タグ ‘ パク・チャヌク

『イノセント・ガーデン』

『イノセント・ガーデン』

日比谷TOHOシネマズシャンテにて。パク・チャヌク監督+ミア・ワシコウスカ+ニコール・キッドマン、って前情報以外は何も知らない状態で見に行ったのだけど、サスペンスの手法がふんだんに盛り込まれた映画で、どういう展開になるのか予想のつかないどきどき感がたのしかった。スタイリッシュな映像で現代のゴシック譚を描いた、という印象の作品。

物語を駆動していくのは、主人公の少女インディア(ミア・ワシコウスカ)とその母親(ニコール・キッドマン)、そしてインディアの叔父のチャーリー(マシュー・グード)、この3人の関係性である。インディアは母に心を開かないし、母はそんなインディアのことをどこか疎ましくおもっている。チャーリーがインディアに対して異様な執着を見せる一方で、母はチャーリーに惹かれている。これだけの設定があればストーリーを展開させるには十分過ぎるくらいだけれど、ただ、観客には彼ら3人が「実際のところどうおもっているか」はっきりと知らされることがない。そのため、物語は最初から最後まで、「Aであるようでありながら、BでもCでもありうるし、あるいはAかつCだったりするのかもしれない」というような多義性を保ったまま進行していくことになる。たとえば、インディアは果たしてチャーリーに異性として惹かれているのか、似たもの同士としての興味を抱いているのか、危険を察知して可能な限り距離を取るべきとかんがえているのか…という、物語の根本に関わるような疑問にしても、「そのどれもが正解であるし、また、そのどれかひとつだけが正解というわけでもない」という感じなのだ。

登場人物たちの心情にはそんな風に玉虫色なところがありつつも、物語は否応なしに進行していき、やがて宿命的とでも呼ぶ他ないような終局を迎えることになる。観客としては、プロットの展開は「A、B、Cのどれかだな、きっとBだよな…」などと予想しながら見ていくことになるわけだけれど、そのうちのどれが「結果」として選び取られるのかは、本当にぎりぎりの瞬間になるまでわからない。とにかくこの焦らし方がうまい。観客は、最後の最後まで緊張感を持って画面を見ていなくてはならなくなるのだ。

主演のミア・ワシコウスカは魅力的ではあったけれど、18歳の少女を演じるのはさすがにちょっと無理があったようにおもえた。いかにも10代って感じの攻撃性や、ちょっとしたきっかけで心情ががらっと変わってしまうような危うさ、不安定さというのは、その時期を通過してしまった大人が「演じる」のは難しいものなのかも、という感じがしてしまったのだ。でも、首をかしげて眉間に皺をよせた不満げな表情はよかったし、ピアノ連弾のシーンの官能性(というか、エロさ)は素晴らしかった。


『渇き』

f:id:hayamonogurai:20100329011031j:image:h170

新宿武蔵野館にて。期待していたパク・チャヌク監督の新作だけど、もうとにかく最高だった!このごった煮感、勢いあり過ぎる感、テンション高すぎる感は、ちょっと他では味わえないものだろう。前作『サイボーグでも大丈夫』もすごく好きな映画だったけど、彼の真骨頂は今作みたいなエナジーの迸り、どろどろした感情の絡まり合いにこそあるんだろうなー、と見ていて強くおもった。

今作のストーリーにおいては、”復讐3部作”と同様に、「血みどろの暴力+悲劇+セックス=おどろおどろしいけどやたらと興奮する映画」、ってかなり明快な公式が用いられているのだけど、そのどの要素についてもまったく抜かりがない、というか、むしろどの要素についても描写がいちいち濃密過ぎるところが素晴らしい。で、そんなどろどろした展開のくせにふしぎとポップな感覚もあったりして、一筋縄ではいかない感じもたまらない。まあとにかく、俺ってパク・チャヌクの映画がほんと好きなんだなーと再認識したのだった。

物語は、ヴァンパイアものの定型であるのと同時に、男と女の愛憎劇でもあり、悲劇であるのと同時に喜劇でもある。さまざまな感情のレイヤーが激しい暴力の嵐のなかで交錯するのはいつものパク・チャヌク印なわけだけど、今作においてはホラーすれすれのグロテスクなユーモアの感覚がすごく効いていて、いつも以上になんともいわく言いがたい気持ちにさせられる。ものすごく気持ち悪くてものすごく可笑しいシーン、ものすごく恐ろしくてものすごくバカバカしくて、おまけにちょっと切ないシーン、そんな描写の多面性が、作品を重層的で味わい深いものにしているようにおもう。

…って、ネタばれなしで書こうとしてもあまり大したことが書けないのであれなのだけど――本当は、細かい描写こそがいちいちおもしろいのだ――血みどろちんがいな暴力シーン(見ていてこっちまで痛くなってくる)とやたらと官能的なセックスシーン(これがまあ、ものすごくイヤらしくていい!)に抵抗がない人はぜひぜひ見てみたらいいとおもう。主演のソン・ガンホとキム・オクビンは最高の演技をしているし、映画のもつ熱量、よくわからない圧倒的なテンションには、きっと誰もがお腹いっぱいになってしまうはず。こういうのをこそエンタテインメントっていうんだよなー、なんてパク・チャヌクの作品を見るたびに俺はおもってしまうのだけど、今作もまさに最高のエンタテインメントだった。


『サイボーグでも大丈夫』

最近、俺にとって一番たいせつなのって、ポジティブ感をあたえてくれる人やものなんだよなー、とおもっている。ポジティブ感をもって生きることって、世界を肯定すること、とかなり近い位置にある気がする。そして、ポジティブ感を吸収しつつ生きることは、ともすればネガティブの螺旋に落ち込んでいきそうになる自我を相対化していくことと、密接に繋がっているはずだ。というか、そういう、世界を肯定するような気持ちのことを、ポジティブ感だとかんがえているのかな俺は。すばらしいし、おもしろいし、うつくしいし、いいじゃんこの世界って。という感じ。…って、俺はけっこうまじめにそうおもっているのだけど、こうやって書いてみると本当にただのばかみたいだなー。うーん、まあいいや。

で、きょう俺にそんなポジティブ感をがっつり分けてくれたのが、このファンタジー風味の恋愛コメディ。映画の全編をユーモアのセンスがばっちり貫いていて、すごくたのしく見れた。だいたい、主人公の女の子は自分がサイボーグだとおもいこんでいて、食事をとる代わりに乾電池をぺろぺろってなめて、それで充電できたなんておもっているのだ。それがこの映画のベースとなるアイデアなのだ。なんなんだよそれは。

物語の舞台は精神病院。けれど、よくある、閉塞感に息が詰まりそう、って描写ではなく、パク・チャヌク監督のポップな感覚がいかんなく発揮されていて、そこでの暮らしは、なんだかけっこうたのしそうに見える。物語は、主人公の拒食症サイボーグ・ガールと、彼女を助けようとする男の子との恋愛を軸に進んでいく。でも他の患者たちのキャラクターの描きこみも実にしっかりしていて、とてもバランスがいい。そして、彼らひとりひとりに、いちいちわらえる小ネタが満載で、とてもばかばかしい。アイデア溢れる、カラフルでポップな空間の描きかたは、『アメリ』とか『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』を連想した。あ、あとティム・バートンとかね。まあ、『アメリ』とかよりはもうちょっと毒がきいてる感じがするし、ティム・バートンの諸作品ほどファンタジーではないんだけれど。

病院に暮らす患者たちは、いわば社会から疎外された人たちではある。けれど、この映画は彼らをひたすらポップに、軽やかに描きだすことで、あくまでポジティブな側面を見出そうとしている。なんだか、そういう姿勢がとても信頼できるような感じがした。「サイボーグでも大丈夫」だなんて、このことばだけでは、単に理想主義的で安易な肯定でしかない。けれど、この映画を見終わったときには、「うん、サイボーグでも大丈夫!」といいたくなってくる。You’re a Cyborg, But That’s OK!そんなしっかりとした物語のちからがあって、俺は心を動かされましたよ。くだらないくせに、ちゃんとメッセージはもっていて、こういうのってエンタテインメントのひとつの理想なんじゃないだろうか。


『親切なクムジャさん』

親切なクムジャさん プレミアム・エディション [DVD]

パク・チャヌク監督、『親切なクムジャさん』を見た。DVDで。『復讐者に憐れみを』,『オールド・ボーイ』に続く復讐三部作のラストだというこの作品。前二作とくらべると血みどろなシークエンスは抑え目だったけど、でもやっぱりあった。そして、バシッと絵が決まるシーンがたくさんあって、この監督の映像は本当かっこいいなーとおもった。グロテスクな中にも美しさがあり、悲劇的で深刻な場面にもシュールな笑いのセンスが見える。そのバランス感覚が絶妙で、エンタテインメントしてるぜ!という感じ。

主人公のクムジャさんが内なる葛藤を抑えながら復讐を遂行していく、そのかなしみや怒りは主演のイ・ヨンエの表情やしぐさからすごく感じられるのだけど、物語の運び的には、やっぱり復讐に至るまでのクムジャさんの心情なんかをもうすこし描いてほしかったかなー、とかはおもった。前半はクムジャさんってどんな人なんだ??ってすごい引きこまれたけど、復讐相手を捕まえてしまってからは、物語の牽引力が急に落ちたような気分になった。展開の選択肢が見えすぎちゃうというか。

もっともこの映画はそういう展開のわくわく感よりも、復讐とは一体いかなる行為であるのか?というのをテーマとして突き詰めているので、小気味よさだけを求めるわけにはいかないかもしれない。しかし、復讐についていろいろかんがえるというのは、なかなかおもしろい。だってさ、ふだんあんまり深くかんがえないじゃん、ハンムラビ法典的なこととかって。


『復讐者に憐れみを』

復讐者に憐れみを デラックス版 [DVD]

『復讐者に憐れみを』を見た。DVDで。『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク監督作品ってことで、バイオレントな、血みどろちんがいな映画だとは覚悟していたけど、たしかにそんな映画だった。でも血みどろちんがいなだけじゃなく、物語はとてもていねいに語られる。登場人物たちは誰もが被害者であるが、同時に加害者でもある。自分が受けた傷を忘れることはないけど、自分も同じように誰かを傷つけてしまっているのだということを認め、記憶し続けるのはむずかしい。というテーマが全編に通低していて、それがとてもせつない。

映画前半ではまずさまざまな復讐の原因となる物語が語られ、後半に入ると壮絶な復讐劇の連鎖が怒涛の勢いで進行していく。俳優たちの演技はすばらしく、抑制されるべきところはきちんと抑制されていて、暴力的なシークエンスとの対比が際立ちまくっていた。ただ、俺はバイオレンスな描写がわりと苦手なので、そういう痛いシーンになると頭の中で「うわー痛そうー」「まじそれやっちゃうのー?」とか余計なつっこみを入れて一歩引いてしまうようになるので、それで作品世界にあまり入り込まずに見てしまった感はある。

あと、登場人物たちのキャラクターや状況の設定はちょっと紋切り型なように感じた。とはいえ、そういうキャラクターや状況のわかりやすさが作品のもつ衝撃を強めている、とは言えるかなともおもった。誰もが被害者であると同時に加害者でもある。その状況のやりきれなさがこの映画の深みに繋がっているのだけれど、彼らを復讐に駆りたてた原因とは、辿っていけばある状況(生まれつきの障害や社会構造)に還元しうるものであるかもしれない。とかんがえてしまうと、その分だけそのやりきれなさが安っぽいものになってしまう気がする。いや、そうじゃないのか。そうじゃなくて、その安っぽさこそが余計やりきれないのかもしれない。


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive