ザ・ブックズ・ビート

8.16

家にこもってひたすら本読み。夜までかかって、『オン・ザ・ロード』を読み終えた。しかしこれはやっぱりすごい小説だ。ことばのリズムが直に身体にくるような感覚があって、読んでいるうちに躁的なテンションがうつってくるみたい。とくに後半の章の勢いはやばい!

8.17

曇天。かてきょ×2、計6時間やってくたくたになり、その後電車で2時間かけて数か月ぶりに横浜の実家に帰る。横浜駅の中央通路の工事がいつの間にか終わっていて、おおっ!っておもった。俺の小学生のころからやっていた工事もついにここまできたか…、って。

実家は風呂が広い!っていうかふだんシャワーだけだから湯船に浸かるの自体ひさびさかも。あー、やっぱ一日の終わりにはこうやって疲れをとらなきゃだよなー、なんてしみじみおもう。

8.18

祖母の家に行って、芝刈りなどする。こういう日に限ってよく晴れているものだから、結構日焼けした。ひりひりする。祖母は齢80にして毎日コーラを飲み、ごはんはほんの少ししか食べないくせに、羊羹は1本丸ごと一気に食べちゃう、っていう人で、どうしてこう元気なのかよくわからない。老人ホームに入っている祖父が死んだらパリに行くつもりなの!って計画を超たのしそうに話してくれた。

8.19

調布にて、ゼミの友だちたちと遊ぶ計画の話し合い。が、とくに何も決まらず…。友だちが、コーヒーの匂いが致命的にだめ、だということをはじめて知った。それはしんどいよなー。っていうか、コーヒーの匂いが苦手な人もいる、って想像力がいままでの自分には完全に欠けていた。

夕方からバイト。保護者の方々と面談をしたりして、あー、おばちゃんとの対話の仕方ばかりうまくなっていってるや俺、と気づく。

8.20

うーん、きょうはついてなかった。フットサルにて右手を負傷。早く治ってもらわないとやばいなー。手は痛いけれど、夜は10年ぶりくらいに会った友だちなどとがんがんに飲む。ひさびさに、あ、これはまずいな…、っていうところまで飲んでしまった。すっかり酩酊して東京に帰る。

最近、というか『オン・ザ・ロード』を読んで以来、50年代のジャズばっかり聴いている。きょうはレスター・ヤングの『プレズ・アンド・テディ』を集中して聴きまくったのだけど、やっぱりたのしくて素敵。レスター・ヤングのやさしくてあたたかい音色の前では、マイナスな気分はかんたんに打ち消されてしまう。

8.21

昼間はバイト、夜は友だちと飲み。念願のロマサガ話などでなかなか盛り上がるも(ワグナスとか鳳天舞の陣とか、超ひさびさに発音した!)、終電を逃してしまい、徒歩で帰宅することに。しかし俺、夏休みのたのしみが飲みしかないってどうなのよ、とおもわないこともないけれど、まあそのときそのときがたのしいからいいじゃんね、ってことにしておく。

8.22

朝からかてきょ。昼は吉祥寺に行き、リブロとディスクユニオンで買い物。そして、ついに出た黒田硫黄の新刊、『あたらしい朝』を読んだ。黒田硫黄に関しては、もう、全体的にすき、としか言いようがないので冷静な判断はできないけれど、やっぱり最高。

Similar Posts:


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive