『青色讃歌』/丹下健太(その3)

『青色讃歌』の主人公、高橋は就職活動をしている。だから会社に面接を受けにに行ったり履歴書を書いたりするところが小説には描かれているんだけど、どうせだったら証明写真を撮るシーンも書いて欲しかったなー、と読みながらかんがえていた。

高橋がどこかの写真館だかスタジオだかで証明写真を撮られているところって、かなりおもしろそうだなー、っておもって。想像しにくいけど。やっぱスピード写真かな、でもスピード写真を撮るときって、自分の顔を、自分の表情を真正面にじいっと見ながら撮るわけで、やっぱりそのときにぼさぼさの頭だったら(高橋は、面接の前日に風呂場で髪を切っている)ちょっと気になるよなー、いや、高橋はそんなの気にしないだろー、とか、なんかそんなことをかんがえたりした。

というのも、先月、近所の写真屋で自分の証明写真を撮ってもらったのだけど、まあーその表情のひどいこと!きっと微妙なとこだろうな、とは覚悟してはいたものの、想像以上のひどさ。顔はどう見てもこわばっているし、全体的にやる気なさげっていうか、ぜんぜん覇気が感じられない。って、まあ俺はふだんからわりとそんな感じだから、それがちゃんと正確に写し出されている、ってことなのかもしれないんだけど、でも会社に出す履歴書に貼る写真がそんなのじゃまずいじゃん!!

何千円か払って撮ってもらった写真より、駅のスピード写真で撮ったやつの方が数段さわやか、ってなんとも気が滅入る。正直、どっちを履歴書に貼るか迷うもん。でもかんがえてみれば俺は昔からそうで、椅子に座ってカメラマンに顔やら体やらの角度を直されたり、「はい、もっとにこやかにー。表情やわらかくしてー」みたいに言われたりしながら写真を撮られるのが本当に苦手だったし、きらいだった。直されれば直されるほど体は硬くなるし、言われるほどに表情はなくなっていく。まったく。でもこればっかりはどうしようもない。

いや、もう小説とぜんぜん関係なくなってるけど、きっと高橋も写真撮るときいろいろかんがえたはずだよなー、なんて、妄想しつつ読んでいた、って話。

青色讃歌

Similar Posts:


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive