俺の眉毛(とくに右の眉毛)

今日、起きてシャワーを浴びて頭を乾かして鏡を見たときに、眉毛が減っていることに気がついた。全体的な量が減ってうすくなっているような感じもするし、長さ的にはもう明らかに短くなっている。長さっていうのは毛の1本ずつの長さってことじゃなくて、眉毛というパーツ全体の長さっていうか距離っていうか、まあそれが短くなっている。右の眉毛はとくにひどくて、たぶんいつも(というか、いままで)の半分くらいの長さになっているようにもおもえる。俺はいま、前髪がちょっと長くて、右の眉毛の目尻側っていうのかな、その辺を髪の毛で斜めに隠すような感じになっていることが多くて、それで今日まで気づかなかったのかもしれないけど、とにかく明らかに短くなっている。眉毛が。就活もあるからそろそろ髪の毛切らないとなー、とおもっていたところなので、これは困ったことになった。なんていうか、眉毛を整えようとして剃ったら失敗しちゃった中学生、みたいな感じなのだ。

で、どうしてこんなことに、ってかんがえてみても、答えがわからない。俺はふだん、眉毛は余計な毛をぷちぷち抜くくらいで剃ったりはしないから、こんなに長さがなくなることはあり得ないはずなのだ。いや、もしかしたら、ヒゲを剃るときに、あ、なんかこの辺の毛もついでに剃っちゃおうかなー、みたいな感じでついつい剃ってしまっていた、って可能性もなくはないけど、それにしたって全体的に毛の量が減っている説明がつかない。もちろん、その印象はただの気のせいなのかもしれないんだけど、でもとにかく俺には眉毛が減っているようにおもえて仕方がない。

そうしてかんがえているなかで、ふと、“眠りながら手で眉毛を掴んでぴっ、ぴっと引き抜いている、というかむしり取っている自分”、という映像がおもい浮かんだ。かなり不気味ではあるけど、一度そんな風にかんがえてしまうと、なんだかそれが妙にリアルに感じられてきて、あー、俺、夜眠ってるあいだに眉毛むしっちゃったのかな、それじゃしょうがないかな…、なんて気分にもなってきたりして。まあそれはどうでもいいんだけど、とにかく早く生えてきてくれないかなー、眉毛、と俺は祈っているのだ。とくに右の眉毛。

そんなわけで、今日は一日中、この勢いで眉毛が全部抜け落ちてしまうんじゃないか、みたいな妄想に取りつかれてしまっていて、風が吹くたびに眉毛を指でおそるおそる触っては、ああよかった、まだある…、なんてことを繰り返していたのだった。まったくばかげた話だ。どうかしてるとしか言いようがない。…って、いったい俺は何を熱心に書いているんだろう!?こんなことを書いている暇があるなら、単位のためにレポートを書くなり、リクナビにログインして会社説明会の予約のひとつでも入れるなりすべきなのだ。

Similar Posts:


    • ゆりんこ
    • 2008-01/31 10:30pm

    あたしも同感・・日記書いたりネットサーフィンしたりお酒すすってみたりする時間はふんだんにあるのに(てか努力してでもつくる)、レポートやら就活やらはデットラインすれすれまでやらない。生まれつきサボりたがり屋みたいです。

    話はかわるがhayamonoguraiの日記好きだよー。あたしもロシアにいたときは日記書いてた。けど今読み返すと嫌悪以外の何者でもない。なんで過去の日記ってそんな風になっちゃうんだろうねー今からみる過去はやっぱ不完全で今がまずまずで将来に思いを馳せてるからなんでしょうか。別に将来何も期待してるわけじゃないけどね。
    月曜にあなたの眉を覗き込んで見ようと思います。お大事に!

  1. だよねー、俺はずっとこうやってめんどうなことから逃避しつづけるんじゃないかって気がするよ。。

    ありがとうー!ま、過去の日記を「いやーいいこと書いてるわー自分!」、みたいに見ててもちょっとアレな気もするけどね、だんだん昔の自分も肯定できるようになっていけたらいいよねー。
    あ、眉はほっといてあげて!

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2016年9月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Archive