『レ・コスミコミケ』/イタロ・カルヴィーノ

『レ・コスミコミケ』/イタロ・カルヴィーノ

「わしは、あらゆる時間・空間を超えて偏在してきた」と主張する、Qfwfqなる名前の老人を語り手とした短編集。Qfwfqによれば、彼は宇宙創世の頃に存在していたこともあれば、生物が水中から陸に上がりはじめた頃に生きていたこともあるし、はたまた、「ひらべったい、じくじくした、おまけに呑気な、軟体動物の単なる肉片」であったこともあるのだという。いや、それどころか、そもそも”もの”や”意識”だったのかどうかすら怪しげな存在であったことさえもあるらしい。そして、そんなわけのわからない存在であったところの彼がやってきたことはと言えば、宇宙のある点につけた「しるし」をライバルから守ろうと何億年ものあいだ追いかけっこを続けたり、空気も音も光も存在しない世界で不意に恋に落ちてしまったり、原子を使ったビー玉遊びで宇宙規模の熱戦を繰り広げたり、一億光年以上遠くの星に立てられたプラカードに書かれたメッセージに冷や汗をかいたり…とこれまた何でもあり。宇宙規模に広げられた大風呂敷のなかで、カルヴィーノ得意の言葉あそびが全編にわたって炸裂し続ける、SF風の題材を用いた知的おとぎばなし、という感じの作品になっている。

俺がとくに好きだったのは、他の短編と比べると抽象度や遊戯性が少なめで、センチメンタルな雰囲気のある、「恐龍族」。遥か太古の時代、わしは恐龍だったのだ~と語るQfwfqは、同胞の恐龍たちが次々とその生命を失っていった「大いなる死の時代」をたったひとりで生き延び、孤独のうちに長い歳月を過ごしていたが、ついに新生物との接触を図る決心をする…!という話。

初めて生き物を見かけたとき、わしは身を隠した。それは新生物の一群だった。小さいけれども強そうな個体だった。
「おーい、君!」彼らのほうでわしに気づいたのだが、そんなふうに呼びかけて来るその馴れ馴れしい態度に、わしはびっくりしてしまった。わしが逃げだすと、彼らは追っかけて来た。わしはもう何万年も昔から、自分の周囲に恐怖を捲き起こすということに慣れ切っていた。そして自分の引き起こす恐怖に他のものが示す反応に、かえってわし自身が恐怖を味わうことにも慣れていた。ところが今度は違うのだ。(p.171)

「何を思って逃げだしたりしたんだね?」と、彼らのうちのあるものが言った――「まるでさ、出たっていうみたいだぜ……恐龍かなんかがな!」すると、他の連中も笑いだした。それでもその笑い声のなかに、初めて不安のようなものの影が感じとれた。笑いながら、彼らはいくらか困ったようだった。そればかりか、また別のものは重々しい表情になって、こう言い添えたほどだった。「冗談にもそいつは言っちゃあいけないよ。お前は、やつらがどんなもんだか知らないんだ……」(p.171,172)

新生物たちは、恐龍などというものを見たことがないため、Qfwfqが恐龍であるという発想自体が浮かんでこないのだ。コミカルな描写のなかにも、悲しみが漂う。

初めのうちこそ、こんな風に「わし」は新生物に対して恐怖心を感じ、自分の正体がばれはしないかと冷や汗をかくものの、じきに彼らのうちに溶け込み、共に生活を営むようにさえなる。が、そこはやはり孤高の恐龍、やがて彼らに幻滅し、最終的には自らの足で彼らのもとを去っていくことになる。その後ろ姿には、帰るべき場所が永遠に失われた者の、そのアイデンティティが決して誰にも理解され得ない者の孤独と寂しさとが染みついてはいるのだけれど、しかし今後も「わし」がしぶとく生き続けていくだろうことは、読者にははっきりと感じられる…。

Similar Posts:


    • akari
    • 2013-05/21 10:11pm

    hayamonoguraiさん、こんばんは。

    わたしも、『レ・コスミコミケ』読みました。これは、すごいですね。びっくりしました(笑)
    「お話」を作るって、こういうことなんでしょうか。本からあふれてこぼれてくるような、イマジネーションの嵐に圧倒されて、一気に読み終えてしまった感じです。

    どの短編も面白かったです。「恐龍族」、コミカルだけれどさみしさ漂う作品でしたね。
    そうそう!帰る場所がないもののさみしさ。hayamonoguraiさんのおっしゃる通りだなって思いました。こういうお話を読むと、こころが きゅーっとなりますね。

    わたしは、「水に生きる叔父」も結構好みでした。すべての生物が以前よりもっと「よくなる」方向へ進化していくのではなく、(まるで進化の流れに反抗するかのように)反対方向にむかう生物もいるのかも、とこのお話を読んで気づきました。ダーウィンの進化論を当たり前に受け入れていた自分には、かなりショッキングな読書体験となりました。

    わたしは、普段高校で理科を教える仕事をしています。たとえば、地学の授業で宇宙について考えるとき、いつも悩んでしまいます。宇宙の大きさ、途方もない時間をどうやって伝えたらいいのだろうって。
    でもこの本のように、すばらしいイメージを持った「お話」として、宇宙について話ができたらどんなにいいだろうと思いました。

    それにしても、すごい大がかりなほら話ですよね(笑)いやいや、ほら話か本当の話かは、誰にもわからないのかなー。そして、Qfwfq老人は、何を見られちゃったのかな(^^)

    • akariさん、こんばんは。

      『レ・コスミコミケ』、おっしゃる通り、想像力が爆発しすぎの、かなりぶっ飛んだ作品ですよね。
      抽象的で変わったイメージばかりなのに、どれもちゃんとおもしろいのがすごいです。

      「恐龍族」は、このなかでは例外的にわかりやすく叙情的な話でしたね。
      他の短編が尖っていたせいか、こういうふつうっぽい話が逆に印象に残っているような気がします。

      「水に生きる叔父」、たしかに、言われてみれば!おもいっきり、進化論的な流れに逆らってますね。
      古代の生物だけど、流れに反抗する理由は、ものすごく人間的(?)なのが、可笑しかったなー。

      なるほどー。たしかに、宇宙のスケール感って絵や図で表せるものとはちょっと違いますもんね。
      そんなイメージを、「お話」を通して語ってくれる先生がいたら素敵だろうな、っておもいます。
      まあ、カルヴィーノみたいな「お話」だと、詩的喚起力が強すぎて、おかしなことになっちゃうかもしれないですが笑

      ほんと、どれもいちいち大がかりですよねー。
      それ短編にするんだ?っていうような変な話を、一筆書きみたいにあっさりとした筆致で、しかも宇宙規模のスケールで描き出しちゃうのは、まさに匠の技って感じがします。

  1. トラックバックはありません。

Calendar

2016年8月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Archive