タグ ‘ かてきょ

鮪のこと(その2)

最近、夜眠れなくて困っている。昨日なんかも目が冴えまくってぜんぜん眠れなくて、結局徹夜のまま面接受けることになっちゃったし。今日も眠れないまま朝を迎えようとしているので(いま寝たらぜったい授業に出れない…)、俺がかてきょをやっている小6男子、鮪の話をまた書こうとおもう。

 *

小学生とかが家で買い与えられる、いわゆる学習机みたいなやつって、机の上一面に薄いビニールのシートみたいなのが置いてあるでしょう?時間割とか、ちょっとプリントなんかをはさんでおけるようになっている感じの。ねぎとろおにぎりの一件からしばらく経ったある日のこと、鮪の横に座って勉強のようすを見ていた俺は、そのシートと机とのあいだに、マグロの絵が描かれたルーズリーフがはさまっているのを発見した。

それは鮪直筆の、精妙なマグロのイラストだった。まず、紙の中央に大きなマグロの絵(←妙にリアル)があり、そこへ線が引っぱられて、○○マグロ、とか書いてある。その左上には、大きくきっぱりとした“鮪”の文字があって、この紙に描かれているのがマグロ関連のいろいろであることを強く主張している。下のほうには、おかしな形に歪んだ日本地図とその周辺の海とが描かれていて、上のマグロがどの海域で獲れるのかがわかるようになっているのに加え、それぞれの海で獲れる鮪の種類が詳細に記されてもいる(ひがしシナかい:メバチマグロ、日本かい:クロマグロ…)。彼はたべものとしてのまぐろのみならず、生物としてのマグロの愛好者でもあるということに、俺はここで気づいたのだった。

しかし、驚くべきは“ひがし”も“かい”もひらがなのくせに、“鮪”だけはきっちり漢字表記になっているという点だ。鮪の漢字読解能力、語彙の少なさはかなりとんでもないレベルで、たとえば、“姉”“妹”のどっちが“あね”で、どっちが“いもうと”なのか区別がつかなかったり、“一郎、二郎、三郎”を“いちたろう、にろう、さんろう”と読んだり、“親切”を“おやせつ”と読んでしまったりするような、大変困ったちゃんなのだけれど、マグロに対する愛がそうさせるのか、どういうわけか“鮪”だけはばっちり漢字で書けているのだった。

 *

かてきょをやるとき、とくにやる気のない小学生を相手にするときは、できるだけやつらの世界に入っていくこと、やつらの興味・関心(たとえば、ポケモンとか)にできるだけ接近していくことが肝心だ。やつらは基本的に自分のいる世界しか見えていないし、見ていたとしても自分と異なる世界のものごとには大して興味を持とうとしない。そういうわけで、すきなものが鮪ってことになると、これはなかなか厄介なのだ。社会科の漁業の単元はともかくとしても(沖合漁業、遠洋漁業とかね)、やっぱりちょっと接近しづらい。べつに鮪の他にもすきなものがあればいいんだろうけど、残念ながら鮪以外の話題ではめぼしい反応が得られていない、というのが現状なのだ。もう半年以上かてきょやってるのに…。


鮪のこと

何度かここに書いているH(中1・♂)の他に、俺はいまもうひとりの子のかてきょもやっている。この春から小6になった彼のことを、ここでは鮪と呼ぼうとおもう。なぜ鮪なのか?きわめてシンプルなその答えは、彼のすきなものが鮪だからだ、という一点に尽きる。

彼のフェイバリットがまぐろだということは、彼と直接会う前から知らされていた。かてきょを受け持つときに、派遣会社の方から生徒のデータとか自己紹介シートみたいなのを見せてもらったりするわけなんだけど(あなたの血液型は何ですか?/きらいな科目はありますか?/どんな先生がいい先生だと思いますか?…)、その「すきなもの」についての欄に、彼は、“まぐろ”と書いていたのだ。え、すきなものまぐろって?食べるのがすきってこと??たいていの子は、やっぱり“野球”とか“DS”とか、“マンガを読むこと”とか書いてあったりするわけで、まぐろっていうのは俺は初めて見た。ここにたべものを書いてくるなんて。なかなか斬新だし、意表を突く回答だ。

鮪がたべもののまぐろをどのくらいすきなのか、ってことはすぐに明らかになった。鮪のかてきょをやるようになってたぶん3、4回目だったかな、昼ごはんを食べ損ねていた俺はもうおなかが空いてどうしようもなかったので、鮪に問題を解かせながらコンビニのおにぎりを食べようとしていた。のだけど、おにぎりの袋をぴいって開けて、ビニールを外して海苔を三角に巻きつけ、食べる、その一連の動作のなかで、なんだか妙に熱のこもった視線が手元のあたりに感じられて。あ、ちょ、ごめんごめんすぐ食べおわるよー、なんて言おうとした瞬間、はっと気がついた。俺の右手のなかにあるのは、ねぎとろのおにぎりだったのだ。

や、いくらまぐろだからってそんなに見つめなくてもさ…、とはおもったけど、後に鮪の力説したところによれば、ねぎとろのおにぎりは(近所の)セブンでは売ってなくて、(近所にはない)ファミマだけでしか手に入らないものなのだそうだ。どうやら、俺が無造作に食べていたのが、鮪にとっては神聖な憧れのねぎとろだった、ということらしいのだった。


英語を教える

俺がかてきょをやってる男子、Hのこと。

Hも4月からは中学生なので、最近は英語を教えている。とは言っても、Hは英語のスペルを読んで発音することはまだほとんどできていないし、例文にしても、”Hello,I’m Ken. Nice to meet you.”くらいしか覚えられていない。まあ基本的に英語に興味がないわけなんだけど、なにしろ12歳の男子だから、下ネタは大好物だ。なので、例文を効率よく覚えさせるには下ネタを使うに限る。とりあえず俺は、”pocket monster”とは、ちんこのスラングである、と解説した。

結果、Hが覚えることができたのが以下の会話。

“Is this your pocket monster?”

“Yes,it is.It is my pocket monster.”

penの代わりにpocket monsterを使うことで、学習効率は飛躍的に向上する。間違いない。今後は、学習状況に応じて、“Whose pocket monster is this?” “It is mine.”とか、”This pocket monster is longer than that one.”などを付け加えていけば応用も効くし。

後日、学校でpocket monster(下のポケモン)を流行らせることに成功した(用法:「やっべー、オレのポケモン立ってきちゃったよ!」、「おい、おまえのポケモンチャックから見えかけてるぞ!」など)、との報告をHから受けた。やったね!


合格体験記

俺がかてきょをやっている小6男子、Hが、「合格体験記書いたー!」と自慢げに見せてきた。

<合格体験記>

合格校:○○大付属中学、××中学

生徒氏名:●●●●

☆家庭教師をお願いしたきっかけを教えて下さい。

自分の学力を理解し、より偏差値を上げ、合格に一歩でも近づくための最善の手段は、やはり家庭教師ではないかと思ったからです。兄も家庭教師に習っていて、見事合格したので、僕も△△先生を信頼しようと思いました。

☆指導の感想をお聞かせ下さい。

やはり家庭教師で正解でした。自分の不得意な所を家庭教師とのやりとりで解決できました。先生のおかげで自分に自信が持て、希望の中学に合格できて、本当によかったです。

★生徒さんのコメント

△△先生は、いつもいち早く僕のことを理解してくれるとてもいい先生です。わからない所があったらていねい教えてくれるし、おもしろく授業を進めくれて、とても楽しく勉強ができます。合格できたのは、△△先生がしっかり指導してくれたおかげです。本当にありがとうございました。

上の☆ふたつは、本当は親が書くところなんだけど、Hが勝手に書いちゃっている。で、これ、ちょっと俺が語尾を直したりしてはいるんだけど、結構うまくない!?(…って、本人が書いたのを見たときはおもったんだけど、こうしてPCの画面で見るとそうでもないな…)

いや、でも、まさか“机の上を片付けること=机の上のものを全部床に落とすこと”だとおもっているHから“最善の手段”とか、“信頼”なんてことばが出てくるとは想像もしていなかったので、これを読まされたとき俺はおもわず吹いたのだった。まったく、小学生ってのは嘘がうまい生き物だとつくづくおもう。授業がおもしろい、ってところ以外はほとんど全部こころにもないことのはずだ。本人いわく、「オレ、これでCMとか出れんじゃね?ほら、よくやってるじゃん、『あとは応用力をつけるだけ!』みたいなやつ。やっべー!」


ナイジェリアからの転校生(その3)

最近は就活のいろいろで疲れてしまっていて、なんだかあんまり本も読めず映画も見れずな感じなので、今日もかてきょについて書こうかとおもう。俺が教えてる小6男子(以下、H)の話。

あ、そうそう、その前に。自分の過去の記事を読み返してみたんだけど、なんていうか、こいつのことを、妙に“かわいげのある”感じに書いていることに今さら気がついた。べつに嘘を書いているわけじゃないんだけど、やっぱり、ほんとはそんなかわいい感じばっかりじゃないんだけどなー、とはおもう。正直、H本人は、俺の今までの文章から読み取れるより、20倍くらいしょうもないやつのはずだ。もっとばかだし、その辺のものとか何でも、鉛筆だろうが教科書だろうがすぐ投げるとこなんか、ほんとアニマルっていうか、幼稚園児並みっていうか。ランドセルから何かものを出そうとするときに、いちいちランドセルごと逆さまにひっくり返して中身を床とかに全部ぶちまけちゃうやつ、ってクラスにひとりくらいいるでしょう?Hはそういうタイプだ。

<書かないために書く>という話を以前に書いたけれど、ちょっとそういうところもあるのかもしれない。なにを書くか選別していくなかで記憶は再構成されていくわけだけど、そこでは正確さは多少なりとも犠牲になっている、っていうか。俺はこの子の他にもうひとりかてきょを担当してるのだけど(小5♂・こいつもかなりどうしようもないやつ!)、かんがえてみれば、そっちの子については日記に一言も書いたことがない。ただの悪口だか愚痴だかになっちゃいそうで、気が引けてしまっているのかもしれない。

まあいいや。とりあえず、今日も転校生アニエス(仮名)の話をしていたので、それを記録しておくことにする。

 *

Hとアニエスは違うクラスだ。

「きのうさー、オレが理科の実験の忘れもの取りに教室にもどろうとしたときなんだけど、3組の窓際のここんとこ(机に教室を俯瞰した図を描く)に、ロッカーっていうか、上に植物とか置いてある棚みたくなってるとこがあるんだけど、そこに座ってさー、なんかこうやって足組んで外見てたんだー」

「え、あー、アニエスねアニエス。アニエスがそこに座ってて。で、3組は体育だったから、教室に誰もいないじゃん。だから、なんか体育やりたそうな感じで外とか見てんのかなー、っておもったんだけど」

アニエスは日本語があまりわからないから?体育に参加していない?らしい。Hの話は要領を得ないので、本当のところはよくわからない。

「意外と冷静で、なんか鼻でわらってるみたいな感じなの。なんか、無邪気に遊ぶ6年3組を鼻でわらうみたいな」

「で、そんとき窓開いてたからさ、風がすーっと通って、それでアニエスの髪の毛がふわってゆれて」

「なんかそれがもうさー、ちょーかっこよかったんだよ!」

「でさー、なんかたまたま?3組のクラスのうるさい系のやつが教室に戻ってきて。そいつがアニエスを見つけて「あ」とか言ったから、そっちの方を一瞬だけ横目でちらって見て」

「あぁ?みたいな、なんか雑音が聞こえた、みたいな感じで。で、また窓の外をちょっとばかにしたみたいな顔して見てんの」

「あれはまじびびったわー。ちょーかっけーんだって!まじどんだけー!」

「オレもアニエスみたいになりてーよ!!ちょークール!やっぱ、まずは顔黒くしないとダメかなー」


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive