『ミルク』

f:id:hayamonogurai:20090624231345j:image:h170

吉祥寺バウスシアターにて。見たのはもう1か月くらい前のことなんだけど、なかなかよかった。1970年代アメリカで、ゲイであることを初めて公言して一大ムーブメントを引き起こした政治家、ハーヴェイ・ミルクの姿を描いた作品。話そのものも構成もごくシンプルなんだけど、全体的にとてもていねいに作られている雰囲気があって、ミルクについてほとんど予備知識を持ち合わせていなかった俺でも、彼らが戦うことになった理由やその心情についてきちんと納得、共感できるようになっているようにおもえた。

それはやっぱり、ゲイの人々のマイノリティがゆえの苦しみってものが具体的に描かれているからだろう。ゲイだろうがストレートだろうが、大抵の人はきっと日常のなかでマイノリティとして辛いおもいを経験したことがあるだろうし、そうでなくても、少なくとも、そういった経験や気持ちを自分に照らし合わせてかんがえてみること、想像すること、そういうところからしか他者を排除したり包摂したりするのではないコミュニケーションのかたちは生まれ得ないとおもう。人は他者の思考や感情を完全に把握することなどできないのだから、どうしたって理解できないこと、決して越えられないようなギャップというのは必ずある。でも、それだからこそ、人はそのギャップ越しにでもコミュニケーションを取っていくべきなのだろうし、取っていかなくてはならないはずだ。この映画ではミルクがそんなコミュニケーションへの願いや希望の象徴になっているのだけど、そこには監督であるガス・ヴァン・サント自身の感情もたっぷりと込められているようにおもえて、俺はぐっときた。

あと、ショーン・ペンって俺のなかではものすごいマッチョでこわいおっさん、っていうイメージがほとんど(『ミスティック・リバー』のイメージが強過ぎて…)だったんだけど、この作品のなかでは本当に暖かいほほえみを浮かべているシーンがたくさんあって、これが役者ってことか…すげえな、なんて、素朴なことをしみじみとおもった。

Similar Posts:


  1. hayamonogurai様、いつもBlogを拝見させていただいています^^。
    ガス・ヴァン・サント監督の「ミルク」。私も、劇場で観ました。
    偏見や不条理な差別に対して行動を起こすことや、相互理解のためのコミュニケーションをとることを、非常にポジティブに描いた映画だったと思います。
    妙に印象に残るオープニングとエピローグのシークエンスや、不穏さ、緊張感を盛り上げる独特の音響の使い方など、監督の作家性というか「らしさ」が所々に出ていたのも良かったです。あと、確かにショーン・ペンは脱いだら凄い…(笑)。
    史実を基にした映画なので物語はシンプルでしたが、ハーヴェイ・ミルクという政治家の人間性も含めて、非常に魅力的な作品でしたよね。hayamonogurai様のエントリ、「ウンウン」と頷きながら読ませていただきました。

  2. STRANGERさんこんばんは!コメントありがとうございます。こちらこそ、いつもたのしくブログ読ませてもらってます!
    うんうん、ミルクが掲げていた”希望”ってテーマが作品全体を貫いていて、悲しい結末ではあるけれど、ポジティブ感に満ちた映画だよな、っておもいました。
    今作はガス・ヴァン・サントにしてはわりと正統派、っていうか、ふつうっぽい映画な気もしましたが、STRANGERさんのおっしゃっている通り、独特の作家性がたまに顔を出す感じは俺もすきでした。
    そうですね、不必要に話を美化したりだとか、伝説みたいに語ったりするような感じでなかったのがよかったです。ミルクの演説はほんとにかっこよかったですよねー!

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2016年8月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Archive