カテゴリー ‘ 音楽

The Charlatans@LIQUIDROOM

f:id:hayamonogurai:20101130220030j:image:h170

マッドチェスター(ほぼ)唯一の生き残り、The Charlatansの単独に行ってきた!俺よりもうちょい上くらいの年齢層がメインの会場は、さすがにぎう詰めとまではいかなかったけれど、その代わりにとってもアットホームな雰囲気で、多幸感が溢れるようだった。

なにしろ、オープニングから”Then”に”Weird”って、もうこの時点で、きょうのライブ見れてよかった…!って気分にさせられちゃったわけだけど、新旧をうまく取り混ぜたセットリストはとにかくいい曲のめじろ押しで。”One To Another”、”Tellin’ Stories”なんてもう、最高だった。ハモンド・オルガンを中心にしたバックの演奏がとにかくかっこいい。

本編ラスト近くの”North Country Boy”では、それまで観客として会場内にいた(…とおもう。何度かすれ違ったし)カール・バラーがゲストとして登場。ティムにべったべたにくっつきながらカラオケのノリでサビをてきとうに歌い、ふらふらと去って行ったり、なんてサプライズもありつつ、たのしい時間はあっという間に過ぎていったのだった。

脳腫瘍で療養中のジョンがいなかった――サポートはThe Verveのドラムの人だった――のと、個人的にいちばん好きな4枚目と8枚目から1曲も演らなかったのは残念だったけれど、それ以外はまったく文句なし。安定感があり、それでいて、次は何を演ってくれるんだろう…ってどきどきできる、素晴らしいライブだった。ティムはロックスター然として若々しく(髪の毛はなんかもじゃもじゃですごいことになってたけど)、他のメンバーはクールに落ち着いてて、UKロックの王道って感じでかっこよかった。フェスとかでもいいから、これからもちょくちょく来日してくれるといいんだけどなー。

以下、セットリスト。

Then

Weirdo

Can’t Get Out Of Bed

Blackened Blue Eyes

Smash The System

You’re So Pretty – We’re So Pretty

One To Another

Your Pure Soul

Tellin’ Stories

My Beautiful Friend

Oh! Vanity

My Foolish Pride

Intimacy

The Misbegotten

The Only One I Know

North Country Boy

This Is The End

———————————-

Love Is Ending

Sproston Green

それにしても、11月後半は往年のUKロックバンドが来日しまくりで、twitterとかでの盛り上がりっぷりが本当に凄かった。アッシュにシャーラタンズにマニックス、あとジャミロクワイも来てたんだっけ(この辺、ぜんぶ見たい!って人はさぞかし大変だったろうとおもう…)。まったく、いまって2010年なんだぜ!って言いたくなるよね…。

Who We Touch


Charlotte Gainsbourg@東京国際フォーラム

f:id:hayamonogurai:20101107202416p:image:h170

ベックプロデュースの新作は正直あまり好みではなかったものの、何しろあのシャルロット・ゲンズブールがライブをやる、っていうんだから、これはチェックしないわけにはいかないでしょ!ってミーハーな気分で会場に向かったのだったけれど、さすがは現代フランス最強のサブカルアイコン(じゃない?)、遠目で見てもオーラがまったく違っていた。

もちろん、見た目というかシルエット――照明はずっとかなり暗めだった――の時点で常人とはまったく異質なかっこよさがあったのだけど、それよりなにより、そのふるまいの自然さ、まったく無理していない感、みたいなものが凄かった。…いや、無理してない感じが凄い、ってほとんど言語矛盾だけれども、国際フォーラムみたいな広大な会場でライブをしながら、まったくもってナチュラルなテンションでいる(少なくとも、そのように見える)、ってのは、なかなか驚くべきことじゃないかとおもう。ごく淡々としているというか、そっけないというか、ふつうのミュージシャンや俳優とは明らかに違った、ふしぎな感じがしたのだった。そして、俺のまわりの女子たちはみんな揃いもそろって、そんなシャルロットに目をきらっきらとさせていたのだった。

演奏は、さすがにベックのバックバンドだけあって手堅くタイトだったけれど、シャルロットのボーカル――決して声を荒げることがない――については、さすがにこういう大ホールには合っていないかな…と感じた。曲自体もかなり密室的というかパーソナルな匂いの濃いものが多いから、DUOとかAX辺りの小さめな会場で見れたら、きっともっと素敵だっただろうなー、なんておもったり(そうそう、会場には結構空席も多かった)。

IRM


Date Course Pentagon Royal Garden@日比谷野外大音楽堂

10月9日、土曜日。みんなが待っていたDCPRGの復活ライブは、じつにハードな天候の下で行われた。ひとことで言って、豪雨。ふたことで言うなら、防水仕様のアウターを着ていてもなお雨が肌まで染み込んでくるような大雨、だった。もうその時点で記憶に刻みつけられるのは決定済みだったわけだけど、ライブの内容の方も、それはもう、期待以上に素晴らしいものだった。

前座は、小林径によるDJと、ヨスヴァニー・テリー&リッチー・フローレスによる演奏。じっと座っていると寒いし雨が顔を濡らしてくるし風邪引いちゃいそう、っていう状況だったから、とにかく立ち上がって身体をどんどん動かしながら見た。

で、いよいよ本編。まずは菊地(なんかすごい帽子をかぶっていたっけ)と坪口が入ってきて即興演奏を始め、そこから徐々にメンバーが登場しながら”ジャングルクルーズにうってつけの日”が進行していく。いくつものリズムが混ざり合ったり合わなかったりしながら、巨大なグルーヴのカオスが生み出されていくそのようすは、わかっていたことではあるけれど、むちゃくちゃにかっこよかった。

…むちゃくちゃにかっこよかった、ってばかみたいな感想だけれど、もう、本当にそれしか残っていない気がする。約2時間のあいだ、ひたすら気持よく踊り続けて、曲のイントロやかっこいいソロやブレイクにおもわず声を上げて、そのうち雨が降っているのかどうかすらわからなくなるくらい幸せな気分になって、そのままライブが終了しちゃった、という感じだったのだ。

個人的なハイライトは、”Circle/Line~Hard Core Peace”後半の祝祭感溢れまくる盛り上がりと、坪口のソロ(ショルキーでもってジミヘンばりのパフォーマンス!)、そしてやっぱり、アンコール”Mirror Balls”が始まった瞬間の会場の「待ってました!」感、辺りかな。まあとにかく最高だった。はじめてDCPRGの音楽を聴いたとき、こんなにかっこいいバンドが日本にもあったのか!!って驚いたものだけど――その後しばらくは、他の音楽が完全に色褪せて退屈なものにおもえたものだった――そのときの感覚をおもい出しながら、ずっと踊っていた。

以下、セットリスト。

Perfect Days For Jungle Cruise

Play Mate At Hanoi

Structure II A Structure Del` Amerique Medievale

Circle/Line~Hard Core Peace

Mirror Balls

REPORT FROM IRON MOUNTAIN


KAREN@下北沢Club Que

f:id:hayamonogurai:20100930233429j:image:h170

9月23日、秋分の日。朝から雨が降っていたけれど、この雨とともに一気に秋がやってきたみたいだ。かなり涼しく、いや、もはやちょい寒いくらいになってきている。

夕方、松やで腹ごしらえをしてから、下北沢へ。南口を出て歩きながら、そういえば、去年もちょうど今頃、KARENを見にQueに行ったんだったよなー、なんておもい出したりする。でももう来年はない。つい先日発表になったばかりだけど、KARENは今年いっぱいで解散してしまうのだ。俺にとってはいまの日本でいちばん好きなバンドのひとつなだけに、正直とっても残念だけれど、とにかくきょうは目一杯たのしませてもらわなくちゃ、ってファッキンの横の階段を降りた。

●THE NOVEMBERS

まずは対バンのTHE NOVEMBERSから。入場曲がRideの”Dreams Burn Down”(たしか)で、おまけにメンバーの着ているTシャツは各々スミス、ジョイ・ディビジョン、マイブラ、ルー・リード、っていうわかりやすさ。ちょっと笑った。

そんな辺りからも予想できる通り、とても親近感の湧く(なんていうか、すごく同級生感のある)サウンドだった。ああ、きっとこういうのが好きで、こういう音楽をやりたいんだろうな、っていうのがすんなりわかる感じ、というか。シューゲイザー風ギターでダークかつポップな楽曲をやるところなんかは、ちょっとART-SCHOOLっぽくもある。ボーカルの一所懸命に歌う感じと、むちゃくちゃ抜けのいいベースの音が印象的だった。

●KAREN

で、いよいよKAREN。曲はすべて1st,2ndからのもので、どれもいいのはわかっていたけれど、改めてKARENは最高にかっこいい!!とおもった。

もう、なんていうか、バンドとしてかなり成熟してる感がある。解散発表を受けてのインタビューで、木下が「KARENでやれることがもうなくなった」的なことを言っていたのもわからなくもない気がしてしまうくらい、安定感のあるバンドだよなー、っておもわされた。毎回釘づけにさせられてしまうリズム隊はもちろん最高だったけれど、今回はとくにボーカルのアチコの気迫ががんがんに伝わってくのがよかった。本編ラストの”Flapper”と、アンコールの”サーチライトガール”で作り出されためくるめく音の渦なんて、もう本当に恍惚となるほど素晴らしくって。

解散は残念過ぎる――こんなにかっこいいバンドなのに、あまりにももったいない!――けど、とにかく12月のライブには絶対行くしかない!とおもう。


SUMMER SONIC 2010

f:id:hayamonogurai:20100829230120j:image:h170

海浜幕張に着いたのは12:00頃のことで、友人とふたり、カプリチョーザで気持ち悪くなるくらいピザとパスタを詰め込んでからのんびりとメッセに向かった。外はまさにフェス日和、って感じに日差しが降り注ぎまくる完璧な晴天だったけれど、屋外のステージに行く予定のいっさいない自分たちには、あまり関係ないことなのだった。

まずはてきとうにあちこちのステージを見て回る。Two Door Cinema Club、Biffy Clyro、Delphicなど見てみるも、なんだかどれもいまひとつぐっとこない。最近のUKの若手バンドにまったく興味を失ってしまっている自分をあらためて実感する。そうして気がつけばもうそろそろ夕方。ま、この辺からが本番だもんね、って気分を盛り上げて、ソニックステージに向かった。

●Passion Pit

duoで単独を見たときに、まあ悪くはないけど、CD以上のものがあるかって言ったら別にないよな…とおもってしまったのだったけど、今回もまったく同じ印象。曲は悪くないものの、全体的に一本調子で、ちょっと退屈してしまう。でも、周りはすごい盛り上がっていたし、予習ゼロの友人も、かなりたのしかった!って言っていたから、単に俺が飽きてしまっているだけなのかも…。あー、でも、”Sleepyhead”はやっぱりいい曲だったな。

●Richard Ashcroft & the United Nations of Sound

一緒に回っている友達と、今年のサマソニは懐メロ大会だよねーなんて話していたのだけど、我らがカリスマ、リチャード御大はそんな後ろ向きな気持ちを吹き飛ばすようなパフォーマンスを見せつけてくれた。

坊主頭(!)で登場した御大とバンドは、”Are You Ready?”,”Born Again”など新作からの曲を次々にプレイ。予習として聴いていたときは、いやー、またベタなメロディの曲を持ってきたなー、くらいにおもっていたのだけど、いや、なんだかそのどれもがなかなかかっこよく聴こえてくる。安定したリズム隊もいいし、ブルージーなワウギターもいい。で、リチャードの独特なねっとりとしたボーカルもやっぱり素晴らしい。何なんだろうこれは、現役感、現役の勢いがある、ってことなのかな。ヴァ―ヴの”Lucky Man”も途中で演ったけど、他の曲とのあいだに違和感はなかったし。

途中でリアム・ギャラガーに電話してみたり(いったいなぜ…しかも奥さんが出ちゃったし)しつつも、バンドは新作から5,6曲をプレイ。どれも曲としてはまあふつう、って印象なのだけど、演奏はかっこよかった。

そうしてラストは、”Bitter Sweet Synphony”。まあこのイントロは魔法のようなものなので、当然、超盛り上がった。…というか、俺の周りでは涙を流している人すらちらほら。この曲、初期ヴァ―ヴのサイケデリックな曲たちとはだいぶ齟齬がある気がするけど、リチャードの新作とは方向性が似ているので、きっと今後もずっと演ってくれるはず。

個人的には、ヴァ―ヴのアルバムはどろっどろにサイケな1stが最高だとおもっているので、こっちの方向にはあまり興味を持っていなかったのだけど、生リチャードにはすっかりやられてしまった。新作、ちゃんと聴いてみなくちゃなー。

●Smashing Pumpkins

たぶん多くの人たちと同様に、オリジナルメンバーがビリー・コーガンひとりのスマパンなんて…と、あまり期待はしていなかった俺だけど、いや、彼らもまた、予想外に素晴らしいライブを見せてくれたのだった。

おっ!と始めにおもったのは、へヴィにアレンジされた”Ava Adore”のとき。ベースもツインギターもすごくいい。なんていうか、若いバンドが持っているような、強引な勢いがあるのだ。で、特に目が行くのがハチマキをしたドラムの少年!さすがジミー・チェンバレンの代わりをやるだけあって、すごくセンスを感じさせるプレイだった。ブラストビートもいけるし、エイトとかシンプルなところもなんかいちいち上手い。オリジナルメンバーはビリーひとりとはいっても、いまのスマパンはちゃんとこの4人のバンドになってるのかもなーとおもわされた。

セットリストは新旧の曲を縦横に織り交ぜたものだったけれど、どの曲もへヴィで暑苦しいのが素晴らしかった。”Bullet With Butterfly Wings”,”Today”,”Tonight,Tonight”,”1979″などなど、みんなが聴きたい曲はだいたい演ってくれたんじゃないか、ってくらいでもう大満足。で、アンコールに出てきたビリーは、「みんな10年のあいだスマッシング・パンプキンズを信じていてくれてありがとう。最後の曲は、ロックの力についての曲、ロックの力を信じることについての曲だよ」なんて発言。往年のファンはおもわず目頭が熱く…ってところで、あのイントロが!この日のハイライトを選ぶなら、俺はこの瞬間、”Cherub Rock”の始まる瞬間を迷わず選択するけど、こいつはもうとにかく最高だったとしか言いようがない。まさかいまになってスマパンにこんなに興奮するとはおもいもしなかったけど(たぶん高校生のとき以来、ちゃんとアルバム通してなんて聴いてない…)、10代の頃に好きだった音楽って、身体のなかに染みついちゃってるんだなーとつくづくおもったのだった。

●Pavement

深夜ステージ。リチャードもスマパンもよかったけど、いよいよここからが本番だ!って気持ちで見た。どの曲も最高で、もう二度と見れないのかとおもうとひどく悲しい気分にもなったけれど、おっさんになってもペイブメントはやっぱりペイブメントで、よれよれしていてあんまりぱっとしなくて、でもすごくかっこよくて、ロックだった。

自分的ハイライトは、”Stereo”,”Shady Lane”辺り。”Summer Babe”を聴けなかったのだけが心残りだったけど、でも、最高のライブだった。高校生の頃、バンドやるならきっとこういうバンドをやるんだ!ってかんがえていたのをおもい出したりしてしまった。

●Atari Teenage Riot

ペイブメントのまま前線に残っていたのが間違いだったのだけど、ここですべての体力を使い果たしてしまった。ATRのライブって、ほんとに暴動みたいなのな!しんどいーあついーとおもいつつも、客席ダイブしてきたアレックにはしっかりタッチしてしまったり。

●Freebass

そして誰もが待っていたに決まっている、フリーベース!…いや、じっさい客の入りはもう少なくて(だって、ライブが始まったのがAM3:00とかなのだ)、かなりアットホームな雰囲気になっていたとおもう。フッキーはハイポジでメロディーを弾き、マニはしっかり低音をおさえる、って感じの役割分担になっていて、ベース2本とはいえ、とくに真新しかったり実験的だったりということはなく、ふつうに抒情的で渋めなUKロックになっていた。ボーカルは元Havenの人だった。

アンコールでは、フッキーがボーカルを取って、Joy Divisionの”Transmission”,”Love Will Tear Us Apart”をプレイ。こんなの、盛り上がるに決まってるじゃんねー、ずるいなー、なんて一瞬おもってしまったけど、次の瞬間には喜びのあまりがんがんにジャンプしている自分がいた。ま、この2曲が断トツで素晴らしかったのは間違いない。

 ※

深夜ステージを見終わって、ソニックステージ後ろの床にごろり転がって眠って、始発で帰った。どれもすごくいいライブだったけど、俺はもう最近の若いバンドに興味なくなっちゃってるんだな…としみじみおもわされたのが今回のサマソニだった気がする。リチャード、スマパン、ペイブメント、フッキーにマニ、ってほとんどみんな90年代が最盛期だったバンドの人たちだし、自分にしたって、彼らの音楽が本当に大好きで熱心に聴いていたのは高校生の頃なわけだし…。ああ、こうして人はおっさんへと近づいていくのかも…。


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive