『愛と宿命の泉 Part Ⅱ 泉のマノン』

『愛と宿命の泉 Part Ⅱ 泉のマノン』

DVDで。パート2で描かれるのは、前編から10年後の物語である。泉を手に入れ、ついに「カーネーション王」となったウゴランは、ある日、泉で水浴びをする羊飼いの娘の姿を覗き見る。娘はジャンの娘、マノンだった。その美しさにひと目で恋の虜になってしまったウゴランは、全財産を譲ってでも彼女と結婚したいと願うのだが、マノンはまるで彼の方を見ようとはしてくれない。そんな折、マノンはふとした偶然から、パペとウゴランが泉の存在を知りながら父を騙していたこと、また、村の住人たちも彼らの行いの意味するところを理解しておきながら、父のために指一本動かそうとはしなかったことを知る。怒りに震える彼女は、町の水源をせき止め、町の水をことごとく枯らしてしまうのだった…!

パート1は虚偽から始まる悲劇の物語だったが、パート2は真実の露見によって動き出す復讐の物語である。ここでついに、世代を越えた宿命、因果応報に決着がつけられるというわけだ。ひとりの娘の怒りが町の水をすべて枯らす、ってなんだかラテンアメリカ文学みたいだけれど、そういった神話的な要素がいくつも取り入れられていることで、作品全体の雰囲気は荘重なものになっている。

パート1はジャンの、パート2はマノンの視点を主軸とした物語だと言うことができるけれど、全編通しての主人公、パペとウゴランもまた、彼らと同様に愛と宿命とに絡み取られ、身動きの取れなくなった人物である。ウゴランの決して叶うことのない恋と、パペの人生の歯車を狂わせたひとつの誤解の悲しさは、この物語を単純な「善vs悪」の構図から遠ざけ、多層的な情感をもたらしている。とくにストーリー終盤からエンディングにかけてのパペの姿はひたすらに痛々しく、「運命に翻弄された」という言葉がぴったりくるような物悲しさを感じさせる。

Similar Posts:


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2016年9月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Archive