タグ ‘ ニック・カサヴェテス

『私の中のあなた』

私の中のあなた [DVD]

早稲田松竹にて。これは本当に素晴らしかった!正直、邦題は若干の安っぽさを感じさせないでもないし、あらすじを見てもお涙頂戴っぽい雰囲気が濃厚で、あまり期待できそうにない映画のようにおもっていたのだけど、じっさいのところ、ものすごくクオリティの高い作品だった。目前に迫った子供の死、って大問題に家族がどう向き合い、対処しようとするのか、その姿を非常にていねいな手つきで描き出している。

白血病の姉ケイトに完全に適合した骨髄を提供するべく、人工授精によってこの世に生を受けたアナ・フィッツジェラルド。ケイトのために血液や骨髄を何度も提供してきたアナだったが、11歳のある日、彼女はひとり弁護士事務所に向かい、自らの両親に対して訴訟を起こす。姉のことは好きだし健康になってほしいともおもっているけれど、わたしはもうこれ以上臓器提供を強要されたくない!と言うのだ。突然の娘の行動にとまどい、憤る母親のサラは、アナと法廷で争うことにするのだが…!

ってことで、医療倫理の問題が注目されそうなあらすじではあるのだけど、そこは単にストーリーを牽引していくためのフックのようなものであって、作品全体として見れば、純粋に家族の問題を取り扱っているような印象が強い。デザイナーズ・ベイビーは許されるのか、とか、親vs子(しかも11歳!)の裁判ってどうなのよ、とかって問題の是非が問われているわけではなくて、そういった問題と対峙せざるを得なくなったあるひとつの家族が、そこでどう決断したりしなかったり、おもいやったりおもいやれなかったりするのか、そんなことが作品のテーマになっている感じだ。

ケイトの命を救うことだけに持てる全リソースを傾ける、って母親のサラの行為は、いろいろな面において明白に間違っているだろう。でも、人はいつだってたったひとつの道を進んでいくことしかできないものだ、たとえその道の先に光が見えず、別の道の方がずっと正しいようにおもわれるようなときであっても。物語が展開していくにつれて、サラのやり方にちょっと常軌を逸したところがあるのは確かだけれど、彼女には他にどうすることもできないのだ、ということが次第に明らかになってくる。彼女は他の何を犠牲にしても、まずはとにかくケイトを生き延びさせるしかない。他に選ぶことのできる選択肢なんて、ひとつもないのだ。その想いは美しく激しく、他の何にも耳を貸そうとしない。

けれど――ここがこの作品のぐっときてしまうポイントだとおもうのだけど――彼女の行為は無謀だしむちゃくちゃだし間違っている、でも彼女にはそうするしかない、っていうまさにそのことを、アナもケイトも、家族の全員が心のどこかでわかっているのだ。もちろん、わかっているからといってサラのふるまいをすぐにそのまま受け入れられるわけではないし、そのために傷ついたり傷つけたりを何度も繰り返してしまうわけだけど、でもやっぱりどこかで彼女の心情を理解していて、だからサラの気持ちの振幅は家族全体の葛藤にダイレクトに結びついている。そうして、この映画を見る観客も、その葛藤を共に体験することになるのだ。

そういうわけで、ほとんど完璧と言っていいくらいに綿密にエピソードが重ねられ、登場人物たちの背景や心情を明らかにしていくプロットが本当に素晴らしい作品だった。お涙頂戴って言えばそうかもしれないけど、ていねいに泣きのツボを押してくる展開に、俺はすっかりやられてしまった。主演の姉妹ふたり(アビゲイル・ブレスリンとソフィア・ヴァジリーヴァ)の演技は最高だったし、キャメロン・ディアスは予想していたよりずっと、母親ってものを感じさせる母親役を演じていた。あと、脇役だけれど、ジョーン・キューザックの表情にもぐっときた。


『きみに読む物語』

きみに読む物語 スタンダード・エディション [DVD]

早稲田松竹にて。これは正統派で甘あまなラブストーリーだなー、いまの自分にはちょっと味が濃すぎたかなー、なんて、見た直後にはおもっていたのだったけど、『私の中のあなた』の感想を書いているあいだにかんがえがちょっと変わった。これも、どうしても譲れない一線とそこで湧き上がる感情の激しさ、ってものを扱った物語なのだ。

どうしても譲れない一線。他人から見たらどんなに筋の通らない、まるで論理立っていないようなことでも、本人にとってはどうしたってこの答えしかあり得ないんだ、っていうような問題に、人はあるとき遭遇する。そこで発せられる想いはどんなものよりも強く頑なで、だからもちろん、周囲の人たちを傷つけたり、困惑させたりする。強くて純粋な想いというやつは美しいけれど、周囲を否応なしに巻き込んでは大きくなっていってしまう竜巻のような、危険なものでもある。

この作品で扱われているのは、初恋のときの鮮烈な感情の持続と断絶、そしてその幸運な再生だ。互いの自我と自我とをぶつけ合ったり、それらが不意にひとつに溶け合ったりするような激しい恋愛のシーンにおいては、そんな互いの譲れない想い、譲れない一線がおもいっきりあからさまになる。なにしろ、どうしても譲れないもの、その人をその人たらしめているものだ。妥協の余地というものがまったく存在しない。自分の気持ちに嘘はつけないの!ってやつだ。

だから物語は、必然的にロマンチックでどこかご都合主義的で、一途で身勝手なものになっていくことになる。なんていうか、そういう感情のぶつかり合い、感情のほとばしりを丁寧に映し出していくのっていいよなー(家を完成させた後の、ノアの目の虚ろなことといったら!)、なんて俺はおもったりしたのだった。

ストーリーの展開としては、身分違いの初恋パートと彼らの老後パートとが交互に描かれる形になっているのだけど、ふたつのパートの時間配分が微妙で、いちばん切なくなるべき老後パートのクライマックスでいまいち盛り上がりきらない感じがしないでもなかった。とはいえ、ここは、全体をハリウッド風にまとめる、っていう狙いありきで初恋パートに比重を置いてきたんだろうな、という印象もある。老後パートをもっとリアルに描き込んだら、重たいテーマの、ハードな映画にすることだってできたはずだ。『私のなかのあなた』でも感じたことだったけど、監督のニック・カサヴェテスは、そのあたりの焦点の定め方、バランス感覚に優れているのだろう。ヘビーな部分は、王道のラブストーリーにちょっとひとひねり加えてみた、って程度に押さえて、安心して物語に浸れるような作品に仕上げている。


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive