湯川潮音@SHIBUYA-AX

f:id:hayamonogurai:20110224003613j:image:h170

2/13、渋谷AXにて。いやー、今回もすごくよかった。この後しばらくライブをお休みする、ってことで気合いが入っていたのか、曲数も多かったし、なんていうかいままでの集大成的な内容になっていたとおもう。ライブは2部構成になっていて、前半は湯川ひとりでの弾き語り、後半は曲ごとにメンバーをひとりずつ増やしていく、バンドスタイルでの演奏になっていた。一応、今回は昨年出た『クレッシェンド』のレコ発、ってことだったので、新譜からの曲でスタートかなーなんておもっていたのだけど、しょっぱなから弾き語りで”緑のアーチ”がきたわけで、むっ、きょうは何やらすごいことになりそうだぞ…って予感にじんじんしたのだった。

そんな予感に違わず、前半の弾き語りは名曲を連発。「いままでの自分の転機になったような曲を演っていく」という趣向だそうで、”緑のアーチ”に”Turn! Turn! Turn!”、”深夜高速”に”ルビー”、ってもうもうやばいくらいに染み入る曲ばかり。とくにライブではじめて聴いた、”深夜高速”はすごくぐっときた。フラカンのオリジナルはもちろん大好きなのだけど、湯川のソプラノとギター一本で歌われるこの歌も、どこか天上的というか、繊細で神聖な雰囲気があって素晴らしくって。

で、中盤以降は『クレッシェンド』の曲を中心にした、バンドでの演奏。こっちもとてもよかった。超プロフェッショナルなメンバーばかりのバンドなだけに、アレンジなんかもう最高で。とくにギターとキーボの音がよかったな。ベースとドラムスががっつり入ると、ときどき歌声が負けてしまうような感じもあるのだけど、”Lover’s Dart”とか、”ここから見る丘”なんてすごく素敵だった。

ラストはまた弾き語りに戻って、”愛に帰ろう”で締め。バンドの後に弾き語りを聴くと、バンドもいいけど、このソプラノがいちばん映えるのはやっぱりこういうスタイルだよなーっておもわされてしまうのだった。やっぱり湯川の歌声は素晴らしい。

緑のアーチ

Turn! Turn! Turn!

風よ吹かないで

深夜高速

ルビー

When She Loved Me

—–

ヒーロー

ロンリー

Lover’s Dart

電話のむこう

どうかあしたは

五線紙ソング

No Surprises

ここから見る丘

終わりのない物語

ダイス

—–

愛に帰ろう

—–

(アンコール)

レクイエム

逆上がりの国

The Water Is Wide

Similar Posts:


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive