「鼻」/ニコライ・ワシーリエヴィチ・ゴーゴリ

『鼻/外套/査察官』/ニコライ・ワシーリエヴィチ・ゴーゴリ

ある朝、床屋のイワン・ヤーコヴレヴィチがパンをナイフで切り分けていたところ、何だか固くて白っぽいものが入っている。いったいこれは何だ?と恐るおそる指で触ってみると…!

「かたい!」
そんなふうにひとりごとを言った。
「いったい何だろうね、これは?」
指を突っ込んで引っぱり出してみるってえと、……これがなんと、鼻ッ!……イワン・ヤーコヴレヴィチは二の句がつげない。目をこすって、もう一度さわってみますが――やっぱり、鼻ッ。正真正銘、掛け値なしの、どこからどう見たって、どう転んだって、鼻ッ!(p.11)

「鼻ッ!って言いたいだけじゃね?」っておもわず突っ込みたくなるようなシーンだけど、こんな風に、パンのなかから鼻が出てきたり、鼻が外套を着てペテルブルグの街を闊歩していたり、鼻が鼻の元の持ち主に向かって、「私とあなたとは何の関係もないと思いますが」なんて言い放ったり、とにかく鼻にまつわるもろもろのシュールな展開が繰り広げられていくのが、この短編「鼻」である。

うっかり、「シュール」なんて書いてしまったけれど、じっさいのところ、これはシュルレアリスムの始まりより100年ほども前、1830年台の作品だ。なので、本作のテイストについては「シュール」以外の言葉で形容してあげたほうが適切だろう。でも、うーん、これが意外とむずかしい。なんだろうな、幻想的、ファンタジック、というのはちょっと違うし(神話的な要素とか別世界的なものへの憧憬は少しもない)、風刺的、というのもいまいちピンとこない(何をどう風刺しているのかはっきりしない)。だから…そうだな、これは、夢の論理を使って書かれた作品、なんて風に言ってみるのがいいのかもしれない。

夢のなかって、「たしかに”その人”だと確信できるのに、目の前にいる当人はまるで”その人”の姿をしていない」みたいなことがあったりするけれど、「自分の鼻が外套を着て歩いている」(その間、自分の鼻のあたりは「のっぺりして、つるつる」になっている)のを見ているときの感覚っていうのは、わりとそういう感じに近いんじゃないかとおもう。そういう意味では、本作を構成しているのは夢の論理であり、本作のリアリティを担保しているのは、夢のなかで感じられる類のリアリティだと言うことができそうだ。

ともあれ、まあ、これは単にむちゃくちゃな話として、シンプルにたのしんで読んでしまえばいいのだとおもう。鼻を男性器に見立てるようなフロイト的な読み方、ゴーゴリ自身に関する伝記的な事実から鼻に関する何らかのオブセッションを見出して関連付けてみるような読み方も可能だろうけれど、そういうのはあくまでも二次的な解釈であって、本作をたのしむ上でどうしても必要な要素ということにはならないはずだ。さらさらっと読めてしまう浦の落語訳は、そんな本作によく似合っている気がする。

Similar Posts:


    • akari
    • 2013-04/05 5:59pm

    hayamonoguraiさん、こんにちは!一段とあたたかくなってきましたね。
    あたたかくて気持ちがよくて、電車の中で本を開いてもうとうとしてしまう今日この頃です。

    この『鼻』は強烈ですよね。高校生の時、図書館にあった名作全集?で読んで、衝撃を受けました。なに、これ!?って(笑)
    同じ題材でも、芥川の『鼻』はすとん、と心に落ちて納得した気がします。
    でもそっか、ゴーゴリは「鼻ッ!」って言いたかっただけなんですね(笑)
    ゴーゴリのことべた褒めする作家って多いですよね。まだ自分が理解できていないだけなのかな。

    それからそれから、『トムは真夜中の庭で』を再読しました。やっぱり面白かったです♪同じ本を何度か読むのも結構好きなのですが、hayamonoguraiさんはいかがですか。

    あと、『ルビースパークス』も観てきました♪(わたしの住んでいる地域は最近やっと上映されたのでした)
    こういうの大好き!わたしも『500日のサマー』を思い浮かべました。映画を観ているときは、10代の少女みたいに恋愛している気分になりますね。

    来週はミランダジュライの新作がやるので観に行きたいなって思っています。
    新年度、はじまりましたが楽しく日々過ごしたいですねー。

  1. akariさん、こんにちは!
    ほんと、暖かくて風が強くて、すっかり春ですね。5月くらいになったら、公園の芝生でごろんごろんしながら本読みしたいなーっておもいます。

    たしかに、芥川の「鼻」は情緒に訴えかけるタイプの作品だからか、読んでいて納得感がありますよね。
    ゴーゴリの方は、なんていうか、気持ちをどう持って行ったらいいのかよくわからないような、ふしぎさ、もやっと感がある気がします。
    「ゴーゴリのことべた褒めする作家」、結構いますよねー。それで、俺もゴーゴリについて学ばねば!とおもい、最近いろいろ読んでいるんですが、いまいちのめり込めず…。なかなかむずかしいです。

    お、『トムは〜』再読されたんですね。俺も好きな本は何度も読んじゃいます。
    最近だと、10年以上ぶりに『モモ』を読み返しました。なんて完璧な作品だったんだ…!って驚きました笑

    『ルビー・スパークス』、全体的にポップなのに妙にリアルなところもあって、おもしろいですよね。
    『〜サマー』と比べると、男子への目線が厳しくって、ちょっぴりひりひりした気分になったような記憶もあります;

    ミランダ・ジュライ、俺は小説も映画も未見なんですが(黄色い本は1年以上積読中。。)、よかったら感想教えてくださいねー!

      • akari
      • 2013-04/12 11:56pm

      hayamonoguraiさん、こんばんは!
      公園の芝生で本読み、なんて素敵。わたしもごろんごろんしながら本読みたいけれど、スカートはいてたらダメだよな~とか、つまらないことを気にしてしまう大人になってしまいました・・。

      それから『モモ』再読されたんですね。わたしはすっと気になっているのにまだ読んでいません。
      なんだか読みたくなってきました。(hayamogoguraiさんのきれいな文章を読むと、いつもその本が読みたくなってしまいます。)

      ミランダジュライの新作、見てきました。『ザ・フューチャー』とてもよかったです。
      彼女のいろいろな才能(可愛い猫の声、不思議なおどり、キュートなお洋服、そして何より青く澄んだ目)ひとつひとつにため息が出てしまいました。
      黄色い本、積読中でまだ読んでいないなんて本当にうらやましいです(笑)

      今、原美術館の別館で彼女の作品が見れるようですね。原美術館ではソフィ・カル展もやっているし、見に行きたくてうずうずしてます!
      でも、わたしは名古屋に住んでいるので、簡単に行けなくて。代休がたまってるからお休みとって行きたいな。関東に住んでいる方が羨ましいです!

  2. akariさん、こんばんは!
    公園での本読み、まわりに気を取られて案外集中しにくい、っていうのが難点です(いい景色だ〜、なんてぼんやりしてしまう)。なお、膝掛け/シート的に使える大きな布みたいなものを持って行くと、スカートなどでも安心です笑

    『モモ』はテーマが大人向けな作品なので、いまからでもきっとおもしろく読めるのでは、とおもいます。
    早く感想を書いてしまいたいんですが、気に入った本に限って、なかなかうまくまとめられず…。(きれいな文章、書いていけるようにがんばります;)

    へえ〜!ミランダ・ジュライ、akariさんのかなりのお気に入りなんですね!
    映画も、そんなによかったんだ〜。俺も気になってきちゃったので、いま読み途中の本が終わったら、まずは手元の黄色い本から、読んでみようとおもいます。

    原美術館、品川ならともかく、「別館」の群馬は、名古屋からだとさすがにちょっと遠いですよね。でも、これはおもしろそうだなー!
    ソフィ・カル、ポール・オースターの『リヴァイアサン』って小説に彼女をモデルにしたキャラクターが出てくるので、昔から気になってはいたんですが、展覧会やってるんですね。こっちも行ってみたい!

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2016年8月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Archive