ハング・オン

5.23

土曜日。まったく、今週はむちゃくちゃハードだった。会社の研修の詰め込みっぷりは本当に容赦ないとしか言いようがなくて、毎日9時10時とかまで残って勉強してやっと、という感じだったし、家に帰ったら帰ったで、しばらく距離をおくことにしよう、ってなっている彼女のこととか、精神状態が不安定過ぎな友人のことで切なくなったりおもい悩んだりしては、眠れぬ夜を過ごして目の下にくっきり隈をつけたりしていた。同期の子からも、ねえ最近なんか無理してない?夜とかちゃんと寝てる??とか言われたりして、うーん結構きてるかもなー、なんておもったり。

でも、きょうは休日。ようやく一息つくことができた。昼ごろ、中野の駅前通りを歩きつつ、iPodのイヤホンから流れてくるTeenage Fanclubの”Hang On”を聴いていたのだけど、イントロのT-Rexまんまのぶ厚いギターのリフが甘くとろけていってそこにジェラルド・ラブのボーカルが入ってくるあたりで、ふいに音が身体じゅうに染み渡ってきて、この頃すっかりおもい出せなくなっていたような安心感、平穏で肯定的な感覚に全身が包まれたのだった。

それは鳥肌が立っておもわず震えてしまうような激しい感覚であるのと同時に、ひさびさに心から笑顔になれるような感じでもあって、あ、俺いますっごい感動してる、この感じがあればきっとまだ頑張れるな、もっと強くならなきゃだめだな、なんて本当に素直におもった。音楽って、苦しいときにいつもすがれるような容易い存在じゃないけど、タイミングさえ合えばちゃんとその生のエナジーを感じさせてくれるんだな、とか、そんな恥ずかしい感じのこともちょっと本気でおもった。

I’ve been bought and I’ve been sold

And I’ve forgot what I’ve been told

And now I need someone

Of all the stars I’ve ever seen you’re the sun

Hang on,hang on

Hang on,hang on

元気が出てきたところで、なかなかがっつりと勉強。見舞いに行った病院で2時間、サイゼリヤで3時間、家に帰って1時間、ってまるで受験生みたいだ、とおもってひとりでわらってしまう。

5.24

日曜日。朝の10時から会社の友人と集まってファミレスでひたすら勉強。こんな休日ばっかになるなんて学生のころは想像もしてなかったなー、とおもいつつも、夕方5時くらいまで粘る。

その後、人数は減りつつもマックに移動して、結局夜10時半くらいまで勉強し続ける。何かおかしい気がする…とはおもうものの、このくらいやらなきゃサバイヴできそうにない、っていう外資の恐ろしい空気を日々味わっているので頑張った。まあ、もちろん合間合間ではくだらない話をしたり(こんどさー、生と死について語り合わん?ドストエフスキーすきなんでしょー?んーそだね、語り合おうかー)、リストラ/減給の恐怖について愚痴りあったりしていたのだけど。

帰り道、激し過ぎる雷雨に遭遇、びしょびしょになって帰宅する。去年の夏のゲリラ豪雨をおもい出して、なんだか切ない気分になった。

5.25

月曜日。会社に行って友達に会うなり、いやー疲れ取れないねー、といってわらい合う。この、全身をくまなく覆う疲労感。とはいえ、だいたいいつも疲れてる、って感じにもそろそろ慣れてきた気がする。

きょうこそ土日の勉強の成果を…!と挑んだテストだったけど、おもったより苦戦。まあそういうこともある。夜、家に帰ってくると妙に頭が痛い。どうやら熱もあるっぽいし、また風邪をひいたのかもしれない。なんだかいまいちついていない一日だなーって軽くうんざりするも、帰って楽器の練習をしていると少し気分が晴れてくる。まったく、音楽って大事。

サーティーン

Similar Posts:


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2016年5月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Archive