ナイジェリアからの転校生

かてきょやってる子(小6・男子・中学受験生)から聞いた話なんだけど、学校にナイジェリアから転校生の女の子(アニエス・仮名)がやって来たらしい。

「オレさー、本当のガイジンってはじめて見たからまじでびっくりした!色とかちょーまっ黒だし!」

「すっげー細くてさー、しかも背とかオレよりでかいの!ひょろ、って感じで。足とかあんなに長いやつはじめて見たよまじで!運動神経とかちょーすごいってぜったい!」

「しかもさー、いっつも両手ポケットに入れてて、ランドセルとか片がけなの!こんな!(右の肩にだけランドセルをかけているポーズで、小馬鹿にしたように「ふっ」と息を吐く)」

「え、クール?うんそれそれ!そうなんだよー、まじかっこいいんだって!でねでね、今日の帰りなんだけど」

「帰りの会で先生にアニエスと一緒に帰ってあげて、って頼まれたやつがいたんだって。え?そうだよオレクラス違うもん。でもさー、アニエスは日本語ひとこともしゃべれないから、そいつも不安じゃん。だから、オレ違うクラスなんだけど、なぜか一緒に帰ることになって」

「でも、3人でいてもなんか会話とかうまくできないじゃん。こっちの言うことは何にも通じないし。アニエスはなんかずっと同じことばっかり言ってるんだけど、オレらには何言ってるのかわかんないし」

「で、友達と、どーするよ?とりあえずついて行けばいんじゃね?みたいな話して。でもやっぱ不安だから、帰り道で会った友達にかたっぱしから一緒に行こうって声かけてったんだー」

「そしたら気がついたらぜんぶで10人くらいになっちゃってさー。アニエスは足はやいから(歩幅が大きい)オレもこうやって小走りみたいな感じじゃないと追いつけないし、10人くらいみんなで、なんか無言でアニエスの後ろをぞろぞろついていって」

「でさー、アニエスは歩きながらずっと同じことばっかり言ってるんだー。でもオレら誰も英語わかんねーし。しょうがないから友達のお母さんのところに、そいつのお母さん英語わかるからさー、連れてったんだー」

「で、何て言ってるの、ってきいてみたらさー、…なんだとおもう?」

「じつはさー、「ついて来ないで!」ってずっと言ってたんだって!ついて来ないで自分のウチに帰れ、って言ってたんだって!ちょーおもしろくない!?うひーー!!(わらいすぎて椅子から落下)」

「…え?あー、だからさ、なんか、しょんぼりしながら帰ったよーみんなで。なんつーの?反省会みたいな感じで」

Similar Posts:


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive