『夏への扉』/ロバート・A・ハインライン

夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))

ロバート・A・ハインライン『夏への扉』を読んだ。ひとことでいって、とても爽やかな小説。古きよきアメリカの進歩史観と超ポジティブなエナジーが全編を貫いており、ちょっと引いてしまいそうになるが、でもそこがこの小説のよさでもある。最近気がついたのだけれど、無邪気さや衒いのなさというものに俺はかなり弱いらしいのです。だからこの小説そのものというより、その背景にある無垢でまっすぐな感じが素敵だとおもった。

こういう作品と小学生のころに出会ったりして、人はSFをすきになっていくのだろうか。自分の小学生時代に愛読していた唯一のSFはダグラス・アダムズ『銀河ヒッチハイクガイド』(ちょっと前に映画にもなった。いい感じでした)だった。地球が宇宙バイパスだかの建設のために木っ端微塵にされて、そこから辛くも逃れた主人公が、ともだちのベテルギウス人と銀河をヒッチハイクしていく話。「銀河ヒッチハイクガイド」っていうのは、そんなヒッチハイカーたちの必需品とされる、なんでも載ってる電子図鑑みたいなやつ(音声ガイドつき)で、その記事がなんかいちいちすげーシュールなの。9歳の俺は、そんな設定に心躍らせまくっていたんです。ほんとくだらないスラップスティックだけど、ほんとに何度も読んでいたっけ。

話がずれすぎた。『夏への扉』はシンプルでわかりやすいエンタテインメントとして、まあ、なかなかいいんじゃないかとおもう。ブックオフでなら100円で買えるし。

銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫)

Similar Posts:


  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive