Wilco@SHIBUYA-AX

Wilco

ウィルコを見たのは2年前のフジ以来だったけど、いやー、これは文句なしに素晴らしかった!!もう今年はこれ以上のライブは見られないんじゃないか…ってくらい、最初から最後まで超ハイクオリティなパフォーマンスを見せてくれた。およそ2時間半のあいだ、MCはほとんどなく、演奏は一時もだれることなく続けられ、会場には幸福な空気が満ちていた。

本当に、つくづくまっとうなバンドだ。やっているのは、曲の良さと音の良さ、アンサンブルの妙によって魅せるっていう、まあそれだけなのだけど、それをこれほどまでにまっとうにできるバンドっていうのは、そうそういない。ひとりひとりのプレイが確実に全体に貢献しており、かつ自由さを感じさせる、っていうところなんかも、かっこよかった。

個人的なハイライトは、うーん、決めがたいけれど、序盤の”Art Of Almost”、”I Might”、”At Least That’s What You Said”、”Via Chicago”、”I Am Trying To Break Your Heart”って流れがやっぱり最高だったかな。あと、”Impossible Germany”のネルス・クラインのギターは笑っちゃうくらいすごかったし、”Heavy Metal Drummer”の盛り上がりや、”Jesus, Etc.”の合唱もたのしかった。

とにかくどの曲も、アルバムの音源以上に実験的で攻撃的で、周到で知的、しなやかでびしっと決まっている。とくに、静と動の行き来を繰り返すタイプの曲は、どれもおもわずあうっとなるような素晴らしい迫力と美しさがあった。興奮するというより多幸感にぼうっとしてしまうような感覚になるライブは、ひさびさだったな。

以下、セットリスト。

01. One Sunday Morning (Song For Jane Smiley’s Boyfriend)
02. Poor Places
03. Art Of Almost
04. I Might
05. At Least That’s What You Said
06. Via Chicago
07. I Am Trying To Break Your Heart
08. Kamera
09. Handshake Drugs
10. Company In My Back
11. Impossible Germany
12. Born Alone
13. Wishful Thinking
14. War On War
15. Whole Love
16. Box Full Of Letters
17. Heavy Metal Drummer
18. Dawned On Me
19. Shot In The Arm
—Encore—
20. Jesus, Etc.
21. Walken
22. I’m The Man Who Loves You
23. Red-Eyed And Blue
24. I Got You (At The End Of The Century)
25. Outtasite (Outta Mind)
26. Hoodoo Voodoo

Similar Posts:


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2016年8月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Archive