『ユービック』/フィリップ・K・ディック

ユービック (ハヤカワ文庫 SF 314)

他の多くのディックの作品と同様、『ユービック』においても、世界のありようへの違和感、自分の周囲の世界がどんどん足元から崩れていくような、悪夢のような感覚が全体のムードを決定づけている。ただ、本作では、それに加えて、絶えず迫り来る死の匂い、不可避的な死の感触というやつがなんとも濃厚で、そこがこの作品独特の味わいになっているようにおもわれる。主人公たちが迷い込むことになる世界では、”時間の退行”とでも言うべき現象が発生しているのだけれど、この現象は、世界との不調和と死の近接、この双方の感覚を先鋭化し、強烈に印象づけるためのSF的アイデアとして機能していると言えるだろう。

作中、”時間の退行”現象は、2つのパターンで発現しているように見える。まず、ひとつめは、”世界全体の時間の退行”。主人公たちが存在している世界そのものの年代が退行していき、それに合わせて最新のテクノロジーがどんどん古いものに変化していってしまうーー例えば、テレビ受像機はダイヤル同調式AMラジオに、航空機はカーチス=ライトの複葉機にーーという現象。

で、もうひとつが、”主人公たちの身体の時間の退行”。これは世界全体の退行よりももっと急激に訪れるもののようで、主人公たちは「深い疲れを感じ」はじめると、もう間もなくその身体的能力が一気に退行していってしまい、超急激に老化・収縮してしまう(数時間の間に、「ほとんどミイラのように脱水されたもの」になってしまう)。こちらの現象は、主人公たちの身の回りにまでもある程度影響を及ぼしうるもののようで、手にしたタバコがぼろぼろとくずれてしまったり、コーヒーのクリームを開けると腐っていたり、などといった事態も引き起こす。どちらの現象も、いつの間にか時間が退行している…!?という感覚がなかなかに不気味だ。

この現象をどうにか解決するべく主人公たちは奮闘することになる訳だけれども、じつはここでは、現象発生のロジックというやつは、とくに重要ではない。もちろん、作中ではいちおうの回答が用意されているように見えるーー主犯は、半生者の少年、ジョリー・ミラー。それに、”過去に戻って選択し直すことができる”能力者であるパット・コンリーも、何かしらかの力を発揮していたようにおもわれるーーのだけれど、それはこの、”周囲の時間が勝手にどんどん退行していくし、おまけに、自分自身の時間までもいきなり退行してしまうかもしれない世界”の立ち上げにあたって必要とされた、差し当っての回答というやつに過ぎないのだとおもう(少年の力がどのくらいのものなのか、パットの能力がどの程度発揮されていたのか、なんかについては最後まで大して解説されないのだ)。あくまでも物語の主軸になっているのは、悪夢的な世界における自分自身と周囲の環境とのずれの感覚であり、不意に迫り来る死に対する恐怖心なのだ。

この迫り来る死、身体能力の急激な退行についての描写には、なんだか異様な迫力がある。クローゼットのなかでからからに干からび、ボロ布のようになった同僚の亡骸を見つけるシーン、あるいは、自らの死期を悟った人物が、トイレの個室にこもろうと必死で懇願するシーン。そして、物語のクライマックスともいえる、自らの衰弱を認識した主人公が、ひとりきりになることのできるホテルの部屋を目指すシーン。

心臓にズキンと激痛が走って、彼は体を二つに折った。もう一段上がろうとしたが、こんどは失敗した。足をつまずかせ、気がつくとそこにうずくまり、背を丸めて、ちょうどーーそうだ、と彼は思った。あのクローゼットの中のウェンディ。ちょうどこんなふうに背を丸めていたっけ。片手を伸ばして、彼は上着の袖口をつかんだ。そしてひっぱった。

布地がちぎれた。乾ききって脆くなった繊維は安物の仙花紙のように破れた。なんの強度もない……まるでスズメバチがこしらえたなにかのようだった。これで、もう疑いはなくなった。まもなく彼はある足跡を自分のうしろへ残していくことになるだろう。ぼろぼろになった布の切れはしを。ごみ屑の航跡がつらなる先は、ホテルの部屋、あこがれの孤独。向性に支配された最後の労苦の行動。ある指南力が、死に向かって、衰退と非存在に向かって、彼をうながしている。不吉な魔力が彼をつき動かしているーーその終点は墓場。

彼はもう一段登った。(p.279,280)

“ある指南力”、”不吉な魔力”と書かれているのは、死が訪れるその瞬間をひとりで孤独に受け止めたい、というほとんど本能的とも呼べるような欲求であるらしい。正直言って、俺にはこの感覚がいまだにぴんときていないのだけど、長々と描かれるこのシーンの持つ迫力は、些細な疑問など軽く吹き飛ばしてしまうようでもある。

Similar Posts:


    • 通りすがり
    • 2015-09/28 5:17pm

    解説としては的を得ていると思うのですが、「退行現象」の原因はジョリーでもパットでもなかった気がします。なので、彼らの力と退行現象の関連性について記述がないのは当然かも。エラがどこかで言っていたと思うのですが、あの「退行現象」は半生の状態になった人間が一様に経験する出来事のようです。エラはジョリーやパットが半生者になるまえからずっと施設にいたので、「退行現象」そのものは彼らの影響ではありません。ジョリーは他者の生命力を吸い取って生きており、半生者が見る現実を一部コントロールする力すら持っていますが、後半の舞台になる退行した1932年の世界は、ジョリーが創り出した1992年の世界が退行した姿であり、ジョリーですら退行現象を免れえないことを示しています。大まかに言うと、ジョリー(生命や気力を奪う側)とエラ(「ユービック」を与える側)という戦いが、どのみち「退行」してしまう世界で続いている・・・という結構絶望的な構図になっています。恐らく、「退行現象」は世界そのもの性質――この世界にも存在する、エントロピーの増大という現象にほかなりません。普通、ファンタジーの世界(たとえば、ディズニーの小鳥たちが住んでいる世界)には、エントロピーの増大という概念が存在しません。誰も歳を取らず、世界は永遠に続きます。ところが、現実の世界ではすべてのものが冷却に向かい、生命は着実に死に向かっています(地球だっていずれかは消滅します)。ディックが描こうとしていたのは、そういった世界を早送りで読者に提示することだったのではないかと(個人的には)思います。

  1. 通りすがりさん、コメントありがとうございます。(リプライ遅すぎで申し訳ありません。。)
    >大まかに言うと、ジョリー(生命や気力を奪う側)とエラ(「ユービック」を与える側)という戦いが、どのみち「退行」してしまう世界で続いている・・・という結構絶望的な構図になっています
    >ところが、現実の世界ではすべてのものが冷却に向かい、生命は着実に死に向かっています(地球だっていずれかは消滅します)。ディックが描こうとしていたのは、そういった世界を早送りで読者に提示することだったのではないか
    →まったくご指摘の通りだとおもいます!
    自分の読み方が雑だったためにピンときていなかったところが、通りすがりさんのコメントですごくすっきりしました。
    SF的な作品を読み慣れていないせいもあって、ディックなんかの小説はかなり情緒的に読んでしまいがち(作品世界の論理とか整合性より、感情の揺れ動き方ばかりを気にしてしまう)なのですが、やっぱりファンタジーは「その世界がその世界である理由」をしっかりかんがえて読まなきゃですね。
    いやー、的確なコメント、ありがとうございました!

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2016年8月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Archive