『アリス・イン・ワンダーランド』

アリス・イン・ワンダーランド [DVD]

DVDで。『キッズ・オールライト』に出ていたミア・ワシコウスカを見て、あっ俺そういえばアリスの映画見てなかったじゃんね!とおもい出して借りてきた。ティム・バートン×不思議の国のアリス、ってこれ以上ないくらいフィット感のある組み合わせの割には、ずいぶん小ぢんまりとした作品に仕上がっていた気がするけれど、まあなかなかたのしく見られる映画だったとおもう。幼い日の不思議の国での冒険から10年、ちょっぴり成長してオトナに近づいたアリスがワンダーランドを再び訪れる。彼女は帽子屋や白うさぎ、白の女王たちの力を借りながら、試練に立ち向かっていくことになるのだが…!

作品のストーリーラインは現代風にアップデートされて、シンプルで明快な成長物語になっている。これはこれで悪くはないんだけど、何もここまでマイルドにしなくても、もう少しとがったところ、不安になるくらい意味不明なところがあったりしてもよかったんじゃないかなー、とはおもってしまった。アリスは世界のふしぎと戯れまくるおしゃまな少女から、自立した意志を持ち、はっきりとした目的意識を持った、ビジネスでもばりばり活躍できる(!)オトナの女性へとするするっと成長していってしまうし、物語の舞台となるワンダーランドにしたって、文脈が読めないことによる恐ろしさ、不気味さなんかは全然ない、結構ふつうな世界だよなー、って。(…それに、本作で描かれるワンダーランドでの争いは、アリスの内面の葛藤が具象化したもののようにも見える。もしそうだとすれば、それはちょっと単純にすぎるんじゃないか、という気もしてしまう。)

とはいえ、キャラクターのデザイン、映像のセンスに関してはさすがティム・バートンという感じで、画面を見ているだけでたのしめてしまうようなところはある。場面ごとに衣装をチェンジしていく、ミア・ワシコウスカのアリスはキュートだったし、ヘレナ・ボナム=カーター演じる嫉妬深い赤の女王なんて、頭がいびつに大きくてキンキンした声で叫び散らす、心に傷を抱えたキャラクターで、一度見たらそう簡単には忘れられないだろう。


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2016年5月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Archive