タグ ‘ かてきょ

ナマコスト/ナイジェリアからの転校生(その2)

また、俺がかてきょをやってる小6の男の子の話なんだけど、昨日、「だからさー、pは大文字のPをちっちゃくしたやつじゃん?で、qはそれを逆向きにしたやつでしょー」なんて、アルファベットの小文字の練習をしているときにいきなり、

「あのさー、ナマコストってなんだっけ?」

って聞いてきて。

「なんか友達がよく使うんだけど、ナマコなんちゃら、って覚えたんだよねオレ」

「つーかなんつーの、自分のことに対してなんかえっへん的な」

「えっへん的っていうのはー、だからさー、なんかかっこつけてエラソーにしてるやつに使うじゃん!」

そこまで聞いて、あー、ナルシストのことか、ってわかったんだけど、でも俺がそれを口にしようとした瞬間、

「あ、そうだ、服とか日本風になってきたんだよー」

とか言い出して。俺とこの子との付き合いもそろそろ1年になるわけで、だからまあそれがナイジェリアからの転校生、アニエス(仮名)のことだってすぐに気づいたわけだけど、まったく、こいつはいっつもこういう話の飛び方をする。もちろん、ひとの話だってろくに聞いてない。なんだか、ドラマ「鹿男あをによし」の綾瀬はるかの役をおもいだした。

「だからさー、なんつーの?ふつうのオンナが着てるようなやつ。うん、Tシャツとか。ハートにガイコツとか、なんかそんなの、ふつうのオンナが着てたらべつにふつうじゃん?」

「でもアニエスが着るとぜんぜん別の服みたいで、ちょーかっけーの!なんかわかんねーけど」

「あ、スタイルかー。そうかも、まじ足ちょー長いからなー!シュッ!ってなってる」

「上にあがるのとかちょー速えーの!あ、そうそう階段階段。ずこーんずこーんずこーんって3段飛ばしとかで!」

「でさ、いっつもなんか遠く見てんの、こんな感じで!(目を細めて横を見る)こんな感じ!(何度も同じポーズを決める)まじ衝撃だったわーあれ」

「なんかさー、ランドセルがものすっごいちっちゃく、ってか、太く?感じるんだよなー」

「なんつーか、1cmぐらいの針金に消しゴムがささってるみたいな」

「え?あ!ちげー!!1cmじゃ消しゴムささんねー!短すぎた!」

とかなんとか言って、ひとりでげらげらわらって。こんなやつだけど、なんとか、っていうか、なぜか第一志望の中学に受かってよかったよ…。


ナイジェリアからの転校生

かてきょやってる子(小6・男子・中学受験生)から聞いた話なんだけど、学校にナイジェリアから転校生の女の子(アニエス・仮名)がやって来たらしい。

「オレさー、本当のガイジンってはじめて見たからまじでびっくりした!色とかちょーまっ黒だし!」

「すっげー細くてさー、しかも背とかオレよりでかいの!ひょろ、って感じで。足とかあんなに長いやつはじめて見たよまじで!運動神経とかちょーすごいってぜったい!」

「しかもさー、いっつも両手ポケットに入れてて、ランドセルとか片がけなの!こんな!(右の肩にだけランドセルをかけているポーズで、小馬鹿にしたように「ふっ」と息を吐く)」

「え、クール?うんそれそれ!そうなんだよー、まじかっこいいんだって!でねでね、今日の帰りなんだけど」

「帰りの会で先生にアニエスと一緒に帰ってあげて、って頼まれたやつがいたんだって。え?そうだよオレクラス違うもん。でもさー、アニエスは日本語ひとこともしゃべれないから、そいつも不安じゃん。だから、オレ違うクラスなんだけど、なぜか一緒に帰ることになって」

「でも、3人でいてもなんか会話とかうまくできないじゃん。こっちの言うことは何にも通じないし。アニエスはなんかずっと同じことばっかり言ってるんだけど、オレらには何言ってるのかわかんないし」

「で、友達と、どーするよ?とりあえずついて行けばいんじゃね?みたいな話して。でもやっぱ不安だから、帰り道で会った友達にかたっぱしから一緒に行こうって声かけてったんだー」

「そしたら気がついたらぜんぶで10人くらいになっちゃってさー。アニエスは足はやいから(歩幅が大きい)オレもこうやって小走りみたいな感じじゃないと追いつけないし、10人くらいみんなで、なんか無言でアニエスの後ろをぞろぞろついていって」

「でさー、アニエスは歩きながらずっと同じことばっかり言ってるんだー。でもオレら誰も英語わかんねーし。しょうがないから友達のお母さんのところに、そいつのお母さん英語わかるからさー、連れてったんだー」

「で、何て言ってるの、ってきいてみたらさー、…なんだとおもう?」

「じつはさー、「ついて来ないで!」ってずっと言ってたんだって!ついて来ないで自分のウチに帰れ、って言ってたんだって!ちょーおもしろくない!?うひーー!!(わらいすぎて椅子から落下)」

「…え?あー、だからさ、なんか、しょんぼりしながら帰ったよーみんなで。なんつーの?反省会みたいな感じで」


月ってじつは宇宙船だったんだって!!

小6の男の子(中学受験生)の家庭教師をやっている。かてきょで小学生の男の子を教えるにあたって重要になってくるのは、だいたいにおいて、“勉強を教えること”そのものっていうよりも、“勉強する体勢をキープすること”の方なのだけど――自分で勉強する体勢に入れるような子には、あんまりかてきょの依頼は来ない――、やっぱり、それは、なかなかむずかしいことが多い。勉強のことなんて一瞬で忘れてしまうのはしょっちゅうだし、そこからまた勉強する体勢を立て直すのには結構な時間がかかる。今日なんか、どっちが渥美半島でどっちが知多半島か、なんて話をしていたときにいきなり、

「ねえねえ知ってる?月の内部って空洞なんだよ!人工地震なんちゃらで調べたらわかったんだって!」

とか言い出して。そこからはもう、ものすごい勢いで、

「月のあの穴ってさー、え?うん、そうそれそれ、クレーター。それって、地球に向いてるほうにばっかりあるんだよ!ふしぎでしょ。で、それの深さがさー、何かすげー浅いんだって!」

「しかも、なんちゃらっていう、なんかケータイとかいろんなのを作るのにちょー重要な物質が、月面にはたくさんあるらしいよ!」

「でさ、月って太陽系のなかでいちばん古い星なんだよ!それなのにさ、なんで月は地球のまわりを公転してるのかっていうとー、…なんでかわかる?」

「だからさー、月ってじつは宇宙船だったんだって!!宇宙人が作った!宇宙船!すごくない??ちょーすげーよー!」

「あー、あとね、石をこうやって積み重ねたやつ(たぶんストーンヘンジのこと)とか、万里の長城とかそういうのを結ぶと、こういう線になって…」

「この線のかたちっていうのが、万里の長城のかたちと同じなんだって!!」

「それで、その線の交差するところでは、人のからだがいきなり発火したりとか、いろいろ怪奇現象みたいのが起こってるんだって!!こわくない?ちょーこええよーー!!」

なんて話ばっかり、夢中になってしゃべって、止まらなくなっちゃって。

で、俺は、勉強しないでムーばっか読んでんじゃねーよ!って言ったのだけど、「ええーー!!なんでわかるの!?見てたの!?エスパー!?」なんて、やたらとびっくりされたのだった。いや、見てないけどさ、わかるよ、それは…。なんか、コミック版『ムー』みたいのがあるらしい。コンビニで買った、って言ってた。


遠慮せず帰る

バイトで、週3ペースで小6の男の子の家庭教師をしている。中学受験生だ。その子には、俺よりもずっと前からやっているメインのベテランの女の先生と、さらにもうひとり先生がついている。だから、ひとりの小学生に対して3人のかてきょがいる、というわけだ。その男の子は自分では勉強できないから、って理由で先生が3人もついているのだけど、こんな毎日のようにかてきょが来たら、そりゃ自分から勉強なんてしなくなるよなー、なんて、ちょっとおもわなくもない。

まあそれでもやっぱり、成績なんかはあまりよくなくて、俺の担当は社会だから(3人は教科を分担して教えている)、この時期になっても毎週のように、「平等院鳳凰堂を建てた人は?」「うーん、道長!」「ちがうだろー、おいー(いい加減にしろやー)」みたいなことをやっている。こないだ、っていってももう2週間くらいまえかな、その子の机のまえに、こんなことを書いたでっかい紙が貼ってあった。

先生方へ 

時計と鉛筆と消しゴム(←受験の必需品)、「必ずする」と言った宿題が出来ていない時は、

本人が「する」という気持ちがないので、遠慮せず帰ってください。

もちろん、メインの女の先生の字だ。で、その文章のしたに、「必ず守ります ○○○(男の子の名前)」ときたない字で書いてある。

これを見たときにはついわらっちゃったんだけど、でもたしかに小学生には効果があったようで(たぶん、さんざん説教もしたんだとおもう)、この紙が貼られて以来、時計と鉛筆と消しゴムはかろうじて机の上に置かれているようになった。っていうか、それまでは勉強しようにも机まわりに鉛筆が1本もない、消しゴムなんて消しかすの丸まったやつくらいしかない、なんて状況がわりとふつうだったのだ。12月に入ってからやっとこれ、って遅すぎかもしれないけど、これはこれで大した進歩だ。俺は、まったくもって無責任な感想だけど、なんかいいなーこういうの、なんておもったりした。


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive