『コーヒー&シガレッツ』

コーヒー&シガレッツ [DVD]

DVDで。ジム・ジャームッシュ監督の、11本のモノクロ短編を集めた作品。コーヒーとタバコが出てくるよ、ってこと以外には短編同士に明確な繋がりはなく、ただ登場人物たちがテーブルを挟んでだらだらした会話を繰り広げるだけ。この、だらだら感、ゆるい感が実によい。

これはストーリーの快感みたいなものが欠片もない映画であって、カタルシス的なものも当然ない。あるのは、何となく噛み合わない会話、ちょっと気まずい空気、あとはまあ、センスのいい音楽くらいじゃないか。ジャームッシュじゃなかったら、こんな作品許されないよなー、って気もしなくもない。どの短編も、とにかくひたすら盛り上がらない、くだらない会話が描かれているだけなんだけど、その会話の“間”の感じがすごくよくて、俺はなんだかいい映画を見たきぶんになった。あれはなにがいいんだろうなー。かんがえてもよくわからない。11本のなかでいちばんおもしろかったのは、トム・ウェイツとイギー・ポップの絡み。おどおどするイギーの表情が無駄にかわいくて。

集中して、のめり込むようにして見る映画では全くないけど、雨の午後に、家でコーヒーとタバコを用意して見るぶんには十分過ぎるくらい素敵な作品だった。やっぱり、コーヒーとタバコのコンビネーションはつよいと実感する。

Similar Posts:


    • ゆりんこ
    • 2008-06/05 1:20am

    タバコとコーヒーは永遠にあたしの中でかっこいいジャンルに分類されるなー!世の大人は是非みんなこうあってほしい!!(煙のにおい除く)

  1. 最近は嫌煙ブーム(?)だから、俺なんかはそれだけでタバコを応援したいきもちになるよ!ま、確かににおいは嫌がられても仕方ないよなー、とはおもうけど。

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2015年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive