夏休み日記 09(その1)

8.25

学生でなくなったって、夏休みが欲しい!ってことで、あしたから特別休暇を3日間とって、今年も軽く一人旅をすることにした。いちおうの目的地はきのう決めたのだけど、瀬戸内海の直島。安藤忠雄の設計した美術館とかで結構有名な、でもきっと超田舎な感じに違いない島だ。直島に行こうって決めるまでは、去年行った鳥取砂丘のことが忘れられなくて、砂丘よかったよなー、また行っちゃおうかなー、とかかんがえたりもしていたのだけど、さすがにそれはやめておいた。鳥取はちょっと遠いし。土日合わせて5日間だけの休暇だけど、もうすぐ旅のはじまりだとおもうと、まだ会社にいるくせに頭が勝手にお楽しみ路線に入っていってしまい、わくわくが止まらなくて困る。いつもこんな気分で仕事できたらいいのに、なんて無理なことをかんがえてしまう。

ふだんならぜったいにあり得ない、みなぎるやる気と素晴らしい効率とで仕事を片付け、ダッシュで帰宅。シャワーを浴びて歯を磨いて、30分で支度をした。Tシャツを4枚、下着、手帳、本、煙草、剃刀、バファリン、ワックス、歯ブラシ、時刻表(当然でっかいやつ)、iPod、充電器、タオル(あわてるな!)。こいつらをメッセンジャーバッグに詰め込んで、太いジーンズに着なれたTシャツ、ビルケンのサンダルって近所をぷらっと散歩するようなリラクシンな格好で出発する。身軽なのがいちばんだ。

中野駅で18きっぷを買い、でもそれは使わないで新宿へ。今回は5日間も電車に乗らないからちょっともったいないことになるのだけど、18きっぷが手元にあるときの、どこに行ってもいいしどこにだって行ける、って自由の感覚がたまらない、とおもうからやっぱり買わないわけにはいかない。

夜の新宿をふらふらして時間をつぶし、11時頃夜行バスに乗り込んだ。暗いバスの車内では何ができるってわけでもないのだけど、なんとなくわくわくしてしまう。昔から、夜行○○に乗るときには決まってそうなのだ。ほんとガキみたいだなーとおもってちょっと呆れた気分になり、でもまあ夏休みだしね、いいよね、ともおもう。だって、さっきまで仕事してたのに、あしたの朝にはもう大阪にいるんだよ。それであしたの昼にはもう直島に。これってちょっとしたワープみたいじゃんね!

Similar Posts:


    • aikawa
    • 2009-09/07 1:25am

    直島、以前行きました。
    今年の夏は大竹伸朗さんが何か作ってたって聞きました。
    タイムリーでしたね!

    • hagyirokawa
    • 2009-09/07 1:25am

    良いですね、直島。

    たっぷり、エネルギーを充電してきてください!

    旅行記楽しみにしています!

  1. aiちゃん>
    おーほんとに!直島いいとこだよねー。
    うん、大竹伸朗の作品もいくつか見たよ。彼の新しい作品で、「I♥湯(アイラブユ)」ってだじゃれな名前の銭湯が泊まった宿のすぐ隣にあった!

    hagyirokawaさん>
    たっぷり充電してきたはずなんですが、1週間も経つともうエネルギー切れらしく、日記をまとめる力がなかなか出てきません…。でも忘れないうちに書きます!

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2016年7月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Archive