『マッチポイント』

マッチポイント [DVD]

DVDで。自分のなかでひさびさにウッディ・アレンブームがきているので、見ていなかった最近の作品もチェックしてみることにした。主人公の青年(ジョナサン・リース=マイヤーズ)は、金持ちの令嬢といい仲になり、いわゆる人生の成功をその手に掴みかけるのだが、そんなときに限って、女優志望の妙にセクシーな女子(スカーレット・ヨハンソン)にどうしようもなく惹かれていってしまう。自分では打算的なつもりでいるけれど、感情ってやつはなかなかにコントロールが難しく…っていう、情けなくも妙にリアリティのある男女の姿が描かれている。ラブストーリーでありサスペンスであり、何よりも悲喜劇である、という感じの作品。

プロットは非常によくできている。オープニングのテニスのシーンの意味深さ――マッチ・ポイントでボールがネットに当たり、自分のコートに落ちて、ゲームセット。勝負を左右する重要な局面で決め手になるのは、結局は運でしかない――が物語終盤にまでずっと尾を引いて、なかなかどきどきさせられるのだ。ふたりの女の間で揺れるジョナサン・リース=マイヤーズも、一見魔性の女っぽいわりにじつは純朴でぜんぜん要領もよくないスカーレット・ヨハンソンも、ごくごくふつうな人間なのだけど、加速する欲望と偶然の積み重ねとによって、気がついたときにはぐんぐん破滅へと突き進んでいってしまっている、って展開にも引き込まれる。

とはいえ、いちばんおもしろかったのは、スカーレット・ヨハンソンがやたらとエロく撮られているところ。正直ちょっとやり過ぎだとおもった。セクシーとかエロとかっていうより、ほとんどギャグみたいにおもえてしまって。彼女が初登場するシーン、主人公に挑発的な目つきと挑発的な仕草で挑発的な台詞を吐くところなんか、もうほんとにおかしくって。俺はひとりで爆笑してしまった。

Similar Posts:


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive