カテゴリー ‘ 音楽

Tulipa Ruiz@青山スパイラルレコーズ

先々週の土曜は、BOSSA AOYAMA 2012(08年から毎年青山で開催されているフリーライブイベント。原宿教会とかフランフランとかスパイラルレコーズを会場に、タダでボサノヴァのライブが聴ける。あと、ワークショップとかトークショーとかもある)に行ってきた。今年は、サンパウロ出身のシンガーソングライター、トゥリッパ・ルイスのライブがとくによかった!ので、その感想をかるく書き残しておくことにする。

 *

トゥリッパは、とにかく身体がでかくて丸々としていて、一度見たら決して忘れられないであろう強烈な存在感の持ち主だった。黒いスパンコールのドレスを着ていて、なんていうか、森公美子的な風貌である。そしてめちゃめちゃ愛想がいい。気さくなねーちゃんという感じで、モレスキンの手帳を見ながら日本語であいさつしたり、歌いながら(巨体を揺らしながら)観客席の奥のほうまでずんずん入って来てはハイタッチしたり、レコード会社の担当の伊藤さんっておっさん――なぜかベイスターズのブルーのTシャツを着ていた――と日本語でデュエットしちゃったりもする。

彼女のボーカルは、声色と声量の振れ幅がものすごく大きい。マイクと口との距離をいろいろに変えながら、ピアノとフォルテとをなめらかに行き来する歌声が小さなホールに響き渡っていくのは、かなり心地よかった。あと、彼女の表現力やグルーヴ感は、イベントに出演していた他の日本人シンガーたちとはまったく別種のものという感じがした。良い悪いっていうか、そもそも方向性自体がぜんぜん違っているのだ。

バンドは3人編成。トゥリッパ・ルイスがボーカルで、弟のグスタヴォ・ルイス――彼もころころとした体型で、いかにも姉弟というルックスである――がアコースティック・ギター。で、もうひとり、マルシオ・アランチスは、ほとんどの曲でボイスパーカッションしながら楽器を弾く、というなかなか手練のベーシストで、さらにエレキギターと小さなシンセまでも使い分けるマルチプレイヤーでもあった。曲自体は、予習としてCDを聴いていたときとおおむね同じ印象で、ブラジル産のインディー・ポップというところ。どれもちょっぴりひねりが効いていて、軽やかで陽性なところがよかった。

個人的なハイライトは、曲の展開部で怪鳥のような金切り声が連発される、”Like This”。「アアアアアアアアアアアア〜!」って強烈なシャウトを決めた直後にふつうの歌声に戻るところなんて、何回聴いてもおかしくって。これはトゥリッパ的にも押しの一曲であったらしく、アンコールでも演奏してくれた。


コトリンゴ@代官山Loop

9/15(土)、代官山Loopにて、コトリンゴとDE DE MOUSEのツーマン。コトリンゴの最近のライブは毎回たのし過ぎるので、超期待して会場入りしたのだったけれど、やっぱりすばらしいクオリティのライブを見せてくれたのだった。

メンバーは、最近ではもはやおなじみとなった、Ba.村田シゲ、Dr.神谷淳平とのトリオ編成。このバンドスタイルのコトリンゴの主軸となっているのは、やっぱり神谷のドラムなんじゃないかなーと改めておもった。コトリンゴの書くメロディにはちょっと不釣合いなくらい激しいドラムがバンドを一気に活気づけ、楽曲のイメージを一新していくような感じがもうかっこよすぎるのだ。(あと、くわっと目を見開いて、鬼瓦みたいな顔になって叩くところもいい!)このバンドは3人が3人とも音数が多い、っていうのもあるけど、トリオとはおもえないくらいカラフルな印象のする演奏だった。

ほんとに全曲よかったのだけど、”恋とマシンガン”後半のインプロとか、”Today is yours”のドラムvsピアノな展開はとくに印象的だった。テンポを落としてジャズテイストになった”おいでよ”もよかったな。もうとにかく、このメンバーでのフルアルバムがたのしみ。

以下、セットリスト。

1. Dance
2. LIFE
3. Prologue
4. メトロポリタン美術館
5. 恋とマシンガン (Young, Alive in Love)
6. みっつの涙
7. Today is yours
8. おいでよ
9. Ghost Dance


My Morning Jacket@渋谷AX

f:id:hayamonogurai:20120805132149j:image:h170

またまた、3月に見たライブの話。

 *

3/29、渋谷のAXで、およそ3年ぶりのマイ・モーニング・ジャケット。前回のライブでは、それはもう怒涛のような感動を味わってしまっていたため、自分のなかではいやがおうにもハードルが上がってしまっていたのだけれど、さすがに期待通りのパフォーマンスを見せてくれた。当日は平日ということもあって、冒頭30分は見れなかったものの、フロアにはまだじゅうぶんな隙間があったから、まずまずのポジションを確保して見ることができた。

ボーカルのジムは相変わらずの美声&素晴らしいもじゃもじゃ具合だし、ギターのカールはクールかつ芸達者(今回も、サックスとペダル・スティールを披露)だし、ベースのトミーは右手の動きが相変わらず激しすぎて謎だし、キーボのダニーは今回はよく音が通っていたし、ドラムのパトリックもやっぱり圧倒的にもじゃもじゃで、素晴らしい安定感のばしゃばしゃドラムを叩いていたし、とってもよかった。ひさびさに、わー、自分の好きなバンドが目の前で演奏してるよ!っていう純粋なヨロコビを感じられるライブだったようにおもう。

ただ、ここ最近、日常的にロック的な音楽をほとんど聴いていないこともあってか、前回見たときみたいに震えるほど感動したとか全身が幸福感で包まれたかというと、そういうわけにはいかなかった。まあ、仕方のないことだ。自分の感覚も感情も、もちろんバンドの音楽も、一日ごとに変わっていくのだから。ゆく河の流れは絶えずして、というやつだ。

でも、3年も前のことなのに、あのときの輝かしく前のめりで期待に満ちた高揚感は、いまでもはっきりとおもい出すことができるし、そうしていると、おもわずちょっとにやにやしてしまうくらいなのだ。まったく、ノスタルジアというやつのなんと手強いことよ…などとおもう。

以下、セットリスト。

Victory Dance

Circuital

It Beats 4 U

I’m Amazed

Lowdown

Outta My System

Mahgeetah

Slow Slow Tune

Golden

Dondante

Smokin’ From Shotin’

First Light

Run Thru

(End Only)

Touch Me I’m Going To Scream Pt. 2

Movin’ Away

Phone Went West

(アンコール)

Wordless Chorus

Dancefloors

Holdin’ On To Black Metal

One Big Holiday

Circuital


青葉市子@原宿Vacant

f:id:hayamonogurai:20120731214800p:image:h170

きょうも、3月に見たライブの話。

 *

3/18、しっとりとした小雨の降る日曜日に、原宿のVacantにて青葉市子の独奏会。Vacantはログハウスのロフトみたいな雰囲気の会場で、木のぬくもりと薄暗がりのなかのオレンジ色の光がやさしい、おしゃれ感のあるちょっと素敵な場所だった。ただ、会場はまったく平坦なフロアだったので、ざぶとんつきの長椅子にに腰掛けると、前の人の頭でステージが致命的に見えにくくなってしまう、というのがちょっとつらいところ。あと、クッションじゃなくてあくまでもざぶとんなので、長いあいだ座っていると尻が痛くなってくる。うしろの方には椅子やソファもあったから、そっちに座ったほうが快適だったのかもしれない。

背中まであるたっぷりした黒髪に白のワンピース、ふわふわゆったりとした動作の青葉市子は、会場の薄暗さと相まって、ちょっと巫女みたいな幽玄な雰囲気を漂わせた女の子だった。とはいえ、ギターを爪弾く右手の動きは非常に安定していて、ときに鋭角的ですらある。歌われる曲も、いっけん眠たげで、雰囲気ものっぽいところがあるようにおもえるものの、じつはかなり複雑な構成の曲が多いし、随所に意外なリズム変化や転調が織り交ぜられていて、何度もはっとさせられる。穏やかななかにも常に緊張感があり、まろやかさのなかにも刺がある。ただ、その緊張感や刺といったものは、聴き手に緊張を強いるために、あるいは曲を盛り上げるために、いかにも狙いすました、という感じがまるでせず、ごく自然に発生して、無理なく音楽の全体に融け合っているようにおもえて。青葉はギターも歌もとても上手いのだけど、そこが何より素晴らしいなーとおもった。

“日時計”、”機械仕掛乃宇宙”、”IMPERIAL SMOKE TOWN”といったヘヴィでひりひりとした曲の合間に歌われた、”三匹のくま”や”おもいでカフェ”の軽やかさにはぐっときたし、あそびでラルクの”HONEY”をボサノバ風味にカバー、なんておちゃめなところもよかった。そうして、ラストの”ひかりのふるさと”、”奇跡はいつでも”では、白くてまろやかで暖かい、ふんわりとした繭に包まれたような心地にさせられてしまって。この人の音楽をこれから何度も聴きに行きたい、とおもわされてしまったライブだった。

以下、セットリスト。

不和リン

腸髪のサーカス

レースの向こう

日時計

三匹のくま

繙く風

(休憩)

おもいでカフェ

HALFWAY

HONEY

機械仕掛乃宇宙

IMPERIAL SMOKE TOWN

重たい睫毛

ひかりのふるさと

(アンコール)

奇跡はいつでも

うたびこ


コトリンゴ@Duo Music Exchange

f:id:hayamonogurai:20120311160729j:image:h170

Evernoteを整理していると、ブログを更新していなかった頃に見たライブの感想メモがいくつも出てきた。これから何日かかけて、それらの体裁をてきとうに整えたものをアップしておくことにする。

 *

3/17、渋谷のduoでコトリンゴ。去年、フジロックの木道亭で見たときにすっかり気に入ってしまったので、同じバンドスタイルでのライブなら単独もぜひ!とおもって行ったのだったけど、予想通りのとてもいいライブを見せてくれた。コトリンゴがピアノボーカル、□□□の村田シゲがベース、赤い靴の神谷洵平がドラム、っていう3人編成。3人それぞれが独特な雰囲気の持ち主で、かっこいい。

“恋とマシンガン”のカバーから始まったライブだけど、やっぱりレコ発なので、曲は新譜『La mémoire de mon bandwagon』からのものが中心。あとは3rdの曲も多かったかな。新曲は、コトリンゴデビュー当時の、ピアノ弾き語り+打ち込みっていう、音のすかすかした宅録ポップな感じからだいぶ離れた、しっかりと力強いバンドサウンドになっていて、とてもライブ映えするものばかり。展開も結構複雑で派手なところが多い。ピアノ、ベース、ドラムって編成で、演奏がテクニカル寄りだったこともあって、クラムボンっぽい感じもした。

“To Stanford”と”Hallelujah”、アンコールの”花火”のみがピアノ弾き語りで、その他はすべてバンドでの演奏。神谷の手数の多いカラフルなドラムと、村田のたのしそうなステージアクションが印象的だった。そしてもちろん、にこにこしながらジャジーで複雑なピアノを弾きまくるコトリンゴがベリークール。バンドサウンドでぐいぐい攻めてくる感じの、”おいでよ”、”Ghost Dance”がとくにかっこよかった。

以下、セットリスト。

恋とマシンガン

Life

Prologue

Today is Yours

未発表曲

みっつの涙

To Stanford

Hallelujah

シカゴ

未発表曲

ちいさなあなたへ~Someday~

ゆらゆら

デイジー

おいでよ

Ghost Dance

(アンコール)

花火

Snowman

La mémoire de mon bandwagon


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive