『オラクル・ナイト』/ポール・オースター

オラクル・ナイト

出ればどうしたって買ってしまう、オースターの新刊。新刊と言ってもじつは2003年作で、翻訳が出るまでに意外と時間がかかってるんだなーと改めておもった。長い病からようやく回復した主人公は、何気なく入った文房具屋で青い表紙のノートを買う。彼はそのノートに不思議な力を感じ、小説を書きつけていくのだが…!

作品の主軸となるテーマやモチーフ、そしてそれを描き出す手つきについては、これまでのオースター作品のものが踏襲されていると言っていいだろう。おもいつくままに挙げてみるなら、”すっからかんになって一から人生をやり直すことになる主人公”、”メタファーがメタファーを呼び寄せ、偶然が次なる偶然を生み出していくプロット”、”物語内物語を駆使したメタフィクショナルな構成”、”ミステリアスな文章で作品全体に浮遊感を醸しつつも、お金がないとか身体が痛いとかお腹が空いたとか、妙に現実味のある記述を盛り込んでいくことでバランスをとる手法”…というあたりだろうか。これらの要素の組み合わせによって、物語はそのスタート地点からは予想もつかないような場所へと跳躍していき、やがて、美しく不気味で、暗喩に満ちた詩的なイメージが完成されることになる。この辺りはもうお決まりのパターンというか、もはやオースターはこういった手法を完全に自家薬籠中のものにしてしまっているような感じもする。

そういうわけで、以前のオースターの小説と比べるとずいぶん洗練されているというか、うまいなー、って感心してしまうような作品になっている。ふんだんに盛り込まれたエピソードはどれも印象的で、見る角度によってさまざまな解釈を可能にするものばかり――あらゆる都市の電話帳を集めた地下図書館や、よくわからない理由で怒り狂う中国人の男の話なんかは忘れがたい――だし、もちろん、独特のケレン味も健在で、特に物語の導入部なんて、わくわくしてしまうようなかっこよさがある。

コート・ストリートを通る車の列がたまたま途絶えたのか、それとも窓の板ガラスが異様に厚かったのか、店内を物色しようと最初の通路を歩き出すと、そこがいかに静かか私はにわかに思いあたった。私はその日第一号の客であり、静かさはこの上なくきわ立ち、背後で男が鉛筆をこりこりする音が聞こえるほどだった。あの朝のことをいまふり返るたび、まずよみがえってくるのが鉛筆の音だ。私がこれから語ろうとしている物語が何らかの意味をなす限りにおいて、それはここからはじまったのだと私は思う――鉛筆の音だけが世界に唯一残された音であった、あの数秒間から。(p.6)

ただ、作品全体ということで言えば、正直言って俺にはあまりぐっとくるものがなかった。完成度の高い、おもしろい小説だとはおもうのだけど、いまいち引き込まれないっていうか。新味がないから、だろうか?『偶然の音楽』や『ムーン・パレス』、『鍵のかかった部屋』辺りに感じられた、切実さとか圧倒的な牽引力みたいなものが感じられなかった気がするんだよなー。まあもちろん、その要因として、オースターの小説が”洗練され過ぎている”ことだけを挙げるのはフェアじゃないだろうとはおもうのだけど…。

Similar Posts:


  1. hayamonoguraiさん、はじめまして。uubといいます。
    大好きなポール・オースターのレビューを読めたことがとても嬉しくて、突然ながら訪問させていただきました。

    わたしもこの作品には、たとえば『偶然の音楽』に見られるような「圧倒的な牽引力」というのはなかったように思います。それは「破壊力」という言葉にも置き換えられるような「エネルギー」のことだと思うのですが、違っていたらごめんなさい。

    オースター作品にぐっと引き込まれた経験がある読者にとって(もちろんわたしもそのひとりです)、『オラクル・ナイト』は静謐に過ぎる印象がありますよね、きっと。

    わたしは、青いノートに書き始めて途中で終わってしまった物語の先が(地下室に閉じ込められたその後)、気になって仕方ありません。いつかその続きを書いてくれないかなぁって、心のはしっこで願っています。

  2. uubさん、はじめまして!コメントありがとうございます。
    オースター・ファンの方からコメントを頂けて、とてもうれしいです。

    うんうん、そうですね!自分はまさにそんな風に感じていました。問答無用に持っていかれるようなエネルギーや勢い、それまで積み上げてきたものをひと息で壊してしまうような大胆さみたいなものは、『オラクル・ナイト』にはなかったかもなー、っておもっていました。

    個人的には、そういうエネルギーがいまいち感じられなかったために、作中のエピソードたちがなんだか上滑りしているようにおもえてしまった、というところがあるのかもしれません。

    「途中で終わってしまった物語の先」!そうそう、あの話の続き、すっごく気になりますよね!いかにもオースターの小説の中心にありそうなエピソードだから、今後の作品のモチーフとして出てきたりはするかもな~、なんてちょっと期待したりしています。

  3. hayamonoguraiさん、こんばんは。お返事をありがとうございます。

    そうなんです。すっごぉーく、気になるんです。この期待がオースターまで届いてくれるといいのだけれど。

    ところで、もしわたしが『オラクル・ナイト』を、hayamonoguraiさんと同じ24歳のときに読んでいたら、きっとhayamonoguraiさんと同じ感想を持っていただろうなと思います。実際、そう思いながら、わたしはこの小説を読んでいました。ポール・オースターの作品に出会ったのが、ちょうど20代前半だったので、その頃に『オラクル・ナイト』を読んでいたら、物足りなかっただろうな、と。

    でも今のわたし(もうすぐ30歳になるのですが)が読んだ『オラクル・ナイト』は少し違った感想を持つことができました。破壊的なエネルギーはなくても、今のわたしの温度にぴたりと寄り添ってきて、味わい深かった。

    これはもちろんとても個人的なことなので、適当に読み流してもらえればと思うのですが。ただ、24歳のわたしだったら同じ感想を持ったのであろうhayamonoguraiさんが、30歳にもう一度読んだら、どんな感想を持つんだろうなぁと、こっそり楽しみな気持ちになりました。

    勝手なことを書きました。やっぱり勝手読み流してくださいね。

  4. uubさん、こんばんは!返事、遅くなってしまってごめんなさい。

    あ~、なるほどー!たしかに、年齢とか経験とかによって感じ方はいろいろと変わっていきますもんね。。
    俺の場合も、はじめてオースターを読んだのは16,7歳の頃だったので、そのときといまとではだいぶ違った感想を抱いているんだろうなーっておもいます。

    uubさんのおかげで、『オラクル・ナイト』、30歳にもうちょっと近づいたらまた読んでみたいな、って気持ちになれました。
    読み続けていくことのたのしみが、またひとつ増えた、って感じです。コメント、ありがとうございました!

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive