カテゴリー ‘ 音楽

Beth Orton@渋谷CLUB QUATTRO

『Sugaring Season』/Beth Orton

10月15日、クラブクアトロにて、13年ぶりに来日してくれたベス・オートンの単独公演。感想をひとことで言うなら、とにかく地味だが、そこがいい、という感じのライブだった。アルバムのサウンドにも派手なところなどまるでないベス・オートンだけれど、アコースティックギターのアルペジオをメインにした弾き語りで行われたライブの前半は、まさにブリティッシュ・フォークという言葉からイメージされる通りの、何というか、もう地味さの極みという印象で、素晴らしかった。

ライブ中盤からは、ジム・オルークがステージに登場――ローディみたいな感じに、ものすごくナチュラルに入ってきたものだから、しばらくジムだと気づかなかった――、ピアノとエレキギターで伴奏のサポートを行うように。これによって、曲に奥行きや浮遊感が付与され、とは言ってもベスの歌声や全体的な地味さを塗り替えてしまうことはなく、まあ何とも心地よい空間が生み出されていったのだった。

セットリストは新作『Sugaring Season』の曲が中心だったけれど、ジム・オルークがプロデュースした『Confort Of Strangers』からの曲もかなりたっぷりと演ってくれたし、アンコールでは1stの代表曲も聴かせてくれた。”She Cries Your Name”、”Galaxy Of Emptiness”なんかは、本当に気持ちよくて、ああ、このまま眠ってしまいたい…なんておもったり。

ベス・オートンは、いわゆる「上手い」、「主張の強い」タイプのシンガーではないとおもうけれど、その歌声には、心の無防備なところにそっと入り込んでくるような、ひそやかでしなやかな、どこかほっとさせられるような温かみがある。その温かみというのは、言われてみればなんとなく温かいような気がしなくもない…というくらいの微温ではあるのだけれど、それだけに、まったりとして、いくら聴いても飽きのこない、それでいてちょっぴり幻惑的なムードを作り出してくれるのだった。

以下、セットリスト。

Pieces Of Sky
Dawn Chorus
Magpie
Mystery
Touch Me With Your Love
Sweetest Decline
Something More Beautiful
Last Leaves Of Autumn
Worms
Countenance
Shopping Trolley
Shadow Of A Doubt
Safe In Your Arms
Rectify
Conceived
Poison Tree
Call Me The Breeze
(Encore)
She Cries Your Name
Pass In Time
Someone’s Daughter
Galaxy Of Emptiness


Bernd Glemser / Stanisław Skrowaczewski: 読売日本交響楽団@東京芸術劇場

Bernd Glemser Stanisław Skrowaczewski

10月4日、池袋芸劇にて、スクロヴァチェフスキ/読響のコンサート。スクロヴァチェフスキは、舞台袖から指揮台まで歩いてくるようすを見ている限りでは、ちょっと不安になってしまうくらいのじいちゃんだったけれど、非常に精密かつパワフルな演奏を作り出していく指揮者だった。ソリストのベルント・グレムザーは、端正でかっちりとしたピアノを弾く人、という印象だったかな。以下、曲ごとの簡単な感想。

  • ショパン:ピアノ協奏曲第1番
  • グレムザーのピアノは非常に堂々としていて、かなり余裕をもって弾いている感じだったし、音のひとつひとつも清廉というか粒の立ったというか、まあそういう感じの美しいものだったのだけれど、なんだかあまり胸に響いてこなかった。確かにいい演奏だったとはおもうので、いまいちぐっとこなかったのは、たぶん俺が曲をしっかり把握できていないせいだろうという気がする。残念。まあ、ショパンってちゃんと聴いたことないもんなー、これから勉強してみよう…。アンコールは、ラフマニノフの“前奏曲 作品32-12 嬰ト短調”。

  • ショスタコーヴィチ:交響曲第5番
  • 重厚で、派手で輝かしくて、鋼のように研ぎ澄まされていて、曖昧さや無駄なところがなくて、しっかりとした計算によってフルオーケストラのパワーが全開にされている、という感じの、まあはっきり言って非の打ち所のないショス5だった。90歳のじいちゃんの指揮とはおもえないくらい、全体的に精緻で、かゆいところに手の届く、きっちりとした意図というか、かなり強い意志を感じさせる演奏になっていた。「詩的」とか「味わい深い」とか「老成した」とかいうタイプではぜんぜんない。とくに印象深かったのは、3楽章の静謐な美しさと、あと、4楽章のコーダでぐううーってものすごいリットをかけたところ。これは文句なしにかっこよかった。

Chopin: Piano Concerto No. 1 in E minor, Op. 11
Shostakovich: Symphony No. 5 in D minor, Op. 47


Hilary Hahn@横浜みなとみらいホール

Hilary Hahn@横浜みなとみらいホール

ヒラリー・ハーンのバイオリンといえば、そのずば抜けたテクニックのもたらす安定感はもちろん、それに加えて「知的」で「冷静」で「意図が明確」な感じにすごく惹かれるのだけど、そういう演奏っていうのは、すごく「自然」に聴こえるものなんだなー、ということを実感できた演奏会だった。今回のプログラムは、委嘱作品の小品6作を中心とし、それらの間にモーツァルトとフォーレのソナタ、バッハのシャコンヌ(パルティータの2番)を挟み込む、というちょっと変わった構成。委嘱作品たち――その多くは、いわゆる「現代音楽」な感じのハードな作風だった――もそれ以外の曲も、どれもごく自然な、気取りのない音が鳴らされていたようにおもう。

とくに印象深かったのは、終盤のフォーレのソナタと、シルヴェストロフの”Two Pieces”という作品。どちらも夢見るように叙情的というか、まあ言ってみればわかりやすくロマンティックな作風だったのだけど、これらの曲のドラマ性を過剰にアピールするのではなく、あくまでも端正かつ抑制を効かせた響きで聴かせる、っていうその塩梅がとにかくかっこよくて。やっぱりハーンは、こういうリリカルな曲を精密に弾くところが素敵なんだよなーとおもった。シャコンヌも、魂の熱演、みたいな大仰なところはぜんぜんないし、あっさりしていると言っても間違いではないくらいクールな演奏ではあるものの、それによって曲全体の構成に意識を向けられるようなところがあって、そっか、こういう風にも聴けるんだな、というような発見があった。ただ、個人的にはバッハが好きなので、もっと他の曲もいろいろ聴かせてくださいよー!とはおもった。

シャコンヌ以外の曲は、どれもピアノとのデュオによる演奏。共演のピアノはコリー・スマイスという人(即興演奏とかが得意らしい)で、彼もすごくよかった。ハーンと似たような、理知的でコントロールの行き届いた演奏をする人だなーという印象で、とくにモーツァルトの伴奏のシルクのような繊細さにはうっとりさせられてしまった。

プログラムは以下の通り。

Antón García Abril: “First Sigh” from “Three Sighs”
David Lang: “Light Moving”
Mozart: Sonata for Violin and Piano in E-flat Major, K.302
大島ミチル: “Memories”
J.S.Bach: Chaconne from Partita for Solo Violin No.2 in D Minor, BWV 1004

 *

Richard Barrett: “Shade”
Elliott Sharp: “Storm of the Eye”
Fauré: Sonata No.1 for Violin and Piano in A Major, Op.13
Valentin Silvestrov: Two Pieces for Violin and Piano

 *

James Newton Haward: “133…At least”
David Del Tredic: “Farewell”


Wilco@SHIBUYA-AX

Wilco

ウィルコを見たのは2年前のフジ以来だったけど、いやー、これは文句なしに素晴らしかった!!もう今年はこれ以上のライブは見られないんじゃないか…ってくらい、最初から最後まで超ハイクオリティなパフォーマンスを見せてくれた。およそ2時間半のあいだ、MCはほとんどなく、演奏は一時もだれることなく続けられ、会場には幸福な空気が満ちていた。

本当に、つくづくまっとうなバンドだ。やっているのは、曲の良さと音の良さ、アンサンブルの妙によって魅せるっていう、まあそれだけなのだけど、それをこれほどまでにまっとうにできるバンドっていうのは、そうそういない。ひとりひとりのプレイが確実に全体に貢献しており、かつ自由さを感じさせる、っていうところなんかも、かっこよかった。

個人的なハイライトは、うーん、決めがたいけれど、序盤の”Art Of Almost”、”I Might”、”At Least That’s What You Said”、”Via Chicago”、”I Am Trying To Break Your Heart”って流れがやっぱり最高だったかな。あと、”Impossible Germany”のネルス・クラインのギターは笑っちゃうくらいすごかったし、”Heavy Metal Drummer”の盛り上がりや、”Jesus, Etc.”の合唱もたのしかった。

とにかくどの曲も、アルバムの音源以上に実験的で攻撃的で、周到で知的、しなやかでびしっと決まっている。とくに、静と動の行き来を繰り返すタイプの曲は、どれもおもわずあうっとなるような素晴らしい迫力と美しさがあった。興奮するというより多幸感にぼうっとしてしまうような感覚になるライブは、ひさびさだったな。

以下、セットリスト。

01. One Sunday Morning (Song For Jane Smiley’s Boyfriend)
02. Poor Places
03. Art Of Almost
04. I Might
05. At Least That’s What You Said
06. Via Chicago
07. I Am Trying To Break Your Heart
08. Kamera
09. Handshake Drugs
10. Company In My Back
11. Impossible Germany
12. Born Alone
13. Wishful Thinking
14. War On War
15. Whole Love
16. Box Full Of Letters
17. Heavy Metal Drummer
18. Dawned On Me
19. Shot In The Arm
—Encore—
20. Jesus, Etc.
21. Walken
22. I’m The Man Who Loves You
23. Red-Eyed And Blue
24. I Got You (At The End Of The Century)
25. Outtasite (Outta Mind)
26. Hoodoo Voodoo


『mbv』/My Bloody Valentine

『mbv』/My Bloody Valentine

マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン22年ぶりの新譜。まさか本当に出るなんてね…って驚きもあるけど、それより何より、22年経ってもやっていることがまるで変わっていないのがすごい。

いや、ふつうのポップ・ソングみたいな”New You”とか、ドラムンベースな”Wonder 2″なんかはなかなか新鮮だし、他にも細かく変わっているところはいろいろとあるのだろうけど、でも、「じつは本作、『Loveless』の後に作られていたデモテープを発掘して、ちょこちょこっとリマスタリングしたものなんです」って言われたら信じてしまいそうなくらい、曲の雰囲気や方向性は変化していない。ひたすらギターを重ねまくり、恍惚となるような浮遊感、酩酊感を描き出していく、っていう、本当にそれだけ。マイブラの音楽が好きな人なら、この新譜を聴いて、ひどく残念な気分になったり、裏切られたような気分になることはまずないだろう。

…それにしても、友達の何人かから、先週のライブに行ってきたよーって報告(というか自慢)がきているのだけど、まったく、うらやまし過ぎる!前から何列目で見たとか、ビリンダがキレイだったとか、またしてもノックアウトされたとか、脳汁でた、とか…。うー、俺も「轟音で耳がぐわんぐわんになっちゃった〜♪」とか言いたかったよ!


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive