KAREN@下北沢Club Que

sunday girl in silence

9月22日、下北沢にて、KARENの2ndアルバム『Sunday Girl in Silence』のレコ発ライブ。KARENのことを知ったのは、数年前に他のバンド(たぶんSmoosh)をお目当てに見に行ったときにたまたま対バンで出ていたからで、見るのはこれで3回目になるけど、ワンマンのライブは初めてだった。Queの小さなハコは本当に人でいっぱいになっていて、前から5列目あたりで見れた俺はラッキーだったとおもう。後ろのほうの人はぜんぜんバンドが見えなかったんじゃないだろうか。

このバンドはリズム隊がもうとにかく抜群にうまくて、そのグルーヴにアチコのあったかいハイトーンボーカルが自由に乗っている感じが最高だ、って常々おもっているのだけど、今回もそういうところが素晴らしかった。伸び伸びとしていて、でも緻密で、荒々しい。とくにベースがいい。…というか、いまおもい出してみるに、俺はベースの中俣ばっかり見ていた気がする。クリーンかつヘビーな、あんなベースが弾けるようになりたいよー、とかずっとおもいながら。

ART-SCHOOLの木下と戸高のギターは、まあテクニックで惹きつけるようなタイプではないし、正直他のメンバーがうますぎるせいもあってそんなに目立たないんだけど、どの曲にも独特な浮遊感、きらきら感があるのはやっぱりよかった。とはいえ、アートでやっているようなひりひりした部分をもっと出してもいいのに…とはおもわないでもなかった。あと、木下のコーラスはアチコの歌声にすごく合っているので、コーラス入りの曲をもっと聴いてみたいな、なんてかんがえたり。

始めのうち、音量のバランスがちょっと微妙で気になったけど(ギターが弱すぎる気がした)、全体的に安定感のある、とてもたのしいライブだった。アチコの歌声がぐんぐん伸びていくのが素敵だし、聴いていて気持ちいい音ばっかりなんだよまじで。俺的ハイライトは後半の3曲、”サーチライトガール”→”CAGE”→”Flapper”って流れの辺り。ノイジーでサイケデリックな音の渦が快感中枢を刺激しまくってくるものだから、高揚感が半端ない。とくに変拍子多用・おかず満載のドラムが最高で、うっとりしてしまうくらいだった。

周りの観客は20歳前後くらいの女の子が多かったけど、みんなどうやってKARENのことを知ったのかなー、なんてちょっと気になったりした。バチコかアートか、それともDowny経由か、たまたま何かの対バンで出会ったのか。でもまあ、一度ライブを見たらぜったいまた見たくなるバンドだよな、とはおもう。俺にとっては、いま日本でいちばんかっこいいバンドのひとつ。

Intro

Birds&Train

ENEMY

Library

Take Me

足りない

“Lorraine”

Coma(Sunday)

sound of broken chair

Willow Dance

FIRE SHEEP

SHOCK

Marine

LOVE ME

サーチライトガール

CAGE

Flapper

(アンコール)

SILVER

Similar Posts:


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive