タグ ‘ ウォン・カーウァイ

『花様年華』

『花様年華』

DVDで。1960年台の香港を舞台に、オトナの男女の密やかな恋の情感を描いた、という感じの映画。映像の色彩やカットがいちいち美しく、主演のふたり、トニー・レオンとマギー・チャンも美しい。おお、なんてエレガントで官能的なんでしょう…ってぼうっと見ているのが幸せな作品だった。

プロットはごくシンプルだ。トニー・レオンとマギー・チャンが、同じ日にアパートの隣同士の部屋に引っ越してくる。ふたりはどちらも既婚者なのだが、どうやら互いの妻/夫同士が浮気をしているらしい、ということが発覚する。ねえ、気づいてます?ってふたりで会って話すようになるうち、彼らは少しずつ親密になっていくのだが…!

いわゆるラブストーリーのプロットを持つ本作だけれど、彼らの出会いや、恋に落ちて別れるまでのプロセスといったものが具体的に描かれているというわけではない。この映画で扱われているのは物語というより、禁じられた恋の情緒、詩情とでもいうべきものなのだ。だから本作では、言葉による状況説明というやつは最小限に抑えられているし、作品のポエジーに貢献しない要素はことごとく排除されてしまっている。(たとえば、トニー・レオンとマギー・チャンがお互いの想いや行動の理由をはっきりと口に出すことは一度もないし、彼らの妻/夫の姿に至っては、最後まで画面に映し出されることすらない。)観客に示されるのは、ふたりの心の微妙な揺れ動きに伴って発生する、欲望や愛情といったものの断片的な発露に限られているのだが、そんなストイックな編集術こそが、不倫の恋を前に、互いに一歩を踏み出すことを躊躇し続けるふたりの姿から、まどろっこしくもじわじわくるような官能性を引き出しているのだ。

物語は、すべてのできごとが過ぎ去ってしまった地点から語られているようで、その過去を振り返るまなざしのなかで生ずるノスタルジアは、ありとあらゆるシーンに一回性のオーラを付与し、ふたりの姿を美しく気高いものにしているように見える。作中で描かれる場面のほとんどは夜で、決定的な場面では雨が降っている。また、朱に近い赤色が画面の基調をなしており、忘れがたい印象を残す。


『マイ・ブルーベリー・ナイツ』

f:id:hayamonogurai:20080328190710j:image:h170

渋東シネタワーにて。雰囲気重視の、おしゃれ感あふれる映画。映し出される映像、流れる音楽によって描かれるイメージはおしなべて美しく、物語性よりはセンスの方が前面に押し出されている。キャストは豪華だけど、脚本が薄っぺらなために、キャラクターとしてはあまり生き生きとしていないように感じられた。

主人公のノラ・ジョーンズが旅先でいろんな人と出会い、その人々の物語を知っていくなかで成長していく、っていうロードムービーちっくな構成になっているのだけど、そのいろんな人々の物語がちょっとありきたりに過ぎて。人物の描き方が平板だから、いまいち切実さを感じられない。安易に“死”とかの要素を入れてくるところも、正直いかがなものかなー、っておもった。

とはいえ、こういう映画では全体的な雰囲気が何より大切なのであって、そういう部分では抜かりがなかった。ニューヨークの描き方なんかはちょっと独特で、鼻につくところもなくはないけど、幻想的な映像がうまい具合におしゃれ感を演出している。ブルーベリー・パイやら鍵やら手紙やら、モチーフひとつひとつは真新しくないけど、きちんと物語に溶け込んでいて、好印象だった。劇中の会話は、スタイリッシュ、なんて言われそうな感じで、“都会的な短編小説”とかに出てきそうな、ちょっとむずがゆいようなところがたのしい。

野心的な作品でもないし、深みもなにもない、っておもうんだけど、意外とこういうのも悪くない気がする。いや、わりとすきかも。薄っぺらで、大して盛り上がることもないからこそ、心地よく見ていられる、っていうか…。映画にはいろんなものを求めていいはずだし。


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive