タグ ‘ アレクサンドル・セルゲーヴィチ・プーシキン

『オネーギン』/アレクサンドル・セルゲーヴィチ・プーシキン

『オネーギン』/アレクサンドル・セルゲーヴィチ・プーシキン

プーシキンの有名な韻文小説。この岩波文庫版では散文として翻訳されているので、ふつうの小説として読むことができるようになっている。あらすじは以下の通り。

 *

若くして叔父の財産と土地とを引き継いだオネーギンは、社交界の寵児として享楽的な日々を過ごすが、やがてすべてに飽き、無為で退屈な日々を送るようになる。田舎に隠棲した彼は、自分より少し年若い詩人、レンスキイと知り合う。レンスキイはオネーギンの隣家の娘、オリガに夢中で、オネーギンを彼女の屋敷へ連れて行く。オリガの姉のタチヤーナは、突然現れた都会の男、オネーギンを一目見るなり恋に落ちる。小説好きで夢見がちな性格のタチヤーナは、思いの丈を打ち明けた熱烈な恋文を書き、オネーギンに渡すが、オネーギンは自分はあなたに相応しい相手ではない、と彼女を拒絶する。

ある日、オネーギンはふとした気まぐれから、舞踏会でオリガを誘い、レンスキイの目の前で彼女と踊ってみせる。怒りに駆られたレンスキイは、オネーギンに決闘を申し込む。オネーギンは申し出を断ることもできず、レンスキイと決闘し、結果、彼を撃ち殺してしまう。このことで自棄になったオネーギンは、家を離れ、放浪の生活を始める。その後、タチヤーナはオネーギンの家を訪れ、彼が書き込みを残した本を貪り読む。タチヤーナは、ついに彼がどういったかんがえの人物であったかを本当に知るに至る。

数年後、放浪の旅から戻ったオネーギンは、モスクワの舞踏会に顔を出す。と、そこには見違えるように美しく成長したタチヤーナの姿があった。彼女はすでに結婚し、社交界で注目を集めるほどの女性になっていたのだ。オネーギンはとうとう彼女に恋をすることになる。恋文を何度も送りつけ、ついには彼女の家にまで押しかけ、思いの丈をぶちまける。だが、タチヤーナはすでに人妻、私は操を守るつもりなのでお帰り下さい、とオネーギンに告げるのだった…。

 *

本作の主人公、エヴゲーニイ・オネーギンは、19世紀ロシア文学によく登場する「余計者」の原型、と言われているけれど、その造形はいまでもじゅうぶんに興味深いものだ。知識だけはあるが、それを生かすための興味や活力、指針といったものを持っていないがために、ただただ流されるように生きてしまう…というその姿は、いまでも違和感なく受け入れられる。彼は決していいやつではないけれど(というか、ここまで鼻につくところばかりの主人公というのも、なかなか珍しいだろう)、俺なんかはそのだめだめな姿に共感してしまったりもする。

物語の最終章で、そんなオネーギンがタチヤーナに詰め寄り、冷静になりなさいと諭されるシーン、ここで交わされるやりとりは、何とも格好悪くも、リアリティに満ちたものだ。何事に対しても関心が持てず、何をしていても満たされず、ただただ無為な生活を送っていた男、決闘を持ちかけられても、それを回避する術をかんがえることすらせず、ただ流れに任せて友人を殺してしまった男、まだまだ若いのに、すっかり老成してしまったかのように見える男であったオネーギンだが、ただ恋に落ちてしまうことで、それら「余計者」的な性質が一掃され、みじめで情けない、喪失感でいっぱいの「女のいない男たち」の一員になってしまった、というわけだ。

誰にとっても無縁であり、何一つ束縛を受けなかった僕は、こう考えたのです。――自由と安らぎは幸福に代り得る、と。ああ、何という間違いだったでしょう、どんな罰を受けたことでしょう!(p.171)

「女のいない男たち」にとって、自由や安らぎは幸福のための助けにはならない。彼の空虚を埋めることができるのは、彼の求める女だけなのだ。かつては無感動な「余計者」であったオネーギンも、ここではその洗練も無気力も鬱屈も、すべて投げ出し、「感情の奴隷」としてただ懇願することしかできないのだ。

とはいえ、この場面に至っても、タチヤーナのオネーギンへの想いが完全に失われてしまっているわけではない。なにしろ、彼女は、オネーギンへの愛をはっきりと口にしてさえみせるのである。そういう意味では、これはオネーギンとタチヤーナ、ふたりの想いがすれ違う、それぞれにとっての人生の悲劇の物語ということもできるだろう。彼らのどちらにとっても、相手に対して抱いたその感情が、自らの人生のなかで最も激しく強大な吸引力を持っていたがゆえに、その感情が発生したまさにその瞬間に、相手にそれを伝えずにはいられなかったのだ。たとえそのタイミングがまったく適切なものではなかったとしても、たとえそれが自らの幸福の助けにはならないとわかっていたとしても。


「駅長」/アレクサンドル・セルゲーヴィチ・プーシキン

「駅長」/アレクサンドル・セルゲーヴィチ・プーシキン

またまた『貧しき人びと』関連のエントリになるけど、こちらは、「外套」とは違って、マカールが気に入った方の作品。ロシアのとある県の駅長にまつわる、小さな物語だ。

駅長といっても、プーシキンの生きた19世紀初頭の駅なので、鉄道ではなくて、馬の駅、乗りつけ場といったもののことだ。そんなところの駅長には、もちろん『きかんしゃトーマス』の駅長みたいな威厳や権限は備わってはいない。「概しておとなしい、生まれつき世話ずきな、人づきのいい、別にお高くとまったところもなければ、金銭欲もさして強くない」、まあ言ってみれば小役人、ごくごく気弱な人物なのである。そんな駅長には、ドゥーニャという利発で可愛らしい、「どんな旅の方でも、あれを褒めない人はありません」、「どんなにぷりぷりしてらっしゃる旦那でも、あれが出るとお静まりになって、私にも優しい口をきいてくださる」、っていう、まあよくできた娘がいたのだったけれど、ある日、彼女は旅の士官に連れ去られていってしまう。必死で娘の後を追いかけ、どうにか行き先を掴んだ駅長だったが、もはや彼女は士官のもとでいままでよりずっと豊かで幸せな暮らしをしているようなのだった。悲しみに打ちひしがれた駅長は、やがて酒に溺れて死んでしまうことに…!

というわけで、これは、駅長の悲哀を描いた作品ではあるのはもちろんだけれど、では、娘の方はどうだろう?娘にとってもこの一連のできごとは、外部から不意に訪れ、自分の人生をむちゃくちゃにしてしまった悲劇だったのだろうか??…ということについては、かんがえるまでもない。なにしろ、本作にはドゥーニャの気持ちを推し量るためのわかりやすいヒントがいくつも散りばめられているのだ。

駅馬券によって彼は、騎兵大尉のミンスキイがスモレンスクからペテルブルグへ行く途中だったことを知っていた。彼を乗せて行った御者の言葉によると、ドゥーニャは途々ずっと泣きどおしだったけれど、そのくせ自分から好き好んで乗って行くような様子だったそうである。『まあたぶんおれは』と駅長は考えるのだった、『うちの迷える子羊を連れもどせることになるだろうよ。』(p.129,130)

みごとに飾りつけられた部屋のなかに、ミンスキイが思い沈んだ様子ですわっていた。ドゥーニャは流行の粋をつくした装いで、さながらイギリス鞍に横乗りになった乗馬夫人のような姿勢をして、男の椅子の腕木に腰をかけている。彼女は優しい眸をミンスキイに注ぎながら、男の黒い捲毛を自分のきらきら光る指に巻きつけている。かわいそうな駅長よ!彼には、わが娘がこれほど美しく見えたことはかつてないのだった。彼は思わずうっとりと見とれていた。(p.136)

「きれいな奥さんだったよ」と男の子は答えた、「六頭立ての箱馬車で、小っちゃな坊っちゃん三人と、乳母と、真黒な狆を連れてやって来たっけが、駅長さんが死んだと聞くと、泣き出しちゃってね、坊っちゃんたちに『おとなにしてるんですよ、お母さんはお墓参りをして来るから』って行ったよ。俺らが案内してやろうというと、奥さんは『いいのよ、道は知ってるから』って言ったっけ。そいで俺らに五コペイカ銀貨をくれたっけが。……ほんとにいい奥さんだったよ!」(p.142)

『貧しき人びと』のワルワーラがどこまで実際的・打算的だったかというのはなかなか微妙なところだけれど、少なくとも、本作のドゥーニャはなかなか現実をしっかりと見すえるタイプだった、くらいのことは言っていいだろう。こんな風に関連作品をいろいろと読んでいくと、それなりに発見があったりするもので、結構おもしろい。


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive