったみどり色の海の底で、砂はくま手でかいたような、こまかいもようをえがいています。岩の上には、ほかほかと日があたっていました。風もないで、もう水平線はきえていました。すべてが明るいすきとおった光につつまれていたのです。
あのころは、世界はとても大きくて、小さなものは、いまよりもっとかわいらしく、小さかったのです。わたしはそのほうがよっぽどすきです。わたしのいう意味がわかりますか。(p.115)

…強く意識していなければ、私たちの世界は時間とともに小さく狭いものに、そして、小さなものはただ小さいだけのものになっていってしまう。だから、ムーミンパパは、過去を振り返り、「あのころ」のでたらめで自由な感覚をおもい起こすことで、現前の世界に新鮮さと豊かさとを取り戻そうとしているのかもしれない。そんな風にかんがえてみると、少しは共感できるかも、という気はした。


『たのしいムーミン一家』/トーベ・ヤンソン

『たのしいムーミン一家』/トーベ・ヤンソン

「ムーミン童話全集」の二冊目。ある春の日、ムーミントロールたちは山で黒いシルクハットを見つける。それは、「もしなにかが、しばらくその中にはいっていると、すっかりべつのものにかわってしまう」ふしぎな性質を持った、「まもののぼうし」だったのだが…!

前作『ムーミン谷の彗星』のようなダークで終末的な雰囲気は後退し、春から夏の終わりにかけてのムーミン谷を舞台に、ほのぼのとしたエピソードやちょっとした事件が連作短編の形式で描かれていく。ムーミンシリーズの牧歌的・ユートピア的なイメージがはっきりと前面に出された一作だ。

ほのぼのとしていながらも、物語全体にはどこかクールな印象がある。それはおそらく、各登場人物たちの個人主義が徹底しているためだろう。彼らは基本的に、「みんなに合わせよう」とか、「場の空気を読もう」とか、「こういうときは、こうするもんだろ」といったことを言わないし、それでいて、互いに相手の存在と相手の意見、自分との相違をきちんと受け入れてもいる。他人との距離のとり方、その尊重の仕方というのが上手なのだ。

ムーミン谷のユートピア性というのは、そういったクールで成熟した個人主義と、ムーミントロールたちのキュートで子供っぽいふるまいとの組み合わせによって成立しているのだろうとおもう。また、作品全体を通して、教訓めいたところ、大上段に振りかぶったテーマのようなものがほとんど見当たらない、というところも、何が起こってもそれを過剰に気にすることはない、というのんびり気分を補強しているように感じられる。

そんなわけで、ムーミンやしきは、いつでも満員でした。そこでは、だれでもすきなことをやって、あしたのことなんか、ちっとも気にかけません。ちょいちょい、思いがけないこまったことがおこりましたが、だれもそんなことは、気にしないのです。これは、いつだって、いいことですよね。(p.17,18)


『ムーミン谷の彗星』/トーベ・ヤンソン

『ムーミン谷の彗星』/トーベ・ヤンソン

以前、堀江敏幸『回送電車』で、「ヤンソンの原作ではスナフキンという名が存在しない」と書かれていたのを読んで以来――「スナフキン」という音は英訳からの転用で、仏語訳では「ルナクレリカン」、原典のスウェーデン語では「スヌス・ムムリク」(嗅ぎたばこを吸う男)という名前であるらしい――なんだか気になっていたムーミンを読む。ムーミンシリーズの本を手に取ったのは、たぶん小学生のとき以来だ。

本作は「ムーミン童話全集」の一冊目。ムーミン谷に彗星が接近、このままでは地球が壊滅してしまうのでは…という危機的な状況を舞台としている。ムーミントロールとスニフは彗星のようすを調べるために天文台へと向かい、その途上でスナフキンやスノークのおじょうさんらと出会い、友達になる。なにしろ彗星衝突間近、って終末的な状況なわけで、全体的にグルーミーというかひんやりとした雰囲気の物語になっているのだけれど、登場人物たちは皆ひたすらにマイペースで、周囲で何が起こっても自分の関心事から目をそらすことがない。それが作品の雰囲気をポップで風通しのよいものにしている。

なお、本作は1946年、終戦直後に書かれた作品ということで、「彗星」が戦争や空襲のメタファーのように感じられる箇所は多い。

「うん、天文台へね。ぼくたち、危険な星を観測して、宇宙がほんとに黒いかどうか、しらべるんだ。」
と、ムーミントロールが、まじめな顔でいいました。
「それは、長い旅になるよ。」
そういったきり、スナフキンは、かなりのあいだ口をとじていました。
コーヒーができあがると、コーヒー茶わんについでから、また口をひらきました。
「彗星というのは、わからないものだ。どこからきて、どこへいくのかねえ。まあ、こっちへはこないだろう。」(p.52,53)

そのような環境下でも、ムーミントロールたちは幼い子供らしさを失うことなく、しかしそれなりに使命感を持ちながら、終末に向かう世界を旅していく。怖いけれども、冒険はたのしい。あるいは、怖いからこそ、冒険はたのしい。各キャラクターがそれぞれにキュートなのはもちろんだけれど、そのコントラストの美しさがとくに印象的だった。


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive