『近松物語』

近松物語 [DVD]

早稲田松竹にて。これはもう、文句なく素晴らしい映画!こんなに美しいモノクロの映像は初めて見たかも!とおもったくらいだった。主人公は、商家の奥方、おさんと奉公人の茂兵衛。このふたりが、ふとしたきっかけで不義密通の疑いをかけられてしまう。この時代、不義密通なんていうのはもちろん超重大犯罪であるわけで、逃げまわった挙句ににっちもさっちも行かなくなった彼らは、とうとう琵琶湖に身投げしようと船を漕ぎ出すのだったが…!

まあ要するに、愛し合うふたりに次々と試練が襲いかかる、っていう王道も王道のメロドラマなのだけど、演出の仕方が素晴らしいからついつい引き込まれてしまう。なんていうか、カメラがひたすらに冷静なのだ。冷静というか、やや冷酷な感じすらするかもしれない。全編通してアップの映像がほとんど使われないんだけど、そのために観客は登場人物たちと同化せず、登場人物を俯瞰して見ているような気分にさせられる、とでも言ったらいいだろうか。そういう冷静なカメラが、一枚絵としての美しさにとことんこだわってます、って感じにばしっばしっと1シーン1シーンを切り取っていくわけで、作品全体には”悲劇”としての神話的な印象が与えられてもいる。

とにかく、どの場面もくっきりとおもい出せるほど鮮烈なんだよなー。おさんと茂兵衛は逃走中に互いに愛し合うようになるわけだけど、そのクライマックスとも言える琵琶湖のシーンとか、おさんが挫いた足で山道を駆け下りていくシーンなんて、一生忘れられないだろう。こういうシーンについては、何が素晴しいっていうか、もう、物語、映像、演技、音楽、すべてが絶妙に絡み合って、凄まじい緊張感を作り出している、としか言いようがない。

あと、やっぱりキャストも素晴らしくて、おさんを演じる香川京子も、茂兵衛を演じる長谷川一夫も、何とも言えないようなふしぎな美しさ、セクシーさがあるとおもった。茂兵衛は奉公人なんだから、あんまり色っぽいのもどうか、って気がするけれど、作品全体を包む神話的なイメージからすれば、これはこれでありなんだろうとおもう。いや、とにかくものすごくかっこいい映画だった。

Similar Posts:


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2016年8月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Archive