タグ ‘ ドイツ映画

『ザ・フューチャー』

『ザ・フューチャー』

渋谷アップリンクにて。小さなアパートに暮らすソフィー(ミランダ・ジュライ)とジェイソン(ハミッシュ・リンクレイター)は35歳同士、同棲して4年のカップルである。ある日、ふたりは怪我を負った野良猫を見つけ、動物シェルターに運び込む。怪我が治ったらうちで引き取ることにしよう!と盛り上がるのだが、担当医から「この猫、うまくすれば5年くらいは生きられそうですね」と聞かされると、急に焦りを感じてしまう。あと5年経ったら40歳。40歳なんてもう50歳みたいなものだし、その後はもう、人生の終盤戦じゃないか。いままでは「クリエイティブ」な生活を自由気ままに送ってきたつもりだったけど、本当にこのままでいいのか!?と焦る彼らは、猫を引き取るまでの30日のあいだに、何でも好きなように、自分のやりたいことを探してみよう、やってみようと試みるのだが…!

上記のような導入からは、ポップでちょっとほっこりしちゃうようなストーリー展開が予想されそうなものだけれど(猫の登場の仕方がまたキュートなんだ!)、本作が内包しているのはなかなかにシニカルでシビアな視線である。30日間のあいだに明らかになってくるのは、ふたりのやりがい溢れる未来予想図というより、彼らがそれぞれに抱いている不安や不満なのだ。

ソフィーの不安・不満というのは、おもに自意識の問題だと言うことができるだろう。彼女は、自分が”じゅうぶんに創造的でないこと”に(「30日で30のダンス」をつくろうとするが、まるっきりうまくいかない)、また、”女性としてじゅうぶんに認められていないこと”に、そして、”ふつうに家族を持って平凡な幸せを得る機会を逃しつつあること”に、不満を抱いているらしいことに気がつく。とにかく、何かを成功させなければ!と気ばかり焦るようになった彼女は、やがて、ある子連れの男と関係を持つようになる。男との関係には、特別な親密さというのは認められないけれど、どうやら、彼女は擬似的な家族のようなものをそこに見出そうとしているように見える。

一方、ジェイソンは、ふとしたきっかけで携わるようになった自然保護プロジェクト(苗木の訪問販売をする)を通して、自分の将来を暗示するような老人と出会い、これからの人生に思いを巡らせるようになる。老人との会話のなかで、ジェイソンは、まだまだ人生はこの先長い、終盤戦というより、むしろ、ようやく始まりの時期が終わろうとしているところなんだ、というような認識を、おぼろげながら持つようになる。

このように、ふたりはそれぞれに自分の望む未来をおもい描き始めるのだけれど、それらはしっくりと噛み合うことのないまま、物語は終わってしまう。シェルターに預けられた猫は、引き取られることもない。エンディングでは、「お互いを確認するための合図」と決めていたジャズナンバー(Peggy Leeの”Where Or When”)が流れるけれど、この先彼らがどうなるのか、はっきりと示されることはない。少なくとも現時点では、ふたりの間には憂いがあり、悲しみがある。果たされることのなかった約束があり、倦怠と諦念がある。彼らが再び同じ道を歩むようになるのかどうかはわからない…という感じにふわっと映画は終わってしまう。

そういうわけで、プロットとしてはなかなかにヘヴィでぬるま湯的状況を許さないようなところがあるものの、それを描き出す映像はいつもキュートかつファンタジック、っていう、なんだかふしぎなバランス感覚の映画だった。劇中で流れる、Beach Houseの”Master Of None”という曲の気怠くも夢見るような感じが、作品の雰囲気をすごくよく表していたようにおもう。


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive