“痛い”描写

小説にはよく、“痛い”描写っていうのがあるじゃない。精神的とか、気分的に痛いって意味ではなくて、ごく物理的に傷つけられて痛い、っていう、そういうのの描写が。小説における身体感覚っていうのは描写のリアリティとかに関連してくるのだろうけど、優れた作品を読んでいると、描かれている感覚がまるで自分のものみたいに感じられたりもする。ある物語にすっごい入り込んで読んでいるときに、ものすごく精度の高い、あるいは戦慄を感じるほどに衝撃的な“痛い”描写に遭遇して、具合が悪くなったり、くらくらきたりしたことって、たぶん誰しも一回くらいはあるんじゃないかとおもう。

そんな“痛い”描写ってことで俺がいちばんにおもい出すのは、コーマック・マッカーシー『すべての美しい馬』のナイフでの決闘のシーンだ。高校生のころだったかな、電車の中で読んでいるうちに本気で貧血みたいに目眩がして気分が悪くなってきて、でもそのときに、あー俺、いままじですげー小説読んでるんだ、うわっ、やっべー、ってやたらと興奮したのを覚えている。

かんがえてみるに、小説のリアリティというのはふしぎだ。たとえば、俺は映画の“痛い”シーンでこんな風に気持ち悪くなったりしたことはない。映画はあくまでカメラに映し出された映像だから、人のようすを見ている感じで、自分の痛みじゃないから、ってことなのかな。で、小説の場合だと自分で映像的なものとか痛みそのものを想像しながら読んでいくことになるから、痛い感じをより身近、っていうか自分のものみたいに感じやすくなったりするんだろうか。そういえば、小説の“痛い”シーンを読んでいるときに感じるものって、仕上がったばかりの真っ白なプリントを人から渡されたときに、「あー、このプリントで指とかしゅっ、てやったら、絶対スパって切れて血が出るよなー」とかかんがえたときに頭をよぎる、その“痛い”感じに似ている気がする。肌がざわつくような、身体に直接ぞわぞわっとくる感じっていうか。

…ってなことをバイト中にずっとかんがえていたところ、どうしてもマッカーシーが読みたくなってきたので、帰りに『血と暴力の国』を買ってきた。これ扶桑社から出てるんだねー。まさかガチなミステリじゃないだろうとはおもうけど、意外だった。まあとにかく、また凄みのある“痛い”描写に出会えたらいいなーって期待感とともに、あとさっきコンビニで買ってきた二階堂とともに、これから気合いを入れて読む。

Similar Posts:


  1. こんばんは、はじめまして。たびたびお邪魔しています。

    同感です。小説の醍醐味の1つかと思います。
    漫画や映像とはまた違った凄みがありますよね。
    僕は阿部公房の砂の女や、春樹のねじまき鳥でこうした体験をしました。思い出すと、ぞくぞくします。

    またお邪魔します。

  2. こんばんは!こちらこそ、いつも見させていただいてます!

    なんていうか、漫画とか映像を見ているより、小説を読んでいるときに妄想力が鍛えられるような感じがしますw
    砂の女はあんまりおもい出せないんですが、ねじまき鳥の痛いシーンは俺もよく覚えてます。皮剝ぎボリスのところとか…!

    今後ともよろしくお願いします~!

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive