『親切なクムジャさん』

親切なクムジャさん プレミアム・エディション [DVD]

パク・チャヌク監督、『親切なクムジャさん』を見た。DVDで。『復讐者に憐れみを』,『オールド・ボーイ』に続く復讐三部作のラストだというこの作品。前二作とくらべると血みどろなシークエンスは抑え目だったけど、でもやっぱりあった。そして、バシッと絵が決まるシーンがたくさんあって、この監督の映像は本当かっこいいなーとおもった。グロテスクな中にも美しさがあり、悲劇的で深刻な場面にもシュールな笑いのセンスが見える。そのバランス感覚が絶妙で、エンタテインメントしてるぜ!という感じ。

主人公のクムジャさんが内なる葛藤を抑えながら復讐を遂行していく、そのかなしみや怒りは主演のイ・ヨンエの表情やしぐさからすごく感じられるのだけど、物語の運び的には、やっぱり復讐に至るまでのクムジャさんの心情なんかをもうすこし描いてほしかったかなー、とかはおもった。前半はクムジャさんってどんな人なんだ??ってすごい引きこまれたけど、復讐相手を捕まえてしまってからは、物語の牽引力が急に落ちたような気分になった。展開の選択肢が見えすぎちゃうというか。

もっともこの映画はそういう展開のわくわく感よりも、復讐とは一体いかなる行為であるのか?というのをテーマとして突き詰めているので、小気味よさだけを求めるわけにはいかないかもしれない。しかし、復讐についていろいろかんがえるというのは、なかなかおもしろい。だってさ、ふだんあんまり深くかんがえないじゃん、ハンムラビ法典的なこととかって。

Similar Posts:


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive