『いちばんここに似合う人』/ミランダ・ジュライ

『いちばんここに似合う人』/ミランダ・ジュライ

映画監督としても有名な、ミランダ・ジュライのデビュー作。16の短編が収められているが、どれをとってもアイデアはキュートで文体はポップ、しかしそこで描かれる心情というのはひりひりとするような痛みや孤独にまつわる切実な感情である、というところで一貫している。短めの作品が多くてさくさく読めてしまうけれど、どれもなかなかに強い印象を残す作品集だった。

読んでいてはじめに「おっ」とおもったのが、「水泳チーム」という作品。主人公の女性が、80歳オーバーの老人たちに「ボウル三つにぬるま湯を張ったの」を使ってアパートのなかで水泳を教える、というアイデア一発の、むちゃくちゃくだらない話なのだが、これがすごくおもしろい。

わたしは水には入らないでプールサイドに立ってるタイプのコーチだったけど、いっときも休むひまはなかった。偉そうな言い方かもしれないけど、わたしが水のかわりだった。わたしがいっさいを取りしきっていた。エアロビクスのインストラクターみたいに絶えず声を出していたし、きっちり同じ間隔でホイッスルを鳴らしてプールの端を知らせた。するとみんなそろってターンして、反対方向にむかって泳ぎだした。エリザベスが腕を使うのを忘れていれば、わたしはこう叫ぶ、エリザベス!足は浮いてるけど頭が沈んでる!するとエリザベスはしゃかりきになって腕を動かしだし、すぐにまた水平にもどる。(「水泳チーム」p.28,29)

「わたしが水の代わりだった」!声に出して笑ってしまいそうになる。ひねているし冷めたところだってじゅうぶんに自覚しているくせに、落とし所は必ずキャッチーなのが彼女の持ち味ということだろうか。あと、短いセンテンスの畳みかけによって生み出されるグルーヴ感がかっこいい。

他にも、「ロマンスだった」「何も必要としない何か」「ラム・キエンの男の子」「十の本当のこと」といった作品はかなり好みだった。微妙なフィーリングやちょっとした違和感といったものをぴったりする言葉に置き換えるのがうまくて、単純に読んでいてたのしいのだ。

バスルームの粉っぽい暖かさの中で、わたしは天にも昇る気持ちだった。急に一人きりになると、むちゃくちゃに暴れだしたいような気分になった。わたしはドアに鍵をかけ、鏡に向かって発作みたいに奇っ怪な動作をつぎつぎにやった。自分に向かって狂ったように手を振り、顔をゆがめてブキミで不細工な表情を作った。手を洗いながら、両手が子供になったみたいに、まず片手をあやすように揺すり、もう片方の手も同じようにした。それはワタシというものの突然の大噴火だった。科学的な用語で言うところの<最初で最後の打ち上げ花火>というやつだ。その感覚はすぐに過ぎ去った。わたしは小さな青いタオルで手をふくと、寝室に戻っていった。(「何も必要としない何か」p.104)

彼女が帰ったあと、わたしはリビングの真ん中に立って、いいわ、もう気の済むまでここにこうして立っていよう、と心に決めた。そのうちに飽きるだろうと思ったけれど、飽きないで、ますます悲しい気分になるばかりだった。手にはまだクロスを握りしめていた。もしこれを離すことができれば、また動きだせるような気がした。けれどもわたしの手は頑としてこの汚れた布を手放すまいとした。(「十の本当のこと」p.190)

どの短編でも、プロットや展開というのは結構ありがちだったりざっくりしていたりするのだけど、この語り手「わたし」の世界との対峙の仕方が独特というか、「わたし」の語り口のトーンが作品世界を一から立ち上げていくような感覚があって、そこが強烈な個性になっている。

まあそれにしても、全編に漂うおしゃれ感がすごかった。痛いところの突き方、ナチュラルなのに意外と隙のない感じ、冷静さといじわるさ、軽やかでまじめぶっていないところ、どこを切ってもアートっぽくて、しかしじゅうぶんにポップっていう、絶妙なおしゃれ感が溢れ出てくる。正直、そういうところは少し鼻につかないでもなかったけれど(個人的な好みとしては、もうちょっと青臭いところ、野暮ったいところがある方が親しみやすい気がする)、この世界はまさにこの人にしか描けない、と感じさせる、きわめてオリジナルで高水準な作品集だった。俺は、映画『パンチドランク・ラブ』や『恋愛睡眠のすすめ』、『ゴーストワールド』なんかをおもい出しながら読んだけれど、このあたりがタイプな人(それは俺のことだが…)にはまさにどストライクな一冊だとおもう。

Similar Posts:


    • akari
    • 2013-04/26 10:24pm

    hayamonoguraiさん、こんばんは!

    『いちばんここに似合う人』、読まれたのですね。
    レビューを書いてくださって、ありがとうございます♪レビューを読ませてもらって、ほくほく幸せな気持ちになりました。

    わたしはこの本を、一人旅中に立ち寄った福井の図書館でみつけて、その場で時間を忘れて読みました。
    本当はかりて持って帰りたかったけれど、福井まで返しに行くことができないから、泣く泣く閉館時間と同時に本棚に返したことを覚えています。本って、そういう思い出とも結びついてますよねー。hayamonoguraiさんも、そういう本ありますか?ぜひ教えてくださいね♪

    それにしてもボウルで水泳を教えるって、何回読んでも、その場面を具体的にイメージすることができません(笑)
    そしてわたしも、「ロマンスだった」と「ラム・キエンの男の子」が特にお気に入りです。
    本の紹介などでは、「孤独を描いた作品」と言われることが多いけれど、(もちろんその通りだと思うけれど)わたしはととても面白い作品だと感じました。ケラケラわらってしまうところ、たくさんありますよね。ロマンス体質になるためのセミナーとか(笑)本当にあったら参加してみたいなぁ。

    それにしても、hayamonoguraiさんは本当にぴったりの言葉で感想を書いてくださいますね。
    もしかして、お仕事で文章を書かれているのでしょうか。わたしは思ったことを表現するのが苦手で、「すごくよかった!」とかしか言えなくて、いつももどかしいです(^^;

    追伸
    家族のお許しが出たので、5月おわりか6月くらいに原美術館+別館にお出かけしようと思っています。やっぱり両方行きたい!と思って、一泊して両方行こうかなって♪ソフィ・カルは、わたしも『リヴァイアサン』で知って、それ以来ファンになりました。地元の美術館に彼女のが所蔵されているので、何度か見に行って大好きになりました。本からつながって色々知っていくの、楽しいですよねー。
    またまたおしゃべりがすぎました。失礼しました。

  1. akariさん、こんばんは。
    akariさんのコメントをきっかけに積読本をようやく消化できたのですが、ミランダ・ジュライ、すっかり気に入っちゃいました。ありがとうございました!
    あと、『ザ・フューチャー』も見てきました〜。(予想していたよりインディー感溢れる作風だったけれど、俺はなかなか好みでした。)
    これについても、近いうちに感想を書いておこうとおもいます。

    たしかに、本を手に取ったとき、読んだときの風景って、よく覚えている気がします。旅先ならなおさらですよね。
    俺の場合、あまりそういう素敵な出会いはないのですが、ジョン・アーヴィングの小説の大半は旅行中に読んだようにおもいます。(なにしろ長いので、途中で読む本がなくなる心配がない笑)

    「水泳チーム」、たしかに映像化できないですよね。おじいちゃんたちは激しく水を撒き散らしながら「泳いで」いるみたいだし…笑
    語りの勢いで強引に場面を作り上げちゃう、こういうのって小説だからこそのおもしろさだよなー、とおもって、俺はこの短編で一気にファンになっちゃいました。
    「ロマンスだった」は、最後のシーンが最高におもしろいですよね。(チャチャチャのリズムで背中叩いちゃうところなんて、絶対忘れられない!)しかもちょっぴり切ない。
    うんうん、まさしくそうですね。「孤独」はどの短編でも重要な要素になっているけれど、「孤独」だと感じている主人公たちのことを冷静でちょっぴりシニカルな視線で描いているから、笑えるし、だからこそ身につまされるような気分にもなるんですよね。

    ありがとうございます〜。正直、かなり拙い文章だとはおもいますが、そんな風に言って頂けるとアップしてよかったなーとおもいます。
    仕事はシステムエンジニアをやっています。とくに文章をいっぱい書くような感じではないかな。
    あ、俺の感想文も、大抵、「すごくよかった!」って言ってるだけですよ笑

    お、両方行かれることにしたんですね!美術館巡りの旅、たのしそうだなー!
    ソフィ・カルの作品、見てみたいなあ。俺も、少なくとも原美術館には行ってみようとおもいます(近いし!)

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2016年8月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Archive