『パリ、テキサス』

パリ、テキサス [DVD]

DVDで。高校生のころにはじめて見て以来、自分のなかで最高の映画のひとつであり続けてる作品で、もう何度も何度も見ているわけだけど、ひさびさに見てもやっぱり素晴らしかった!とにかく全編通して隙がない、って言っていいくらいに映像が美しく、とても静かなのにものすごく雄弁な画ばっかりで目が離せない。言葉の少ない序盤から切なすぎる終盤のモノローグまで、どのシーンもひたすらにエモーショナルで、俺はまたしても圧倒されまくってしまった。

物語はひどくセンチメンタルで、エンディングは苦い。それだけではただのウェットな話になってしまうところなんだけど、乾燥したアメリカ中西部の空気や、空の限りない青さ、やさしい夜の光、ライ・クーダーのざらっとしたスライドギターの音色――今回はじめて気づいたんだけど、ほとんどが単音のスライドだ。ものすごくシンプル――なんかが、美しくも悲しい、はかなくも力強い、もうこれしかない、っていうような絶妙なバランスを作品にもたらしている。

ひさびさに見ておもったのは、これはある家族の崩壊と希望の物語であるわけだけど、でもやっぱりそれ以上にトラヴィスっていうひとりの男の物語なんだな、ってことだ。彼の不器用さや繊細さ、何をどうしたいのか自分でもまるでわかっていない感じ、あてのない感じ、諦めや疲労、狂おしいようなおもい、そんないろいろが画面のありとあらゆるところから滲み出てくるようで、とにかく胸に迫ってきてしょうがない。あんな壊れかけたおっさんに毎回毎回ずぶずぶと感情移入してしまうのは、もうとにかく映像の、物語の、映画の力によるものだって言うしかなくて、そうかんがえると胸が震える。

っていうか俺はこの映画のほとんど全てが大すきで、この映画を見るたびに、こんなに最高のシーンばっかりで作品が完成するなんて、ほんとに奇跡ってあるんだな…なんておもってうるうるしてしまうくらいなのだ。でも、何度見ても相変わらずすごい、って感想しか出てこないんだからしょうがない。ヴェンダースの数多い作品のなかでも、頭ひとつ飛びぬけて美しい映画。

Similar Posts:


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2016年6月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Archive