カテゴリー ‘ 映画

『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』

新宿バルト9にて。マドンナの新作。1930年台と90年台とを行ったり来たりしながら、「世紀の恋」と呼ばれた、英王エドワード8世と恋人ウォリスのエピソードと、彼らの物語に憧れを抱く現代女性ウォリーのエピソードとが交互に語られていく。時間軸の切り替わりはスムーズだし、映像や音楽の使い方はスタイリッシュであることを重視している感じだけれど、プロットの進行はゆったりとして堅実、安定したクオリティの作品だと感じられた。まず冒頭部ではDVや愛のない結婚生活のようすが映し出され、展開部では新しい出会いと新しい気づきとが描かれていき、最終的には、自らの意思による新しい一歩が踏み出される、ということになる。いかにも、インディペンデントな気質の女性監督の映画、という感じだ。

わかりやすい定形にのっとったタイプの作品であるので、これといって斬新なところはないのだけど、夫によるDVのシーンが何だか異様にハードなのが印象的だった。序盤に提示されるこのシーンが作品全体のシリアスさの基準を定めてしまっているため、その後にコミカルなシーンがいくつか提示されても、なかなか完全に明るいムード、開放的なムードにはならないのだ。このあたりのバランス感覚は、ちょっと微妙かな…という気もした。

陰鬱なDV夫と真逆の性質を持つものとして描かれるのが、夫のいる女性(ウォリス)に恋をして、そのために英国王の地位を自ら捨ててしまうエドワードだ。「愛する女性の支えなしには、私は国王としての義務を果たすことなどできない」と宣言する彼は、ものすごく純粋でひたすらに優しい(だけの)男だが、自分の選択が必ずしも幸福に結びつくものではないとわかっていつつも、自らの幸福のためにはその決断をしないわけにはいかない、というジレンマを抱えた人物でもある。ここがおもしろい。エドワードもウォリスも、ふたりがいっしょに居続けることがきわめて困難であることは認識しているし、自分自身がどこまで本気でそうしたいとおもっているのかについても、曖昧なままにしているようなところがある。だが、それと同時に、彼らはその困難な道を進んでいくことをほとんど唯一の選択肢として捉えているようにも見えるのだ。

この辺りの、最終的な決断に至るまでのふたりの内面については、はっきりと描写されることはない。ただ、おそらく、ここで描かれているのは、やみくもな恋の情熱とそれを阻む理性、という構図ではないのだとはおもう。本作で取り扱われているのはむしろ、何がなんでも自分の未来は自分の意思で選択してやるという意地であり、外部の事情なんかに自分の選択を曲げられてたまるか、というプライドや気高さであるような気がする。作中、DVシーンの次に暴力性を感じさせるのは、王室スキャンダルを追う記者たちのシャッター音だけれど、そこに対置されているのはふたりの間の愛というよりも、ウォリスというひとりの女性が持つ、外界に対する反発心や意思の力といったものなのではないか。そんなことをかんがえたりしたのだった。


『エリス・レジーナ~ブラジル史上最高の歌手』

渋谷ユーロスペースにて。ドキュメンタリーというより、ライブ映像といった方が近いような作品だった。テレビのスタジオライブの合間に、エリスが自分の身の上や曲の作曲者についてあれこれおしゃべりをするのだ。カメラは彼女の顔のアップかピアノの鍵盤くらいしか映さないので、映像的にはおもしろいところはほとんどないのだけれど、とにかく演奏はクールでグルーヴィ、ボーカルは譜割りを崩して自在にフェイクを入れまくり、っていうきわめてハイレベルなライブを聴かせてくれるので、興味がある人なら、それだけでもじゅうぶん満足できるだろう。

バンドの編成は、ピアノトリオ+ボーカルの4人。ピアノのセーザル・カマルゴ・マリアーノ、ドラムのパウリーニョ・ブラガ、ベースのルイザォン・マイア、そしてボーカルのエリス・へジーナ。まさにエリス黄金期のメンバーって感じだ(それだけに、バンド全体のようすがぜんぜん映らないのはもったいないなーとおもう)。曲も全部で17曲とたっぷりだし、合間にはトム・ジョビンやミルトンやジルベルト・ジルの人となりについてエリスが好き勝手にいろいろしゃべったりするし――んー、あの人はね、いい人よ!いい人っていうのはね、ちゃんと目を見て話せる人のこと。最近では、そういう人が少なくなってしまったけど――で、なかなか飽きさせない。この映像が撮影されたのは1973年なので、当時エリスは28歳。ベリーショートがキュートで、ポジティブなオーラが全開になっている感じがすばらしかった。


『セブン・デイズ・イン・ハバナ』

渋谷ヒューマントラストシネマにて。キューバを舞台に、7人の監督が7つのエピソードを描いた短篇集映画。どのエピソードにもわりとくっきりとしたストーリーがあるところ、キューバが舞台、ってだけで、そこで扱われるテーマ自体は比較的普遍的なものばかりであるところなど、全体的に親切設計というか、ひねくれたところのない作品だとおもった。

7つの短編はどれもなかなかたのしかったのだけど、俺はやっぱりクストリッツァ監督が出演している、第2話「ジャムセッション」が好みだった。ハバナの映画祭に呼ばれたクストリッツァが、昼間からべろんべろんに酔っ払ったり、国に残してきた奥さんに何度も電話したり、車の運転手とジャムセッションで大盛り上がりしたり…。なんてことはない話だとはいえ、クストリッツァがキュートだし――いや、むさ苦しいちぢれ毛の酔っぱらいおっさんがイェーイェー言ってるだけなのだけど――とにかく、作品全体に横溢するポジティブ感が素敵だった。

他にも、アメリカからの観光客がキューバのナイトライフを初体験する話、クラブシンガーの女の子がキューバを出るべきかどうかでおもい悩む話、天啓を受けたというばあちゃんに言われるがまま、アパート総出で祭壇を作る話なんかが、ポップでよかった。


『おおかみこどもの雨と雪』

イオンシネマ金沢フォーラス店にて。女子大生の花は、ある男と出会って恋に落ちる。いっけんただの小汚いフリーターに見える男だったが、じつは彼はニホンオオカミと人間とのあいだに生まれた”おおかみおとこ”であって、人間の姿、オオカミの姿、その中間くらいの姿を自由に変化させることができるふしぎ生物なのだった。やがて互いに愛し合うようになった彼らは、女の子(雪)と男の子(雨)、ふたりの子供をもうけ、家族4人でつつましいながらも幸せな生活を送るようになる。が、そんなある日、父親であるおおかみおとこは事故で命を落としてしまう。残された花はひとり子育てに奮闘するものの、オオカミと人間の性質を併せ持った子供たちを都会で育てるのはあまりにもむずかしい。花たち3人は人里離れた田舎に移り、そこで暮らしていくことにするのだが…!

本作は、タイトルこそ”おおかみこども”となっているけれど、基本的には、「お母さんの子育て奮闘記」として描かれた作品だと言えるだろう。この物語の主人公はあくまでも花であり、すべてのできごとは、彼女の母親としての視点から語られているのだ。そのため、ふたりの”おおかみこども”についても、彼らの属性として作中でもっとも強く効果が発揮されているのは、彼らの”おおかみこども”性ではなく、彼らの”子供”性だということになる(おおかみだろうが何だろうが、母親からすれば、自分の子供であるということがいちばんだいじ、ということだ)。また、雨と雪はそれぞれに問題を抱え、各々それに立ち向かっていくわけだけれど、姉弟どちらの問題にしても、ごく一般的な子供が遭遇し得るたぐいの問題であって、彼らが”おおかみこども”でなければならない理由いうのは、物語上では、とくにないようにおもわれる。

つまりこれは、「特殊な事情がありながらも子供をつくって、でも夫はいなくなってしまって、それでもがんばって子育てするお母さん」の物語であって、たとえば、「オオカミと人間の狭間でアイデンティティの問題に悩む子供たちと、それを見守る母親の葛藤」を描いた作品とかではない、ということになる。となると、本作における”おおかみこども”という設定は、物語のファンタジーっぽさの強化くらいにしか役に立っていないんじゃないか、と言ってもいいような気さえしてくる…。

…のだけれど、そういった、設定を生かしきれていないところ、オトナ目線だけで描かれているところ、手堅くまとめるためにプロットからやっかいな要素を除外してしまっているところ、といった本作の弱点については、見ているあいだはほとんど気にならなかった。なにしろ、画面の色調や音楽がとにかくすばらしかったし、作品全体を包んでいる、ポップだけど上品さを失わないこの雰囲気のまえでは、そういう突っ込みは野暮で余計なことであるように、俺にはおもえてしまったのだった。

それと、物語のエンディングでは、「雨と雪とお母さんの3人が過ごした12年間は、ほんとにあっという間の12年間でした…」みたいなナレーションが流れるのだけど、そのとき、ああそうなんだろうな、本当に――いま、この映画を見ていた時間が過ぎていったのと同じように――あっという間の時間だったんだろうな…って、ものすごく素直に感じられて。俺はもう、すっかり満たされた気持ちになって映画館を出てしまったのだった。


『ダークナイト・ライジング』

福山CINEFUKUミラノ座にて。観客は自分を含めて4人だけっていう、がらがらの映画館で見た。本作は、クリストファー・ノーラン監督のバットマンシリーズ3作目にして完結編。前作『ダークナイト』は、そのちょっぴりインテリ風な佇まいが人気の作品だったけれど、今作はもっとシンプルな、”いわゆるハリウッドっぽいスペクタクル感”の溢れる映画に仕上がっている(もうとにかく、ビルやら橋やらがすごい勢いで爆発しまくるのだ)。肉体的、精神的にすっかり疲れきってしまい、引退して屋敷に引きこもり状態となったブルース・ウェイン。だが、ゴッサム・シティに破滅的な思想のテロリスト、ベインなる男が現れて…!

前作と今作との最大の違いは、敵ボスキャラのキャラクターの濃さの違いだといえるだろう。前作では、ジョーカーというぶっ飛んだキャラクターが物語の中心にいて、そいつの得体のしれなさ、底しれなさこそが作品の軸となっていたのだけれど、今作におけるベインは、キャラクターとして魅力的なところがほとんど描かれていない。それはもう、ほとんどかわいそうなくらいに敵側の描写が貧弱で、いわゆる紋切り型からまるで離れられていないのだ。

代わりに時間を多く割いて描かれているのは、バットマン自身の再生の物語である。一度は敵に完敗し、ぼろぼろになってうちひしがれたバットマンが裸一貫で立ち上がる――文字通り、いっぱい腕立てとかしてがんばる――っていうのが作品のメインプロットなのだ。そういう意味で、『ダークナイト・ライジング』はごく正統派のヒーローものだということになるだろう。

ただ、そういう正統派のヒーロー映画について俺が感想を述べようとするときに問題になるのは、俺がとにかくアクションシーンというやつにまったく燃えられないというところである。ボカボカ殴り合いしたり、爆発から危機一髪で身をかわしたり、ビルから飛び降りたり…っていうのに、まるで興味が持てないのだ。そういうシーンが何分も続くと――もちろん、戦闘シーンは作品のハイライトなので、何分も続くことになるわけだけれど――すぐに退屈してしまう。今作はバットマンが金にものをいわせて作ったメカの登場シーンも、物語の性質上少なくなっている(なにしろ、裸一貫だから)ので、余計にそう感じたのかもしれない。

全体的には緊張感の途切れない、よく練られたプロットだったし、アン・ハサウェイのキャット・ウーマンもキュートだったし、悪くはなかった。でも、もうひとひねりあったら、もっと印象深い作品になったのでは…とおもわないではいられない作品でもあった。


Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive