『インスタント沼』

f:id:hayamonogurai:20110919003341j:image:h170

DVDで。ごちゃごちゃっとした画面のなかに笑える小ネタがめいっぱい詰まっているのが三木聡作品の特徴だとおもうけれど、今作もまさにそういう映画だった。ひとつひとつのおもしろさはともかくとして、観客としては120分ノンストップで繰り出し続けられる小ネタをたのしんでいればよい訳なので、はっきり言って何もかんがえないで見ていられる。

登場人物たちは皆おしなべてポジティブまっしぐらで、ふつうにかんがえればへヴィな状況であっても笑い飛ばしてしまう勢いを持っており、物語全体の雰囲気は常に明るい。そういうところがこの作品の美点だとおもう。笑えてポジティブな気分になれて、って、まあそれだけの作品と言えばそうなのだけど*1、ひたすらハイテンションに泣いたり笑ったり悪態をつきまくったりする麻生久美子がとにかくベリーキュートだったので、俺はもうじゅうぶんに満足してしまえたのだった。

*1:いや、でも、物語のハイライトである、「水道の蛇口をひねる」シーンの爽快感なんかは素晴らしかったな。こうして感想を書こうとすると、ついつい細かい小ネタのことばかりおもい出してしまうのだけど、ストーリー的に盛り上がる箇所も、それなりにあるんだよなー。

Similar Posts:


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2015年12月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Archive